好かれたいのに嫌われる?気をつけたい「誤った気づかい」

仕事の現場でもプライベートでも、スムーズにことを運ぶためには、心地よい人間関係を築くことが大切です。相手に好かれるための、良かれと思った気づかいも、一歩まちがえると信用をなくしてしまう結果につながりかねません。

老舗料亭で生まれ育ち、大学卒業後は三越に就職し、のちにフロリダのディズニーで働くという長年の夢を叶えた上田比呂志さん。彼が世界中の人と仕事をして気づいたことは「日本にはディズニーにも超えられなかったものがある」ということ。それは日本人特有の「気づかい」でした。

上田さんの著書『日本人にしかできない「気づかい」の習慣』に書かれていることをなぞりながら、そのポイントを探っていきましょう。

47beab03d87811bb250452b157246be691cf2a51

「取り繕う気づかい」は
相手を失望させる

相手と仲良くなるためには、好かれようとしてはいけません。なぜなら、そういった気づかいは必ず相手に見破られるからです。こんな話があります。

茶人の千利休が友人の家に立ち寄った時のこと。主人は突然の訪問に驚きつつも利休を迎え入れました。主人の家は手入れが行き届き、実に利休好み。しかし、料理の一品にかまぼこが入っていたことで、利休は気づいてしまったのです。かまぼこは高級品。つまり、主人は周到な準備をしていたのです。それなのに、まるで利休が来ることを知らなかったようにふるまう主人。利休は失望し、その場を去ったと言われています。

取り繕う気づかいというのは、嘘をついているようなもの。外見が良ければ良いほど、そのメッキがはがれた時の失望感は大きいのです。

「本当の気づかい」は
大切な人をもてなす心

B2a27ed0c7881983595efcf0b299306dc46f69bb

気づかいというのは、臨機応変なものです。自分の経験と結びつけたり、想像してあげることでアクションの幅は広がります。

例えば、私が三越の多摩センターという店舗に勤めていた時のこと。開店時間前に来店するお客様を外でお待たせするのは申し訳ないと思い、外気を遮断する扉と店内の間のスペースに椅子を用意し、ストーブを焚いてみたのです。些細なことでしたが、お客様は喜んでくださいました。

もちろん、気づかいをすることですべての人が喜ぶとは限りません。しかし、私はそれでもいいと思うのです。

媚びないことが
「気づかい」のスキルを高める

岡本太郎さんの『自分の中に毒を持て』にこんな言葉があります。

「友達に好かれようなどと思わず、友達から孤立してもいいと腹をきめて、自分をつらぬいていけば、ほんとうの意味でみんなに喜ばれる人間になれる」

今以上の自分を無理して見せようと取り繕ったり、気疲れする必要はありません。好かれようとしなくても、自分の気づかいを喜び、募ってくれる人は増えていくものです。それを知るだけでも気づかいのレベルは上がり、自然と身についていきます。

老舗料亭で生まれ育ち、大学卒業後は三越に就職し、のちにフロリダのディズニーで働くという長年の夢を叶えた上田比呂志さん。ディズニーで働く彼の視点から学べるこ...
どんな人でも、多かれ少なかれ、理想の未来を描きながら生きているかと思います。こちらでご紹介する上田比呂志さんは、老舗料亭で生まれ育ち、紆余曲折を経て、幼い...
チームがひとつの目標へ向かい、スタッフそれぞれが、やるべきことを懸命に取り組むことは、ほんとうに大切なことです。ディズニーが夢の国であり続けられるのは、そ...
また会いたくなる人と、そうでない人。その違いは何でしょうか。もし、相手に「また会いたい」と思わせることができたのなら、仕事やプライベートなど、さまざまなシ...
まもなく新年度。就職や転職、部署異動といったキャリアの転機を迎える人も多いと思います。厚生労働省が2013年に行った「労働安全衛生に関する調査」では、...
ディズニーの人材トレーナーとして、10万人のキャストを育てたという櫻井恵里子さん著『3日で変わるディズニー流の育て方』では、どんな現場であってもコツさえ掴...
「一流」と呼ばれる人たちは、私たちとは根本的な何かが違うのでしょうか。実は、当たり前のことを続けているだけなのです。ここでは、誰でもできる、チャンスを引き...
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
外国人から見ると、日本の文化や習慣はとてもユニークに映るようです。それは、今に始まったことではありません。「なに?その都市伝説」と思わず突っ込みたくなるよ...
これまで10万人のキャストを育てたという櫻井恵里子さん著『3日で変わるディズニー流の育て方』では、同園の人材育成術について触れており、これらを参考にすれば...
書籍『3日で変わるディズニー流の育て方』では、ディズニーのキャストを10万人育てたという著者の櫻井恵里子さんが、人もチームも自立できる「チームビルディング...
ディズニーのキャラクターっていえば、誰が頭に浮かんでくるでしょうか?アラジン、ピノキオ、それともニモ…。じつにたくさんのキャラが存在するわけですが、そこに...
猫に好かれる人でいたいのに嫌われる人というのは、意外と多いものです。猫に嫌われる人の性格や言動にはある特徴も見受けられます。しかしそれにこだわらないことも...
お金があれば幸せになれる。そう信じてはいませんか?実は、「お金」と「幸せ」は関係ありません。自著『なぜ日本人は、こんなに働いているのにお金持ちになれないの...
相手の行動を先回りして準備するのはおもてなしの基本。しかし、実は先回りのし過ぎも相手に負担をかけてしまうことがあるのです。ここでは、拙著『「また会いたい!...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
ディズニーのキャラクターたちが現実に実在していたら…。そんな切り口から劇画タッチでイラストに起こしたのが、オーストラリア、メルボルン在住のアーティスト J...
職場でもプライベートでも、人間関係は難しいもの。最近はSNSの登場でさらにその関係は特殊になってきました。そんな中、人と人との関わりあいを円滑にするのが「...
世の中にはなぜかお金に好かれる人とお金に嫌われる人がいます。一見すると同じような人なのに、いつの間にか所得に差が出ているということもあります。一体どこがど...
いつもと少し違う姿の『リトル・マーメイド』のアリエルや『アラジン』のジャスミンたち。InstagramでTrans Disneyと名乗る人物が描くのは、自...