これはズルい!「乗ったままダイビングが楽しめる」プレジャーボートが登場

3つの船体をいかだのように平行に連結した、フランス生まれのトリマラン型のプレジャーボート。2013年のデビュー以来、改良を繰り返してきました。

これが、スゴいことになっているんです。

Medium 81086756374d1d3e8191c9a305ded3b8006b0737

美しいマリンブルーが特徴的な胴体は、フランス海軍設計士によるデザインだそうで、レーシングボートに最適化された速度と安定感で……と、説明にはあるんですが、じつはそんなことほとんど関係なし。

なぜって、この プレジャーボート「Platypus」最大の見せどころは、スピードじゃないんですから。

Medium 6cdfae293e062379a851d18a528a331865b9934b

陸を出た二人が向かった先は、海底にリーフ(サンゴ礁)が見えるダイビングポイント。目的の場所へ着くなり、水中マスクをはめる二人。ここからダイブをするのかと思いきや……次の瞬間、レバーを引くと同時に座席だけが、ナント!

そんなのアリ!?
座席だけが水中にザブーン

2b02feb7d54c578a31de5cd941466820cdc30aedMedium 28bbdc1ae0e83dc0ecab6d0275c04de753c20adb

まさか……三胴艇の真ん中、シート部だけがみるみるうちに海の中へと沈んでいくじゃありませんか!こうして、ものの数秒で二人は乗組員かつダイバーに。

船底の一部をガラス張りにしたグラスボートというのはありますが、自分自身がダイバーになるって(笑)もう、ほとんど反則ワザです。マスクを装着する理由にも納得。

半潜水艇で楽しむ
新しいマリンライフ

Medium dee84a8b6c4294bc66ae5cf9fc8dcac001523f29Medium 6fb7883ad17f73508a87065ce21fc5b634f8a0d1
Photo by (C) Jean de SAINT VICTOR de SAINT BLANCARD

このPlatypus専用のマスクをかぶると、船体のエアコンプレッサーから酸素が供給され、酸素ボンベを付けなくても、海の中の散策ができるという訳。もちろん、舵を切ったり操縦もジョイスティックを使って自由自在。ちなみに海底では3ノット(約5.5キロ)でのんびり進むようですよ。

これなら、泳ぎに自信のない人でもOK。リーフエリアであれば、海の中の大自然を満喫できること間違いなし。オプションで360度カメラやデジタル潜望鏡、GPSナビも搭載できるようですが、「BBC」の紹介記事によれば、最安値でも本体価格は現在のところ60,000ユーロ(およそ680万円)だとか。2017年内の発売を予定、いつかトライできる日がくるかも。

Reference:BBC
Licensed material used with permission by Platy Puscraft
美しくも短い北欧の夏。陽光の下に身をおいてこの季節を楽しむためのアクティビティが目白押しのコペンハーゲンで、新たにこんなサービスが始まりました。これ、日本...
ここ数年、エコマインドなヨーロピアンに人気の生活スタイルが、古い貨物船を改装して居住空間へと変えた「ハウスボート」で暮らすこと。これを気軽に疑似体験できる...
ミミガーや豚皮のおつまみのようにも見えるこのビジュアル。これが今、アメリカで密かなブームを呼んでいるお肉を使わないジャーキー。代用するのは、100%ココナ...
仕事を辞め、家財もすべて売り払って世界旅行にでた、とある夫婦の話が「boredpanda」や「News.com.au」などで話題になっています。大学を卒業...
このボート、明らかに攻めすぎ!岩肌と岩肌の間をスレスレに通り抜ける映像は見てるだけでスリルです。でもこれ、ニュージーランド・オタゴ地方で実際に体験できるア...
世界的に見ても、優秀な学校として名高いイギリスのウォーリック大学。そのボート部が毎年リリースしているチャリティカレンダーが話題になっていますが、ご覧の通り...
今年もハロウィンがやってくる。いつの頃からか、日本人にとってのハロウィンは仮装やコスプレをして街を練り歩くことになってしまった。もちろん、それはそれで楽し...
まず、その見た目に胸がドキドキしませんか?その他、こんなカラーも。まるでボートみたいなゆったり感。フロントバンパーやステップ、吸気口など、細かなところもイ...
アラスカ州スワード。総面積の約3割が川や湖などの水域となっているこの都市は、クルーズ客船の停泊地、アラスカ鉄道の起点、そしてキーナイ・フィヨルド国立公園の...
「イメージしてください。船の上で、何にも邪魔されず自分のやりたいことを考えられるとしたら?叶えたいビジネスプランをより現実的なものにできるとしたら?世界中...
『スターウォーズ』をテーマにしたポップアップレストランが、ロンドンに9日間だけの期間限定でオープンするそうです。しかも場所はギリギリまで秘密で、48時間前...
誰でも、いつまでもはっきりとした意志を持って生活していたいですよね。どうすれば脳の働きを維持できるのでしょうか?ライターのMinda Zetlinさんは、...
カヌーやカヤックといった水辺のレジャーツールには、サイズや保管場所の問題が常にありました。でも、フォールディングタイプの登場で、こうした問題が徐々に解消。...
オーストラリア南西部のヒリアー湖は、見ての通り珍しいピンク色をした湖。周囲が砂で縁取られており、さらにその周りは木々が生い茂った森になっています。ここで紹...
スカイダイビングの疑似体験を地上でおこなう特別な装置がある。呼ばれ方はさまざまだが、円筒状の空間に強力なタービンを回転させて風を起こし、垂直に吹きあげる風...
美しい女性と一緒に旅をする。男性なら、誰でも一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。ここで紹介するのは美男美女カップルが撮影した、ある旅の動画。彼氏の...
誰しも、子どもの頃にブランコで遊んだ記憶があると思います。自分が成長するにつれてどんどん高くまで漕げるようになり、最後にはブランコから飛び降りてどのくらい...
地上828mの世界一高いビルを建て、人工島をまるごと所有して家を建てることもできる国、ドバイ。次にどんな建築物が登場しても、ちょっとやそっとのことでは、も...
サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今ま...
アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...