また会いたくなる人と、そうではない人の違いとは?

また会いたくなる人と、そうでない人。その違いは何でしょうか。もし、相手に「また会いたい」と思わせることができたのなら、仕事やプライベートなど、さまざまなシーンで人との距離をぐっと縮めることができるはずです。

老舗料亭で生まれ育ち、大学卒業後は三越に就職、のちにフロリダのディズニーで働くという長年の夢を叶えた上田比呂志さん。彼は、世界中の人とふれあうことで、相手に与える第一印象がなによりも重要だということに気がつきました。

もう一度会いたい人、になるためにはどうしたら良いのでしょう。彼の著書『日本人にしかできない「気づかい」の習慣』の言葉をなぞりながら、第一印象で相手を惹きつける仕掛けを学びましょう。

なぜ、ミッキーマウスは
生まれたのか?

ウォルト・ディズニーがディズニーランドをつくった理由。それは、彼の生い立ちに関係しています。もともと裕福な家で育ったウォルトですが、親が親戚の借金の連帯保証人になったことから、一気に貧乏暮らしに。その当時、住んでいた家の屋根裏部屋にいた一匹のねずみをペットにして癒されていたのです。

世界大戦後の不安定な世の中で「人を元気づけるものを作りたい」と思い出したのが、屋根裏部屋のねずみ。つまり、記憶に残るほどのいい印象は、どれだけ時が経っても忘れないものなのです。

第一印象は見た目ではなく
なにを話すか

Medium b550eeb1d44aebc67526605768fa53524888d8a4

「衣類は身の表(あらわれ)なり。人にまじわるに、先(ま)ずかたちを見る。次に言(ことば)をきき、次に行いを見る。」


貝原益軒による『五常訓』の言葉にもあるように、多くの場合、人間の抱く印象は、聞いたことよりも見たことから。つまり、「いい印象を残す」言葉遣いが大切です。そのためには会話の途中で「あなたに興味がありますよ」というサインを送りましょう。

私自身がよくやるのは、会話で盛り上がったことや、「興味がある」と言われたことを次にお会いする時まで覚えておき、話題にするというもの。それだけで話のネタになり、相手も喜んでくれます。覚えておいてもらったことが嬉しい。自分の好きなものを褒めてもらえると嬉しい。コミュニケーションのコツとは、そういう些細なことなのです。

「また会いたい人」の
ポイントは別れ際

私は以前、ほとんど初対面のグループで沖縄旅行へ出かけたことがありましたが、旅行後もみなさんとのお付き合いは続いています。それはきっと、帰り際のひと手間のおかげ。私はみなさんよりも一足先に帰らなければならなかったので、その人との会話など印象に残ったことをミッキーのメモに書き留め、フロントの人に預けたのです。するとそれが、二度目に会ったときの話すきっかけに。

こんなふうに種をまいておくことで、「次に会うのが楽しみ」と思える人になれます。わざわざなにか行動をしてあげなくても、別れ際に「お薦めいただいた何々、次に会った時に感想をお伝えしますね」と言うだけでもいいでしょう。それだけで相手は「また会いたい」と思ってくれるのです。

仕事の現場でもプライベートでも、スムーズにことを運ぶためには、心地よい人間関係を築くことが大切です。相手に好かれるための、良かれと思った気づかいも、一歩ま...
チームがひとつの目標へ向かい、スタッフそれぞれが、やるべきことを懸命に取り組むことは、ほんとうに大切なことです。ディズニーが夢の国であり続けられるのは、そ...
どんな人でも、多かれ少なかれ、理想の未来を描きながら生きているかと思います。こちらでご紹介する上田比呂志さんは、老舗料亭で生まれ育ち、紆余曲折を経て、幼い...
相手の行動を先回りして準備するのはおもてなしの基本。しかし、実は先回りのし過ぎも相手に負担をかけてしまうことがあるのです。ここでは、拙著『「また会いたい!...
「一流」と呼ばれる人たちは、私たちとは根本的な何かが違うのでしょうか。実は、当たり前のことを続けているだけなのです。ここでは、誰でもできる、チャンスを引き...
文化や慣習が違えば、仕事の進め方だって異なる。海外で働くには、その国の国民性を理解することが大切と言われます。フランクフルト在住のHisai Toruさん...
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
外国人から見ると、日本の文化や習慣はとてもユニークに映るようです。それは、今に始まったことではありません。「なに?その都市伝説」と思わず突っ込みたくなるよ...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
お金があれば幸せになれる。そう信じてはいませんか?実は、「お金」と「幸せ」は関係ありません。自著『なぜ日本人は、こんなに働いているのにお金持ちになれないの...
ディズニーのキャラクターたちが現実に実在していたら…。そんな切り口から劇画タッチでイラストに起こしたのが、オーストラリア、メルボルン在住のアーティスト J...
「われわれ日本人は、世界中でこんなにネタにされている!」。そんな切り口で約10年前に発行され、またたく間にベストセラーになった本を覚えているでしょうか?早...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
職場でもプライベートでも、人間関係は難しいもの。最近はSNSの登場でさらにその関係は特殊になってきました。そんな中、人と人との関わりあいを円滑にするのが「...
CAの仕事ではたくさんのお客様にお会いします。接客に正解はありませんが、相手の方の気持ちを考え、人や場に合った気くばりをすることはとても大切。それはサービ...
「Japan Info」に紹介されたこの記事の妙味は、典型的な「日本人労働者を11の種族にカテゴライズ」している点。社会人が、これほど個性的な人種に分類で...
「海苔は消化に悪い」。こう藪から棒に言われても、にわかに信用なんてできない。しかし、これは多くの外国人にとっては定説らしい。それを裏付けるように、海苔を消...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
1937年の『白雪姫』を皮切りに、これまで50以上の作品を世に送り出してきたディズニー。その多くには、ストーリーに彩りを加える「プリンセス」の存在が欠かせ...
日本には、多くの外国人が観光や仕事で訪れています。2020年には東京オリンピックも開催されるので、さらにその数は増えていくことでしょう。そして彼らはきっと...