こんな「寄り道図書館」が、東京にもほしい。

海外のゲストハウスやユースホステルに宿泊した時、ブックシェルフがあるとわたしは足を止め、あれこれ手に取ってしまう。どこかの国から来た、誰かの“旅のお供”という役目を終えた本たちは、リュックのなかからこの棚に移されていくのだ。

それゆえ、並んでいる本は雨に濡れてシワシワだったり、コーヒーをこぼしたシミがあって、古本屋に並んでいたとしてもクレームが来そうなレベルな時もある。それも「交換場所」にあると、“あたたかみ”に感じてしまう。

どこの国で出版されたかもわからないけれど、表紙のデザインが気に入った一冊をいただいて、代わりに『アミ小さな宇宙人』をそっと手放したりもした。日本語だし、読めるひとは限られてしまうとは思うけれど、自分の愛読書が誰かの暇つぶしになったり、新しい発見を生んだり、背中を押すような未来があればいいなと思うのだ。

だれかの愛読書で埋まる
“寄り道図書館”

8e1c444d5bb67bd972c13e2b14885f2c2668e2555b59f9cb9d59301b1d55681277cebd6702826825

次の読者へのバトンを保管してくれるブックシェルフは、「ストリートライブラリー」として、最近ブルガリア・ヴァルナにオープンした。黒海沿岸の街であることから、名物である巻貝をイメージしてこの形になったのだそう。『Rapana』という、貝の名前がつけられている。

オープンした時すでに並べられていた本は、ボランティアによって集められたもの。最大で1,500冊くらいは収納できるそうで、捨てたくはないけれど、もう読まなくなった本や、誰かに譲りたい本たちを持ち寄ることで埋まっていく仕組みだ(各地から寄付された新品のものもある)。

あくまで図書館だから盗むのはだめだけど、交換してもいいよ、という寛大さが嬉しいところ。

15bff54275e299ad8992aefe5cea3a4e319245360ed2cb836fc0b1ffeefcce03488e9f3f9fd2a9ab58b6bbdaca1491404682cbfdc1a8f0eceafb9753

とくに買いたい本があったわけではないけれど、ふらっと本屋さんに入ったらつい立ち読みを始めてしまって、意外と時間が経っていたことはないだろうか。「あっ、やってしまった」と思うけれど、読み入っていた時間にそこまで罪悪感はなくて、むしろ、ちょっと満たされていたりもする。

写真のように、ポカポカ陽気のなかでそんな寄り道をしてみたい。海外からの旅人と、忙しく働いている人たちが多い東京の街に、こんな図書館があったらなぁ。欲を言えば、代々木公園のように、広くて芝生のある場所がいい。そして自分のお気に入りの本を誰かのと交換したいし、誰かのために贈りたい。

Licensed material used with permission by Рапана
ときに図書館は意外な場所に出没する。パブのようなお酒を飲むお店や、トロリーバス、路面電車といった交通機関。さらには収容所やビーチにまで。他の目的として使う...
街中の電話ボックスや、木の枝にかかる小さな小屋、子ども部屋のような小さな木のおうち。こういったミニサイズの貸出図書館を、世界のあらゆる場所で見かけるように...
アメリカの一部地域を中心に、家の前に「小さな図書館」を置くことが世界的なブームになりつつあるんですって。具体的には、素敵な飾り付けのある小さな家のような本...
NYを走る地下鉄に出現したのは、図書館風にデコレーションされたラッピング車両。移動中も無料Wi-Fiに接続すれば、図書館の本をバーチャルで閲覧することがで...
図書館で借りた本が、うっかり返却期限を過ぎてしまった…。誰しも一度は経験したことがある過ちではないでしょうか。アメリカ・コネチカット州にあるハートフォード...
たくさんの本に囲まれて暮らしたい。そう願う人はとても多いことでしょう。一冊、一冊、大切に集めてきた、本のコレクション。どのように収納すれば、読書空間は、よ...
アメリカのウィスコンシン州、ハドソン在住のトッド・ボルさんが考えた、ある素敵なアイデアが話題を呼んでいます。2009年に彼は、近隣住民と子どもたちのため、...
佐賀県武雄市や神奈川県海老名市などで展開されている「TSUTAYA図書館」の影響もあり、改めて図書館と向き合う機会が増えてきました。そんな中で目にしたこの...
オルタナティブ・ファクト(もうひとつの真実)なんて言葉も登場する昨今。いろんなことを簡単に知ることができる一方、事実を知ることも難しくなってきているのかも...
世界には、美しい図書館が点在しています。ここに登場するのもそのひとつ。こんなステキな図書館で時間を過ごせたら、本でなく、思わず天井ばかり見上げてしまいそう...
電子書籍を利用している市民にとっては、嬉しいニュース。会員カードさえ持っていれば、誰でも書籍データをダウンロードして自由に読めるようになったそうです。もち...
突然ですが、少しだけ小学校時代を思い出してみてください。時期は夏休み終盤。ニ学期の開始まで、残り一週間を切っています。ほとんどの人は依然として宿題が残って...
近年、東京から他の地域に移住する人が増えてきたように実感します。ただ、そのスタイルは昔とはまったく異なります。昔は「都会での生活に疲れた人がするもの」とい...
東日本大震災後、いつ起こるかわからない自然災害に備え、防災グッズを用意しておくという考えが浸透しました。復旧までの期間をライフラインのない状況で避難しなけ...
見慣れた日本の風景が、他国と比較するといかに異質なものであるか。そんな事実にハッとさせられる画像を紹介。ヨーロッパと南米の4つの街を「東京化」してみると、...
昨年の9月にユニークな本が出版された。タイトルは『シブいビル』。1960年代~70年代の高度経済成長期に建てられた東京のビル群を愛でるという内容で、紹介さ...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
2016年7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計...
「Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際...
夏に獅子奮迅の活躍を見せるTシャツも、冬になると一気にその存在感を弱めクローゼットで冬眠。でも、この「TATEMU」さえあれば、オールシーズン、未使用時で...