世界で一番小さな図書館が流行中!あなたもすぐに参加できる!?

アメリカのウィスコンシン州、ハドソン在住のトッド・ボルさんが考えた、ある素敵なアイデアが話題を呼んでいます。
2009年に彼は、近隣住民と子どもたちのため、とある小さな家を作りました。

まるでおとぎ話に出てくるようなその小さな家の中には、本がぎっしり詰まっています。実はこれ、読まなくなった本をまわりの人とシェアするための図書館だとか。

Upworthy」によれば、この小さなお家は「Little Free Libraries(小さな無料図書館)」と呼ばれています。通行人は自分がいらなくなった本をこの家の中に入れたり、欲しい本を自由に持っていくことができるのだとか。
しかもこのように小さいボックスを作れば、自分の庭先で誰でも簡単に始めることができるのです。
この活動は現在、非営利団体の「Little Free Libraries」が行っています。アメリカ国内に留まらず、すでに多くの新聞やオンラインメディアでに取り上げられているとか。

キッカケは、
お母さんへの思いから

このアイデアを考案したトッド・ボルさんは、読書好きで元教師の母親のためにこのアイデアを思いついたと明かしています。学校のように見立てた小さなボックスの中に本を詰め、それを庭の前に設置したことが始まりだったそう。

近隣住民や友だちがこのアイデアを気に入ったことをきっかけに、ボルさんは至る所に小さな無料図書館を作り、今に至るとか。Upworthy」によれば、小さな無料図書館はアメリカとカナダの全州に広がり、その他メキシコやオーストラリアなど、世界80ヶ国に設置されています。2015年1月までの間に、全世界にこの小さな無料図書館は25,000個以上もできていると本サイトで明かしています。ここで紹介した小さな無料図書館は、どれも個性があって素敵なものばかり。
始めたいと思う人は自分で作ることもできるし、「Little Free Libraries」に依頼してすでに作られたボックスを購入することも可能。ちょっと本を読みたい時、わざわざ図書館にいかなくても、家の近くにある無料図書館で、本を借りることができます。
本を無駄にしないばかりか、近隣住民とのコミュニケーションも円滑になる素晴らしいアイデアではないでしょうか。

Licensed material used with permission by : LITTLE FREE LIBRARY
Reference:Upworthy

アメリカの一部地域を中心に、家の前に「小さな図書館」を置くことが世界的なブームになりつつあるんですって。具体的には、素敵な飾り付けのある小さな家のような本...
街中の電話ボックスや、木の枝にかかる小さな小屋、子ども部屋のような小さな木のおうち。こういったミニサイズの貸出図書館を、世界のあらゆる場所で見かけるように...
突然ですが、少しだけ小学校時代を思い出してみてください。時期は夏休み終盤。ニ学期の開始まで、残り一週間を切っています。ほとんどの人は依然として宿題が残って...
電子書籍を利用している市民にとっては、嬉しいニュース。会員カードさえ持っていれば、誰でも書籍データをダウンロードして自由に読めるようになったそうです。もち...
たくさんの本に囲まれて暮らしたい。そう願う人はとても多いことでしょう。一冊、一冊、大切に集めてきた、本のコレクション。どのように収納すれば、読書空間は、よ...
世界には、美しい図書館が点在しています。ここに登場するのもそのひとつ。こんなステキな図書館で時間を過ごせたら、本でなく、思わず天井ばかり見上げてしまいそう...
オアフ島・ノースショアに暮らすAndrea(earthyandy)さん。2人の男の子につくるヘルシーな「おやつ」やふんだんの野菜を使った料理がInstag...
ゆったりと自分の人生を楽しみ、生活の質を重視する「スローライフ」という考え方。慌ただしく時間に追われる日々から卒業して、丁寧な暮らしをしようと思ってみても...
家のなかの「モノ」ってちょっと厄介。だって放っておくと、いつの間にか増えてしまいますから。ここではヨガインストラクター兼人気ブロガーである、みうさんの著書...
佐賀県武雄市や神奈川県海老名市などで展開されている「TSUTAYA図書館」の影響もあり、改めて図書館と向き合う機会が増えてきました。そんな中で目にしたこの...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
卒業しても何年も経っているのに、学校の夢をみることがあるーーこれは多くの大人が経験したことがあるのでは? ここでは、そんな「学校の夢」に秘められた無意識か...
TABI LABOでは、月に一回「ReTHINK=考え直す、再考する」をテーマにしたイベントを開催しています。今回ReTHINKするのは「HOUSE=家」...
ミシシッピ州ビロクシにある中学校「Biloxi Junior High School」にある、使われなくなったロッカーが3Dアートへと大変身!そのアイデア...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
海外で暮らしたら、さぞかし楽しいだろう。漠然とそう思ったことがある人も多いでしょう。でも現実は、そんな単純なものじゃなさそう。独・ベルリン在住の女性ジャー...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
公共福祉のための寄付や、チャリティーの精神が浸透しているアメリカで、新たにこんなすてきなコミュニティサービスがスタートしました。もちろん、すべてが市民レベ...
どれだけ多くの本を読んで得た知識よりも、たった一人から体験談を聞くことの方が新鮮で刺激的で、インプットが大きかった。そんな経験をしたことはありませんか?こ...
「ヒッピー」と聞いて、一般的に思い浮かぶイメージはきっとこう。ファッションや音楽の趣味が個性的で、自然が大好き。穏やかな印象で、ラブ&ピース!「H...