「壁に寄生する小さな家」英26歳建築家の革新的なアイデアで救われる人々とは・・・?

「人間は誰にでも温かく、安全な場所で体を休める権利があるはずです。それが、たとえホームレスであったとしても。まるで厄介者のように扱うのではなく、彼らを思いやり、いたわる気持ちで彼らのことを考える。自分にとっての責務だという思いがありました」

これは、イギリス人建築家のJames Furzer氏が、メディア「Upworthy」の記事の中で語った言葉。2015年7月、「FAKRO国際デザインコンペティション」で最優秀賞を獲得した彼のコンセプトは、他でもないホームレスのためにあった。 スクリーンショット 2015-08-08 16.53.05 イギリスの犯罪学調査レポートによると、現在、ロンドンだけでもおよそ6,500人以上のホームレスが毎夜、路上で一夜を明かしているという。彼らが暴力犯罪の被害者となる確率は、一般の人のおよそ13倍、盗難に遭う確率では約47倍だとか。 こうした、犯罪を未然に防ぎ、天候の影響もなく安心して眠ることができる家をつくりたい。Furzer氏の発想から生まれたのが、この「Parasitic Pod」だ。意訳すれば“寄生する格納庫”とでもいったところか。 スクリーンショット 2015-08-08 16.54.06 写真でもお分かりのように、一見、建物から突き出した出窓は、サンルームのようにも思える。ところが、この「Parasitic Pod」は、他人の壁を間借りして簡易キットを設置する1人用の住まい。しかも、どんな建物の側面にも設置が可能だそう。そこが、この住居のパラサイトたるゆえんでもある。
宙に浮いた格好の住居への入出方法は、床面に設置されたはしごを使って。採光もしっかりと確保され、広々とした内部は、大人ひとりが生活するのには十分なスペースだ。 スクリーンショット 2015-08-08 16.53.18 スクリーンショット 2015-08-08 16.53.31 Furzer氏の「Parasitic Pod」は、ホームレスの安全を確保するシェルターとしてすでに、多くの慈善団体が地域への寄付を申し出ているそう。 ロンドンの街並に、ビルの壁から突起する寄生小屋が共生する日も、そう遠くないのかもしれない。 スクリーンショット 2015-08-08 16.52.52 ちなみにFurzer氏は、ロンドン王立公園のひとつ「グリーン・パーク」の水飲み場のデザインなども手掛けるなど、彼の作品はロンドン各所で目にすることができる。ロンドンを訪れる際は、氏のホームページをチェックしてみてはいかがだろう。

Reference:Upworthy
Licensed material used with permission by James Furzer

過去の成功体験に溺れたくない。手持ちのカードは捨て続けて、新しいカードを増やしたい。僕が建築家として仕事をする上で、大事にしているのが“新鮮な気持ちで考え...
ホームレスの人たちへの支援と聞いたら、物資や食料の配給などを思い浮かべる。つまり、一時的には役立つのだけれど、すぐに消えてなくなってしまうものだ。だからこ...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
サンパウロ郊外Vila Matildeという街に建てられた、ある小さなおうちが、栄誉ある国際的な建築賞を受賞しました。それも2つ。幅わずかに4.8メートル...
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...
米オークランドに住むアーティスト、Gregory Kloehn氏。彼はゴミをリサイクルして、ホームレスの人たち用の家に改造しています。廃材をリサイクルして...
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
「家を建てる」というのは、多くの人にとって一生に1度の大切なイベント。家族全員が納得できる家を建てるためには、どのようなことに気を付ければいいのでしょう。...
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
近年アメリカでは、「小さな家で無駄なく豊かに暮らす」新たなライフスタイルが流行。トレーラーハウスやタイニーハウスで、自分らしく生活する文化に注目が集まって...
レバノンに大きな住宅革命が起ころうとしている。「Lifehaus」と名づけられた家は、100%の自給自足を目指しているのだ。電気、水、食料…といったライフ...
このたび登録されたロンドン・デンマークストリートにある2件の建物は、もともと歴史的建造物として公式登録されていた場所。しかし、2016年3月22日にそのラ...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
まるで、ホログラムで虚空に映し出されたかのような幻想的な建物。そこに実体がないように錯覚してしまいますが、これはすべて、ワイヤーで組み立てられているのだそ...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
気象の変動が激しいサハラ砂漠では、意外にも豪雨が続くことも多いそうです。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の報告では、この水害により難民キャンプ用に設...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...