貸し出すのは本ではなく人。いま世界に広がりつつある「ヒューマンライブラリー」を知っていますか?

どれだけ多くの本を読んで得た知識よりも、たった一人から体験談を聞くことの方が新鮮で刺激的で、インプットが大きかった。そんな経験をしたことはありませんか?ここで紹介する図書館がまさにそれ。なぜって、蔵書は本ではなく、さまざまな知識や経験をもった人間だから。

経験や個性のある
「人」を貸し出す
ヒューマンライブラリー

012813eb5e01028b4da37c254b87251ca5b7ee36

蔵書は本ではなく、あらゆる個性をもった人──。
「ヒューマンライブラリー(人間図書館)」は今から16年前の2000年春、コペンハーゲンで毎年開催されるヨーロッパ最古の野外ロックフェス「ロスキルド・フェス」のイベントの一環として、開館したのが始まりです。

野外音楽フェスに図書館とは、いささか妙な響きではありますが、ロスキルド・フェスはオーガニックフードを扱ったり、ゴミ問題に積極的だったりと環境に配慮したイベントとしても知られています。フェスの楽しさと同じように環境や社会の問題に向き合うこの場で開館することには、大きな意味があったのでしょう。

では、人が書籍となって貸し出される、ヒューマンライブラリーの仕組みについて見ていきましょう。

一人1回30分
対話から生まれる相互理解

18a547a0e9cd7dbbf8d937a1dce075464a5746bd

ここで紹介する写真は、2015年夏に開館されたヒューマンライブラリーの模様。青空の下というのがいいですね。
アーティスト、ホームレス、シングルマザー、性的マイノリティー、イスラム教徒、ニート、難民、ヌーディズムなど、あらゆる趣味嗜好、個性、背景をもった50人がそれぞれ一冊の本となりました。彼らは皆、ボランティアとして無償で自身の経験を語ります。

バラエティ豊かに取りそろった“本たち”に興味をもった利用者は、一人1回30分ずつ、ページをめくるように彼らの情報や体験、価値観を生の声として聞くことができます。ほんの僅かな時間。ですが本を読んだのと同じ、あるいはそれ以上の経験が得られた、と利用者たちからの反響は絶大。1日8時間、4日間でのべ1,000人が利用し、ヒューマンライブラリーは大きな成功と注目を集めることになったのです。

警察官VSアーティスト
学生VSヌーディズム

37764b8505aae439e7ff37294ca48e6669ed55ef

たとえば、こちらの写真。向かって左側の男性は“本役”のグラフィティアーティスト。その話を聞くのは警察官。普段、どんな感情でストリートに作品を描いているのか?そんな彼の心情をうかがい知ることができたのかもしれません。
このほか、政治家の話を聞く10代の活動家。熱狂的なサッカーファンの読者は、フェミニストの「本」を熱心に聞き入っていたんだそう。

E550118746a3e8afd17863ebc5aa345ccc96104b

こちらは、全裸で生活するヌーディズムの男性の話を真剣に聞き入る10代の女性たち。本の代わりに経験を語る、ヒューマンライブラリーもうひとつの目的が「相互理解」にあるんだそう。偏見を捨て、お互いを知りあう場所にもなる。それが、書籍ではなく人が本となることのメリットなのかもしれませんね。

「本を表紙だけで
判断してはいけない」

A089b489f728deaebee711e480815ee9c12af633

本を表紙だけで判断してはいけない──。

ヒューマンライブラリーの考案者であるデンマーク人のRonni Abergel氏は、当初よりこのメッセージを送り続けてきました。蔵書となる一人ひとりは、社会的にみればマイノリティの人たちかもしれない。ともすれば、普段から偏見の目で見られることもあるでしょう。けれど、この図書館では彼らの話を聞くうえで大切な2つのルールを設け、利用者は貸出前、誓約書にサインをするそうです。ひとつは、“本”を大切にあつかうこと。そしてもうひとつは、敬意をもって接すること。貸し出し条件は、たったこれだけ。

表向きは「借り手」の利点ばかりに思うかもしれません。けれど、実際は「語り手」にも少なからずメリットがあるのがヒューマンライブラリーのいいところ。
本である語り手は、自分に興味を持ってくれた人に対して話すことで、理解しあえるチャンスを広げることもできる。「どうせ言ってもらからない…」そうした思いから話す側も同時に解放されていくんだそう。公式ページでは、これまで本となった多くの人々がその利点を挙げています。詳しくはこちらから。

世界70カ国以上に浸透
日本では、長崎県で開館

98954a1311b1471a7fd419ef75f43b05322c47b1

いま、ヒューマンライブラリーは世界各地のボランティアや公的機関の協力を得て、フィンランド、イタリア、オランダ、ポルトガル、スロベニア、オーストラリア、タイ、ルーマニアなど、世界70カ国以上で開館しているんだそう。そして、そのムーブメントは日本にも。
長崎県社会福祉協議会の協力のもと「ヒューマンライブラリーNagasaki」が年に数回開館され、相互理解を深める場として多くの人に利用されているようです。

SNSでいつでも簡単につながり合える世の中に、人と人とが介して語り合う場が生まれている。こうしたアナログなコミュニケーションが、いまの時代とても新鮮に感じませんか?

Licensed material used with permission by The Human Library Organization
夏もすっかり過ぎて、外の空気がクールダウンしてきたら、今度はちょっと知的な読書の秋を楽しみましょう。丸一日、読書に没頭するもよし。または、逸品カクテルで喉...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
エンターテイメント大国のアメリカでは、各地で様々な野外フェスが開催されているのだ。その筆頭ともいうべきなのが「Imagine Music Festival...
たくさんの本に囲まれて暮らしたい。そう願う人はとても多いことでしょう。一冊、一冊、大切に集めてきた、本のコレクション。どのように収納すれば、読書空間は、よ...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
独メディア「ドイチェ・ヴェレ」が行ったダライ・ラマ14世への単独インタビューで、先のパリ同時多発テロを受けて、事件後初めて公の場で発言をしました。ここでは...
現在、日本には200万人以上の「若年無業者」が存在する若者が仕事を失いやすく、誰もが無業(無職)になる可能性がある。そして、若者が働けないのは、個人に問題...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
ときに図書館は意外な場所に出没する。パブのようなお酒を飲むお店や、トロリーバス、路面電車といった交通機関。さらには収容所やビーチにまで。他の目的として使う...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...
「LittleThings」にライターREBECCA ENDICOTTさんがまとめた記事には、「花」を使ったとある計算問題が。落ち着いて臨めば誰だって正解...
夏はもうすぐそこまで来ているし、野外フェスのシーズンはもう始まっている。ライターのChris Riotta氏は「ELITE DAILY」で、音楽フェスが人...
レバノンに大きな住宅革命が起ころうとしている。「Lifehaus」と名づけられた家は、100%の自給自足を目指しているのだ。電気、水、食料…といったライフ...
NYを走る地下鉄に出現したのは、図書館風にデコレーションされたラッピング車両。移動中も無料Wi-Fiに接続すれば、図書館の本をバーチャルで閲覧することがで...
長崎の市街地や美しい離島の風景からスタートする、とある映像。「ああ、長崎県のPR動画かな?」なんて思っていたら、どうやらそういうわけでもなさそう…、という...