ニューヨーク随一の空中庭園が妙に和むのは、雑草のせいかもしれない

リノベーションや、街のリ・デザインはいまや世界的なブーム。日本の木造家屋ではなかなか何度も使用用途を変えることはありませんが、石造りの欧米ではそのブームも加速し続けています。
 
なかでも、マンハッタンのヒップな地域にある空中庭園は、かつて肉を運んでいた線路をリノベしたもの。超気持ちいい空間に仕上がっていて、いまや観光名所。その名も「ミートパック・ディストリクト(肉詰め地域)」にある「ハイライン」です。

線路でゆったり

Medium 9b386550a3873fcc6b9b208dfb632037a833adf2

平日から多くのニューヨーカーがおとずれ、ハドソン湾を眺めながら和んでいます。線路脇には、ブルーボトルをはじめとした多くの人気ショップが出店を連ねていて、そこでゆったりできるのがポイント。

Medium 5cdb3c8fb799545185417cf705dfa0eecec474cd

高架線路なので、アクセスするには階段から。どこにも、はっきりと禁止事項が書かれています。チェアやベッドのないところで座ってはダメ、乗り物を持ち込んではダメ、モノを投げてはダメ…。おもしろいのは、ガラスのボトルを持ち込んじゃダメ。

また、緑化保護が徹底されていて、ボランティアスタッフもたくさん歩いています。

Medium d870ef18f9e9d8100038a56a94bea0dff5e1f10b

その甲斐あって、ハイラインは快適そのもの。噴水ではなく、水がしみ出す回廊があったりして、まるで川のほとりのような居心地なんです。

Medium 2e8bea94078316fe2799793eddbcc0c53b5ffdac
それも芝などの人工的な庭園ではなく、まるで藪の中かのような多種多様な植物が群生していて、要は雑草なんですが、それらがアーティスティック。

 違和感があるのに、居心地がいい
「緑のトンネル」

Medium 458af109689e56924680472588f1ad224017ac57Medium ad40d2ce7894b1bf128cca92cb592bc593083c75

これらの植え込みデザインは、25年間列車が走らずに放置されたことによって、自生してきた植物にインスパイアされたもの。これを、色やテクスチャーで植え替えながら、育ててきたものだそう。

だからまるで自然界のようでありながらも、居心地のいい都会的な空間になっているのです。野性味あふれる緑のトンネルとの違和感が、本当にフシギ。

ハイラインは、住民愛あふれる空中庭園

Medium b19603287a44c33d95969a4d0238b6b0956ec5ac
1934年、34番街からジョンズパークターミナルまで、マンハッタンの工業地域を結ぶ列車が高架で建設されました。このあたりは精肉業が盛んで、マンハッタンでも当時は最果て。
 
1980年代になり、商業化が進んで工業が追いやられる形で、列車は営業を終了。チェルシーが開発されるにつれ、1999年に「フレンズ・オブ・ハイライン」基金が設立。2002年から住民によるアイデア募集を経て、リノベが始まったのです。
 
チェルシーの住民愛があふれるこの地は、現在NYの中でも注目される名所。ホイットニー美術館も、ハイライン南側に移転してきたほどです。ぜひ、観光の休憩に訪れてみては?
Photo by Inagaki Masanori
マンハッタンに眠る廃線になった地下路線を応用して公園を作る計画があります。いまだテスト運用中ですが、2015年10月から土日に限り一般公開されており、イベ...
その名も「Dinner in the Sky(空中ディナー)」。2006年にブリュッセルの遊園地内で産声を上げたこのぶっ飛びレストランは、初めて設置されて...
ニューヨークの観光名所として、賑わっている「ハイライン」には、たくさんのアート作品が並んでいます。ただ、今回紹介するヌードは、その中でも多くの人の記憶に残...
世界のどの街とも違っていて、ニューヨークは「新しい自分」をつくる感覚になると言います。現在NY在住のAlexandra Wilsonさんも、そのパワーを感...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
夜、みんなが寝静まったころ、おもちゃたちが勝手に動きだして、おしゃべりをし始める。子どものころ、そんな空想を思い描いたことはないでしょうか。普段、モノとし...
ニューヨークを好きになったきっかけは『Sex and the City』だった。キラキラした大都会で、主人公のキャリーが気取らないリアルな毎日を送っている...
大都市ニューヨークの中心地と言えば、マンハッタン。タイムズスクエアにエンパイアステート、5番街にブロードウェイなど、マンハッタン地区の魅力が詰まったこの映...
165カ国から計1017のエントリーが集まったドバイのドローン大会で、オークランド大学開発の「ルーンコプター」が見事賞金100万ドル(約1億1,200万円...
「一風堂」ニューヨーク支店の制服が、かっこ良すぎ!ニューヨークの「一風堂」が新たに取り入れたスタッフ用ユニフォームが、他に類を見ないスタイリッシュなものに...
大学生の頃『Sex and the City』に夢中になり、それからというものニューヨークに憧れ続けていた。あれから10年。ほんの旅行のつもりで訪れたNY...
佐賀県武雄市や神奈川県海老名市などで展開されている「TSUTAYA図書館」の影響もあり、改めて図書館と向き合う機会が増えてきました。そんな中で目にしたこの...
「Roof Top Tours(屋根上ツアー)」を知っていますか?映画や漫画に出てくるような「屋根の上」で繰り広げられる様々なシーンに憧れている人は意外に...
「触れられる、タッチできる、3D映像を日本人がつくりだした!」というニュースが、今海外でとても話題になっています。下の動画を見るとわかりますが、空中に映し...
ふと思いました。遠距離恋愛のハードルって、以前と比較するとかなり下がったんじゃないかなあと。通話料金を気にしながら顔も見えないパートナーと話していたのは、...
毎年この時期になると、世界各地で国際的なブックフェアが開催される。なかでも『NY Art Book Fair』はアメリカを代表するブックフェアで、アーティ...
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...
この夏、まことしやかに囁かれている新たなコーヒーブームがあるそうな。なんでも、ブルックリンにある幾つかのコーヒーショップで、コーヒーとレモネードをカップリ...
ゲストを驚かせるにはもってこい。こんなふうに目の前に置かれたら「えっ!」と声が出ちゃいそう。なんで倒れないか不思議ですよね。クアンタムロッキングという複雑...
目にも鮮やかなプロジェクションマッピングを用いた、視覚で楽しむアートイベント。村松亮太郎氏率いるNAKEDが手がけた、この『FLOWERS BY NAKE...