「ホームレスの社会復帰」を徹底的にサポートする家

ホームレスの人たちへの支援と聞いたら、物資や食料の配給などを思い浮かべる。つまり、一時的には役立つのだけれど、すぐに消えてなくなってしまうものだ。

だからこそ私は、アメリカの非営利団体「Cass Community Social Services」がおこなう活動に心を惹かれた。彼らは、持続性のある支援をさまざまな形で行っている。

家を建てて終わり、
ではない。

1909112cd912c9090cd0d6ae94f9df9dfef912f7

ミシガン州デトロイトに建てられたカラフルな家。これこそが、ホームレスの人たちへ提供されるものだ。知らずに見ると、まさか「支援物資」だとは思わないだろう。

もちろん入居するには条件がある、が、まずは家の様子を簡単に。

C3789e811e6daa5a5596a0a4cb6f8884117ac4b68099d2f98aed0de5af97c02012d3a006378c78dd

中が白で統一されたブルーの家。

6135a0003bd73d4a6b5f010476766841bf66184d552a477e4bb8383a1b562bb8c121c9ffd3a1492f

黄色い家は、建物の中もイエローベースだ。

E46d3615104765c864ef58547b8ca21cd3411e9c8f5774d70136dfd98f559e24fbd9c73d41e369be

良い意味で期待を裏切ってくれる、清潔感がある内観。

Ad1ec1c3cf0aeb753ea533fbf9449c6003e28037914709fb4b76896879a2d06b4a5a7852eddb0cbb

おとぎ話に出てきそうなこの家は、天井が高くて落ち着いて過ごせそう。

さて、気になる仕組みは?

A53f86192e66c7e066a4956962072843ccca2672

肝心の条件、ないしは支援の仕組みの説明を。

そもそもこの家に住めるのは、ホームレスはホームレスでも、無一文ではいけない。反対にお金がありすぎてもダメ。その基準は住宅都市開発省(HUD)によって決められているとのことだが、こうすることで単純に何かを与えるだけでなく、社会復帰を目指す人を救ったり、自力で頑張る力を底上げできるのだという。

さらに、家賃。入居者は収入の30%以上を払うことがないように設定されている。つまり、貯金を促してくれるということ。仮に失業などの予期せぬ事態が起きた際には、非営利団体のメンバーが一緒に職探しをしてくれるといったサポートも。加えて、彼らは近くに住み、何かあればすぐに助けられる体制にもなっているらしい。

これほどデザインを重視しているのは、「自分たちの家を誇りに思ってほしいから」だそう。せっかく住むなら…というような単純な理由ではなく、実は7年間家賃を払い続けることができれば、家の所有者になれるというのだ。

この家には、支援する側もされる側も、一時の満足だけで終わらないような工夫がなされている。相手を心から思うからこその仕組みに、なるほどと何度も頷いてしまった。

Licensed material used with permission by Cass Community Social Services
かつて、自動車産業の中心地として栄えたミシガン州デトロイトは、2013年7月、負債総額180億ドル(当時のレートで約1兆8,000億円)を超え、財政破綻し...
米オークランドに住むアーティスト、Gregory Kloehn氏。彼はゴミをリサイクルして、ホームレスの人たち用の家に改造しています。廃材をリサイクルして...
もしも、今と違う人生を歩めるとしたら。人生のターニングポイントは誰にでも訪れるもの。それが正しい選択だったかどうかなんて、後になっても分からないことばかり...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
「人間は誰にでも温かく、安全な場所で体を休める権利があるはずです。それが、たとえホームレスであったとしても。まるで厄介者のように扱うのではなく、彼らを思い...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jpギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもあ...
もしいつも一緒に仕事をしている人が、ホームレスだったら?ここで紹介する男性は、一見普通のカメラマンに見えますが実は家を持たないホームレス。彼の名前はMar...
ハワイの建築会社Group 70 Internationalが、面白い取り組みを始めています。彼らは、使わなくなった古いバスを改装してホームレス用のシェル...
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
ちょっぴり過激な実験動画で知られるJohalさん。彼が今回行った実験のテーマは「お金持ちとホームレスのどっちが正直なのか?」。視覚障がい者のふりをしたJo...
近年アメリカでは、「小さな家で無駄なく豊かに暮らす」新たなライフスタイルが流行。トレーラーハウスやタイニーハウスで、自分らしく生活する文化に注目が集まって...
「元ホームレスの大学生が名門ケンブリッジ大学に合格」。センセーショナルな記事が「Pulptastic」に登場しました。一日12時間の猛勉強をしてチャンスを...
「つらくてつらくて、立ち直れないと思う時だってある。でもそれは、未来が良くなっていくことのサインだと信じているんだ」自身のブログでそう力強く述べるのは、ニ...
米メリーランド州ボルチモアのとあるレストランが、この夏5日間限定で特別客を招待すると、地元情報誌「Baltimore magazine」が伝えている。ライ...
ドイツ・シュトゥットガルト郊外の大学に通うLeonie Müllerさん。じつは彼女、訳あってホームレスを続けている。「ある日、大家さんとケンカになっちゃ...
地中海の別荘、インターナショナル・スタイルの住宅から、板張りのファームハウスまで。国が変われど「真っ白な家」の魅力と人気は不動のものです。今回は、住まいに...
ホームレスに食を恵んで欲しいと頼まれた女子大生。結局一緒に食事をすることになったが、話を聞いてみると男性は昔ビジネスまでしていて今は自己破産したとのこと。...
フロリダ州のサラソータ市では、政策の一環として、路上に公共のピアノが設置されている。これだけでも素敵な話だが、ここで取り上げたいのは、そのピアノで美しい演...