選べるデザインは300種類以上。アメリカ発・「ある方法」で個性を出すTシャツが話題

この季節、休日ファッションの主役はもちろんTシャツ。何枚あっても重宝するアイテムですが、それ1枚でその人のセンスや個性が表現されるアイテムだからこそ、本当にいいものを選びたいところ。別に派手なプリントでなくてもいいんです。上質な素材に、シンプルでもいいから「これ、どこで売ってるの?」と思わせるちょっとした一工夫があるような。

シカゴで生まれ、世界中で愛されているアメリカン・カジュアルブランド『ランズエンド』「スーパーT」は、まさにそんなTシャツです。このTシャツ、とにかく楽しいんです。何が楽しいかって?

それは……

ワンポイントで圧倒的な個性。選べる約300種類以上の「刺繍」

Tシャツにワンポイントの刺繍。それだけでも個性的な響きがありますが、「スーパーT」の刺繍はなんと約300種類以上の中から選べるんです。いたってシンプルな柄から、デコラティブなアメリカンエンブレム系、かと思えば、思わず微笑んでしまう可愛いイラストまで、まさに多種多様。その一例をちょっと見てみましょう。

0be8787abbb809ce7e8af4da89802e0e9465a729

さりげなく入れたい「シンプル系」

もともとヨットのためのギアを売っていたのがブランドの始まりだけに、「海」を感じさせるシンプルな刺繍は、ランズエンドの真骨頂とも言えるデザインです。

迷っちゃう多彩さが楽しい「イラスト系」

動物、花、サーフィン、ロードレース……実に様々なトーン&マナーのイラストが並びます。きっとあなたの個性を表現できるデザインに出会えるはず。

アメリカンの王道「エンブレム系」

アメリカン・クラシックなテイストには欠かせないデコラティブなエンブレム系刺繍は根強い人気。控えめなサイズなので主張が強くなりすぎないのも◎です。


ギフトに最適。糸色も選べるイニシャル用モノグラミング

刺繍できるのはイラストだけではありません。イニシャル用のモノグラミングならギフトに最適なTシャツを簡単に作れます。選べる文字タイプは8種類、糸色も24色とかなり豊富です。

04a4ab50260741c6ee319151dbb111803e3e2f4e

イラスト+イニシャル系も充実

個性的なイラストにイニシャルを組み合わせればオリジナリティはさらにアップ。ブランドロゴのような定番デザインを生み出して、毎年のギフトにしてみても面白いかも?

ここに並べたものは、本当にほんの一部。他にもまだまだたくさんあるのでお気に入りのデザインを見つけてみてください。

ベースとなるTシャツはバリエーション豊富。刺繍を入れる位置も4ヶ所から選べる

刺繍のパターンと掛け合わせると、できる組み合わせはざっと数万通り(!)、他の人とほぼかぶらない、この世で1枚だけのTシャツが実現しやすいスーパーT。たとえばこんな組み合わせはどうでしょう?

①シンプル&クールなイニシャルTでキレイ目に

Ca36738ecedb13b3fb13c760a0a2fb2ce0e06745

一見無地のブラックTの左裾に、ロゴっぽく仕上がるサークルモノグラミングでさりげなくイニシャルを。キレイ目なコーディネートにも抵抗なく取り入れられます。

③トレンドのポケット付きTシャツ、刺繍の主張は胸ではなく袖で

08fba4289aacad464ff6ec9afa63de9378cbb2e2

こちらもさりげない「海っぽさ」がタウンユースにちょうどいい、クラシックネイビーのTシャツ。ポケット付きは今年のトレンドです。刺繍はあえて袖口で主張する感じが大人です。

④ヘンリーネック+「ロープイニシャル」=大人な雰囲気

07a80700a9799af9232fda7f31551e37b5ffa26f

イニシャルの文字タイプの中でもランズエンドと言えば「ロープイニシャル」。ヘンリーネックのボタンとともに、強すぎずちょうどいいアクセントに最適です。

⑤キュートなイラスト系は堂々と胸に持ってくる

Fbc8f8184d312c385ddf381541f2e00aa17eca3c

いつもはクールなスタイルが多い人こそ、夏に根アカなTシャツを着こなすとそのギャップが魅力につながります。例えば人気絵本作家の五味太郎氏の代表作『さる・るるる』(絵本館刊)に登場する、さるのキャラクター。ただし、Vネックで締めることがポイント。こんな刺繍が入れられるのもランズエンドならではです。

「スーパー」なのは、上質な手触りと耐久性を併せ持っているから

1e07b59f54e61913e4a55a7362865b1391145be8

ところで、なぜ「スーパーT」という名前が付いているかわかりますか?アメリカ生まれの「スーパーT」、もともとのコンセプトが「上質さと、耐久性」ということで、素材と作りにとことんこだわっているんです。

生地に使っているのは上質なコムドコットン100%、それを厚手の5.3オンスに編み上げてあるので手触りが柔らかく、ザブザブ洗濯しても縮んだりしません。しかも色あせしにくく、毛玉が付きづらい、シワにもなりにくい──さらに、ていねいな縫製で型崩れしにくいんです。

Tシャツ1枚にここまで気を使っているからこそ「スーパー」なんですね。しかもこれだけの機能性とアソビ心があって、価格は超リーズナブル!

いつでも、どんな理由でも……

そしてランズエンドには、「ギャランティード・ピリオド」というポリシーがあります。何度身につけていようが、もし商品に納得がいかなければ、いつでも返品を受け付けてくれというもの。これは、商品のクオリティにそれだけ自信があることの証とも言えます。

たしかに、この手触りは同じ価格帯のTシャツたちと一線を画しているのがわかります。あなたもさっそくカスタムオーダーして、その感触を確かめてみませんか?

14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37
Sponsored by LANDS' END
「undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色...
自己紹介の日にこのTシャツを着て行けば、出身地を聞かれたらお腹を指すだけで済むし、きっと皆はすぐにあなたを覚えるでしょう。「え〜っと、名前はわかんないけど...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
古着のフットボールTシャツからインスパイアされた「ハイナベイTシャツ」。最先端の冷却機能を持つオムニフリーズゼロと吸水速乾機能のオムニウィックと二つの機能...
夏に獅子奮迅の活躍を見せるTシャツも、冬になると一気にその存在感を弱めクローゼットで冬眠。でも、この「TATEMU」さえあれば、オールシーズン、未使用時で...
シャツやカットソーの胸元のワンポイント刺繍で、着ている人の趣味趣向がなんとなくは分かるもの。それがこのシャツの場合は、あるものへの偏愛ぶりが一発で分かりま...
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
「Kickstarter」で43万米ドル(約5,000万円)もの資金を調達し話題になっているのは、ウイスキーの樽材で作られた時計。その名も、「The Ba...
ベルリンで大通りに突然現れた、自動販売機。そこでは1枚2ユーロ(約270円)のTシャツが売られているのですが、ある仕掛けが施されていました。2ユーロで販売...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
周りには大勢の人がいるのに、なぜか自分にだけ蚊が近寄ってくる。そんなストレスフルな状況とおさらばできる、画期的なTシャツを紹介。おかげで、これからのキャン...
〈MXP(エムエックスピー)〉と〈BRIEFING(ブリーフィング)〉のコラボ「DAY ONE POUCH SET」。マキシフレッシュプラスと異形断面糸ポ...
2016年のクリスマスプレゼントはどんなラッピングを用意しましたか?中身は覚えているけど、包装までは覚えていないという人も多いのではないでしょうか。アメリ...
この記事にたどり着いたアナタ。少しスマホを操作する手を休めて、じっと手を見つめてほしい。あなたの手で、中指の次に長いのはどの指?なんと、こんな簡単なことで...
ヒップホップやスケーターカルチャーとリンクした、少しルーズな服装を好む人々にとっては心外な法律である。いわゆる「腰パン」が、アメリカの一部地域で違法となっ...
蚊が嫌う、有効成分を繊維の奥に定着させた「Anti-mosquito Tee」。カジュアルなコットンの素材感にも注目。適度なカッパリングが入ったラウンドネ...
「こんな洋服が着たいなぁ…」。女の子が描くお絵かきには、彼女たちの理想がたくさん詰まっています。「Picture This Clothing」は、そんな女...
海外で言葉が通じなくて困った…。誰もが1度は経験済みではないでしょうか。そんな時にとっても便利なのが「ICONSPEAK」です。お天気から交通手段、札マー...
洗練された「北欧スタイル」は、なにもインテリアに限った話ではありません。1960年代スウェーデンのフィッシャーマンスタイルを現代風にアレンジした、シンプル...
以前に流行ったペアルックとは違い、まったく同じデザインのTシャツというわけではない。1人1人のデザインが微妙に違っていて、2人揃ってこそ完全体になれるので...