「わが家にいるようだ」老人ホームに革新をもたらした、ほんの少しのアイデア

シンプルで機能的で、管理的な反面、どこか殺風景に映るケアホームが、ほんのちょっとのアイデアで表情豊かに生まれ変わる。オランダから始まり、欧州で注目されつつあるプロジェクトを紹介します。デザインの力が認知症を患う人々の心を動かす、とってもステキな事例です。

入居部屋を“懐かしのわが家”に
ドアをドアで装飾する。

Medium b07b20f726cf8bbfb394ce0f8ce7f6c555e33d2f

アムステルダムを拠点に活動を続ける団体「true doors」は、認知症ケアホームの内装を手掛けてきました。彼らがとくにこだわるのは、入居者たちの部屋のドア。 

そもそもすべて一律の見た目は、もしかしたら施設側(ケアをする側)の都合なのかもしれない。けれど、認知症を患っている入居者たちは、実際どの部屋も同じに見えて、自分の部屋が分からなくなってしまう。そんなトラブルが日常的に起こっているんだそう。

そこで、true doorsが考えたのが、無機質で単色のドアを、それぞれの住人の個性を表すものに変えること。施設のドアを本物のドアに取り替えてしまおうというもの。

でも、扉ごと新調するのは大掛かり。そこで、さまざまなデザインが施され、同サイズに合わせたドアのステッカーを上から張り合わせる、という手法にしたそうです。つまりは、デコレーションする訳です。

 

Medium 1282d4c52876c52e78c955cd6bc7df4f0d899045Medium b28bf28bd23c4b59173da38128c3f73b516750a5Medium e458f3c45c2b5e021de25432bab061149f368b08Medium 1c608b87f95cd14856ab5faafdd9bed966bd20a7Medium 3398aa0124d92eef0a63b510747971d34ff5ccc6

パリ、アルデシュ(南仏の県)、アムステルダム、ストックホルム、タリン(エストニアの首都)。各国の個性豊かなドアの表情を引き伸ばし、貼り付ける。たったこれだけのアイデアですが、利用者たちは自分の部屋に迷わずたどり着けるようになり、施設での生活にも彩りが増したと大喜び。

なぜって?彼らが選んだステッカーは、実際に施設に入所する前、彼らが住んでいた家のものだから。

Medium bee36e35ff694f02c99b1a55a631a9f26459783b

昔の思い出が昨日のことのように蘇ってくるの。まるで自分の家にいるみたい。温かくて居心地のいい、懐かしのわが家よ。── Ms.Roodenburg

Medium 4f917aec6837d3f29f4282690ce7143084e9295c

懐かしいなあ。キュラソー島にあるウチのドアは本当に美しくてね。娘が貼ってくれたんだけど、これで私がホームシックになるんじゃないかって心配しているよ。── Mr.Rojas

このアートプロジェクトの成功により、true doorsの活動はオランダで広く知れ渡るように。その功績が讃えられ、2014年には「MSD Care Award」を受賞。小さなプロジェクトは、いま社会貢献活動としてヨーロッパ各国からも注目されるまでになりました。

記憶の扉も開ける
想いでのドアたち

Medium 2be91ecca5aed21ce7d9e71969aa92929e2eac3a

ところで、このアートプロジェクトがなぜ「true door」と名付けられたと思います?

認知症を患ったおじいちゃん、おばあちゃんたちのドアが以前、自分たちの住んでいた家とそっくりのものに変わる。すると、彼らは昔の想いで話を楽しそうに語り始めるんだそう。

心に大切に留めておいた記憶のドアを開ける手伝いも、もしかしたら、この生まれ変わったドアが担っているのかもしれない。そんな意味合いから、こう呼ばれるようになった。とってもステキな話ですよね。

Licensed material used with permission by Lifelong Inspiration Initiative
どこか画一的なイメージを持っていた老人ホーム。でも、海外に目を向けると、こうした発想があることに驚かずにはいられません。舞台は、オハイオ州の老人ホーム「T...
おばあちゃんと孫ほど年齢差のあるこのふたり、ちょっとびっくりするような共通点があります。じつは、同じ老人ホームに「住んで」いるんです。 「老人ホーム」と聞...
手の平に収まる程度のキューブ、小さなカメラに、薄いひし形のデバイス・・・実はこれ、世界最小クラスのIoTホームセキュリティシステム『Cube(キューブ)』...
厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測がある。こ...
73歳の老人の入院患者がいた。彼は、食べることも喋る事も出来ず、ほぼ寝たきりの状態。生きる希望も無く、「その時」が来るのを待つばかりだった。そんな彼がある...
アムステルダムといえば、ヨーロッパ有数のトラム網が整備された街。最近、そんな市民の足にある変化が起きているのだそう。実は車内に、「ワニのステッカー」が登場...
この動画の主人公95歳の元ピアニストは、認知症を患い介護施設での生活を続けています。「もう一度ピアノを弾かせたい」介護スタッフの働きかけに、イギリス全土か...
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
このおじさんの声と表情に注目して欲しいのです。これまでどんな人生を送ってきたのかわからないけれど、なにかが伝わってきて胸を打つ。トリハダものの美声の持ち主...
2014年世界保健機関(WHO)が発表した男女別の平均寿命ランキングで、スイスは男性2位、女性3位の結果。欧州でも、少子高齢化が進む国のひとつです。高齢者...
まずは、この一枚の写真を見てください。一見すると、ドッジボールやバレーボールに使えそうな青い球体。でも、決して「球技用」に作られたものではありません。実は...
これまでの歴史の中で確証のある最高齢の人物として知られているのは、122年と164日間を生きたフランス人女性、ジャンヌ=ルイーズ・カルマンさんだ。しかし、...
会議が煮詰まってきたとき……「何かいいアイデアはないか?」と聞かれても、なかなか難しいものですよね。部屋全体に「うーん」という重い空気が充満していくシチュ...
「人間は誰にでも温かく、安全な場所で体を休める権利があるはずです。それが、たとえホームレスであったとしても。まるで厄介者のように扱うのではなく、彼らを思い...
バレンタインデー、愛の伝え方はチョコレートのプレゼントだけとは限りません。たとえば、世界にはこんな面白いアイデアで愛するキモチを伝えるカップルがいるみたい...
ドアマンという職業を知っているだろうか。ホテルやレジデンスのドアをひたすら開け閉めする、あのお仕事。表舞台に出ることのない仕事人からこそ、彼らから学べる姿...
余った食べ物を寄付する「フードリカバリー」アメリカの大学に通う現在4年生の青年のアイデアが、お腹をすかした人々を助ける画期的なアイデアを実行した。海外でも...
ミシシッピ州ビロクシにある中学校「Biloxi Junior High School」にある、使われなくなったロッカーが3Dアートへと大変身!そのアイデア...
トイレを流すとき、一体何リットルの水を使ってると思う?一度トイレを利用しただけで、どれくらいの水が使われているか知っているだろうか。その量なんと、約6リッ...
スウェーデン・ストックホルム。オーデンプランの駅の階段は「驚くべきモノ」でできている! 近年、肥満者が増加するスウェーデン。肥満対策として国が「低炭水化物...