自宅をわたしだけの図書館に!世界の魅力的な読書空間を集めました。

たくさんの本に囲まれて暮らしたい。そう願う人はとても多いことでしょう。一冊、一冊、大切に集めてきた、本のコレクション。どのように収納すれば、読書空間は、より良いものに仕上がるのでしょうか。

自宅で、大好きな本に囲まれて暮らす人たちのプライベート空間は、こだわりに満ちた、とても面白いものでした。たとえば、日光浴や星空を楽しみながら読書を楽しめるスペースを作ったり、シンプルに読書を楽しむためだけに、本とテーブル、シングルベットのみの空間を作ったり、はたまた、家の真ん中にライブラリーを設けて、子どもたちに本への親しみを持たせたり。

アレックス・ジョンソンさんの著書『世界の不思議な図書館』から、いくつかのホームライブラリーをご紹介します。

01.
自然を感じて読書を楽しむ

Medium 5bec1a5c386d61bb46ef014de3e7a9f20d467c20

上海創盟国際建築設計有限公司の本社裏庭にある私邸「ティー・ハウス」。2階にある図書室は、1本の木を取り囲むように三角形のバルコニーが。斜めになった窓は木の枝の張り出し具合と美しく調和している。

02.
空間を埋め尽くす本

Medium 53dccbafdf1e5b53eb8a84e185d934f814d856eb

遊び心のある独創的な空間の使い方をしているのは家具デザイナー、サリー・トラウトが設計したテキサスにある個人宅のライブラリー。空間を囲む本棚の上段はボースンチェア(船のマストに上るときなどに使う)を使わないと届かない。

03.
頭上に本の聖堂

Medium 05f94fd530a186029ca6f61ae228355b8a5a85df

ワシントンDC在住の作家ウェイド・デイヴィスのために設計されたホームライブラリー。「彼にとって最も意味のある本を常に頭の上に置いておこう、とまず考えた。他の誰のものでもない。本が頭の上にも頭の中にも浮かんでいる、そんな状態を作りたかった」と設計者のトラヴィス・プライスは語る。上部のドームは、妊娠した女性の子宮の形をしたトロス。デルフォイの神殿の円形建物に似ている。

04.
星空の下で読書を

Medium 9ca40867c235d570073e1f23f968bb9cc51445fb

チェコ共和国のザドニー・トジェバニにある2階建てのガーデンライブラリー。建築会社Mjölk architektiが設計したこの建物には数種類の木材や合板が使われ、外側はグラスファイバー、本棚が建物の基本的な枠組みを兼ねている。いちばんの特徴は屋根。日光浴がしたいときや星を見たいときに開けることができる。中央ボヘミア地方の豊かな自然がどの窓からも楽しめるだけでなく、風通しもいいリラックス空間。1階にはこぢんまりとした薪ストーブがあり、寒い日には心地よいぬくもりが楽しめる。

街中の電話ボックスや、木の枝にかかる小さな小屋、子ども部屋のような小さな木のおうち。こういったミニサイズの貸出図書館を、世界のあらゆる場所で見かけるように...
世界には、美しい図書館が点在しています。ここに登場するのもそのひとつ。こんなステキな図書館で時間を過ごせたら、本でなく、思わず天井ばかり見上げてしまいそう...
佐賀県武雄市や神奈川県海老名市などで展開されている「TSUTAYA図書館」の影響もあり、改めて図書館と向き合う機会が増えてきました。そんな中で目にしたこの...
アメリカの一部地域を中心に、家の前に「小さな図書館」を置くことが世界的なブームになりつつあるんですって。具体的には、素敵な飾り付けのある小さな家のような本...
アメリカのウィスコンシン州、ハドソン在住のトッド・ボルさんが考えた、ある素敵なアイデアが話題を呼んでいます。2009年に彼は、近隣住民と子どもたちのため、...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう? 私たち...
どれだけ多くの本を読んで得た知識よりも、たった一人から体験談を聞くことの方が新鮮で刺激的で、インプットが大きかった。そんな経験をしたことはありませんか?こ...
突然ですが、少しだけ小学校時代を思い出してみてください。時期は夏休み終盤。ニ学期の開始まで、残り一週間を切っています。ほとんどの人は依然として宿題が残って...
電子書籍を利用している市民にとっては、嬉しいニュース。会員カードさえ持っていれば、誰でも書籍データをダウンロードして自由に読めるようになったそうです。もち...
夏もすっかり過ぎて、外の空気がクールダウンしてきたら、今度はちょっと知的な読書の秋を楽しみましょう。丸一日、読書に没頭するもよし。または、逸品カクテルで喉...
晴耕雨読、昔の人はうまいことを言ったものですが、都会のわずらわしさから離れ、週末を郊外で過ごすようなライフスタイルは、今も昔もそれほど変わらないのかも。だ...
いまや世界各地で注目されるクラフトのひとつとなった「Origami」。ユニークな作風で芸術性の高い作品を折るアーティストは大勢います。そして、ここにも「折...
知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れ...
手の平に収まる程度のキューブ、小さなカメラに、薄いひし形のデバイス・・・実はこれ、世界最小クラスのIoTホームセキュリティシステム『Cube(キューブ)』...
樺沢紫苑/Zion Kabasawa精神科医、作家。札幌医科大学医学部卒。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務。米国シカゴのイリノイ...
内向的な性格と聞くと、一般的にはネガティブが意味合いで捉えられがちかもしれない。ノリが悪いとか、外出しないとか・・・。今回は外向的な人にとってはよくわから...
「元ホームレスの大学生が名門ケンブリッジ大学に合格」。センセーショナルな記事が「Pulptastic」に登場しました。一日12時間の猛勉強をしてチャンスを...
男性に理想の女性の好みを聞くと、決まって返ってくる答えが「家庭的な女性」。料理や洗濯、家事をそつなくこなす女性像を思い浮かべる人は少ないでしょうが、実際「...