アウトドア愛好家のアイデアから生まれた「たき火専用」ストーブ

ハイカーやキャンパーたちのあいだで、かねてから支持者が多い「Solo Stove(ソロストーブ)」に新シリーズが登場した。それがいわゆる携行用の小型タイプだったなら、専門誌の商品紹介ですむところ。けれどこれ、「たき火」を楽しむための道具と聞いては、話は別だ。

好きが転じて生み出された
独自の二重燃焼構造ストーブ

Medium be227dcfbd9948eb4515fd5bc6eaa25cb26082b3

これまで、コンパクトな設計(モデル最小サイズは約10センチ)からは想像できない火力をウリにしてきたソロストーブ。生粋のアウトドア愛好家と豪語する開発者が、長年探し求めたもののなかなか出会えずにいた最良のストーブを、ついには自分で作ってしまったという代物だ。

そこに、たき火専用モデルがラインナップに加わった。従来の高さの約3倍にあたる35.5センチ、直径49.5センチの「Bonfire」だ。実際、これでもたき火と考えれば小さいほう。でも、これで十分なのがソロストーブたるゆえん。

クラウドファウンディングの出資金の集まり具合(すでに目標額の50倍を突破)から推測するに、アウトドア派だけでなく、純粋にたき火が目的という人たちの食指も動かしていることは間違いなさそうだ。

小枝や倒木、自然燃料だけで
簡単に火をおこせる

30120f40e6259e67e5d15c3fc23d01eebcf41fd3

前述したとおり最大の特長は燃焼効率の良さにある。サイズアップされても構造自体は変わらない。さらには、小枝や倒木などフィールドにある自然素材でも、楽々と強い火がおこせてしまうのも魅力。

このパワフルな火力を生み出す原動力が、ソロストーブ独自の“二重壁”構造にある。 

空気の流れをふた手に分けて
火力をコントロールする

Medium 351f5e5840d19489eab76ea674a19aacbc19f834

火力をコントロールするのは空気の流れ、気流だ。ソロストーブはそこに着目した。構造はシンプルながら最大の効力を発揮する。

上のイラストでも分かるように、本体底部に開いた丸い穴から取り込まれた空気が、ふた手に分かれる。内部にくべた薪や小枝を燃やし、一次燃焼をおこす空気は底部から。さらにもう一方の空気は二重壁の中をつたい上へと登り、上部の通気穴から出ることで二次燃焼を誘発させ、火の勢いが増すという仕組み。

強い火力のおかげ
煙が少なく、最後はほぼ灰に

Medium dcd5c1e70d5b999e433643f59785f6f7772ab02a

 じつは、この二次燃焼構造には他にも大きな意味がある。強い火力を保つことで燃料は勢い良く焼け、不要なガスや蒸気、煙を出さないというメリットも忘れてはいけない。

せまる煙を避けようとチェアを移動させてばかりでは、いつの間にかたき火の情緒もどこかへ吹き飛んでしまう。そんな心配もしなくていい。

もちろん、少ない燃料で最大限の火力が得られる分、過度に着火剤や燃焼剤を使う必要もなければ、わざわざ燃料を大量に買って用意しておく必要もない。こうした「環境に負荷をかけたくない」というフィロソフィーも、自然を愛する人たちから広く支持される理由だろう。

そして、たき火の後に残るのはわずかばかりの灰だけ、というのもいいじゃないか。

炎の周りに集まる人は
自然と笑顔に照らされる

Medium fe5e90006b7195d6cd339da4cc9db376794bc5ec

どこでも自由にたき火を楽しめる環境じゃないかもしれない。石をくべ、薪を並べて、火を囲んでこそキャンプファイヤーだという意見も分かる。現に都心ではたき火に寛容な場所を見つけるほうが難しい。

それでもこの道具が手元にあったなら…普段顔を付き合わせていても、言えずにいた本音が言えるかもしれない。しばらく疎遠になっていた友人たちに、久しぶりに声をかけてみたくなったりも。なんだか、とたんに夢のある話に思えてきた。

すでに早期割引は終了してはいるが、現在のところ日本円にして約2万6,000円で受け付けている(Kickstarter)。ただし、ここに100ドル分の輸送費が上乗せされることをお忘れなく。であれば、発売時期は未定だが、日本のオフィシャルサイトに登場するのを待つという手も。

かじかんだ手のひらを炎に向けて、ぼんやりゆらめきを眺めていれば、空白の時間なんて一瞬にして埋まるもの。久しぶりに合わせる顔は、どれだけ大人になっているだろう。そんな想像だけでも楽しくなってきた。

Licensed material used with permission by Solo Stove
これこそアウトドア好きのためのインドアアイテム!ガス要らずで、木の枝を焚べてテント内や車の中でも暖がとれます。ストーブの台を使えば料理も。…え、煙は?とい...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
アウトドア好きやキャンパーは、気にも掛けないようなテントが開発されました。じゃあ、いったい何の需要があるのか?その機能を知れば、その答えが分かるばかりか「...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
これがあれば、マッチもライターも必要なし!アウトドアでささっと火を起こせる「ブレスレット」が登場しました。使いかたは簡単。燃えやすい木やクズを集めて、あと...
都心から車で2時間。同じ東京都内でありながら大自然が広がる奥多摩は、気軽にアウトドアを楽しめる人気のエリア。そのフィールドへの玄関口に位置する昭島市に、ま...
大自然のなかで食べるごはんのおいしさといったらない。そのために山を登る人だっている。道具や素材が限られているのに、食べ慣れたものでさえいつもより感動してし...
せっかくのキャンプでアウトドアを楽しみにきたはずなのに、テントの設営に四苦八苦しているうちに、貴重な時間を取られてしまうことって結構あるもの。それもあって...
キャンプやBBQなどのアウトドアでは、暑さだって醍醐味のひとつ。そういう考え方の人もいるかもしれない。でも、現実的な話をすれば、やっぱり涼しいほうが嬉しい...
こんがりふっくら生地が焼けて、ふつふつチーズがとろけていく。石窯からもれてくるちょっぴりスモーキーな薪のにおいが、食欲をさらに増幅させる。焼きたてピザより...
たまには自然の空気を味わいたい。だけどアウトドアはちょっと面倒。という人にこそオススメなのが、グラマラス(贅沢)なキャンピング体験ができる「グランピングサ...
じつはコチラ、災害を想定して設計された簡易シェルターです。とはいえ、その機能や携帯性は特筆すべきものがあります。被災地ではもちろん、アウトドアでも活躍する...
TABI LABOでは、月に一回「ReTHINK=考え直す、再考する」をテーマにしたイベントを開催しています。ちなみに、第1回「ReTHINK BEAUT...
キャンプをしてみたいけど、道具がない、きっかけとなるキャンパーが周囲にいない……そんな人にぴったりのイベントです!『クライムオン!!2016』で楽しむ“ほ...
BBQをただ焼くだけでは芸がない。でも、凝った料理は難しい…。というような場面で活躍必至の一品を紹介します。用意するのはベーコンと玉ねぎだけ。本場アメリカ...
外出先で「電子レンジがあればな〜」。こんな経験、一度はあるのではないでしょうか。でもあの大きさと重さ、そして電源…車に積んでアウトドアへ持って行くにしても...
どこにでも持ち運べるし、4人まで入浴可能。お風呂を持ち運ぶって、できそうでできませんでした。持って行ったってお湯が沸かせないものですから。でも、これなら問...
その理由は、「THE PINT」がボトルであり、グラスでもあるから。水やジュースはもちろん、トランスフォームさせてコーヒーやビールだって楽しめるため、ちょ...
これは、スウェーデン・ストックホルムにある、林の中に建てられた家。1~2月は気温がマイナス2℃まで下がる寒い地域ですが、なんと大きな温室のなかに家を建てる...