太陽光が降り注ぐ「地下庭園」が未来的でワクワク!(マンハッタン)

マンハッタンに眠る廃線になった地下路線を応用して公園を作る計画があります。いまだテスト運用中ですが、2015年10月から土日に限り一般公開されており、イベントも盛り沢山。もし完成すれば、世界初の「地下公園」になるのだとか。

日差しが眩しい“地下庭園”
「ローライン・ラボ」

7f4052da40723f66db57dff4a98e1e4c864382e41a544bc01ed2fb7f2385c4147ef501860ad9db42Bb552d5df193fbb63e42f803ef902703fb6ebe809f80ba3da979a6901e277e9d4dff762a489b02717d259f9665629867457047249a3d8bcb4f7b3867

ニューヨークの土地不足はよく知られており、使用されなくなった高架線を公園にしたハイラインをはじめ、海の上にプールや農地といった施設を浮かべるプロジェクトなど、余剰施設やスペースを有効活用するアイデアに注目が集まります。

なかでもローワーイーストサイドは公共のスペースが少ないそうで、十年以上使われていなかった地下路線を応用できるとあり、話題に。問題は明かりですが、ローライン・ラボが提案しているのは、地上で採光した太陽光を光ファイバーを通して地下まで直接送り、天盤で反射させる方法でした。

太陽光を地下まで直送!

6f5ec2e1cddc737fa7786a0135c7c12f8d222ac4726fc36d862421c48f9c63a4ca5c2bfbc076b4e4B9651e4c0c9cadcad26fd473c10196087d763b69Ad1969246e0aca8788de8d1e4c1e6d18daf0a65f

テスト期間中は、この太陽光で植物がどう育っていくかが調査されています。2016年6月7日には、はじめての蚕が発見。植物の成長はもちろん、新しい命も生まれはじめているようです。

「ローライン・ラボ初の蚕です!綺麗なアゲハチョウになるのか、それともミステリアスな蛾に?」。

そのほかイベントも大盛況!

E88b779a49a44f5371bb43d52f82f7787cbcb9b636b7cec2ebd3eebdcbd1bf9271c08e8d0202fd226ba4f4499e0245adb303bdc6b91d1a926a0b57cc460040796a8697231e09870c03250ff74515bab8926f7fc726aaa0e5dba72971e8149e6ee98b45c3

雨やどりがてら興味本位で覗いた人々も、まるで魔法のようだ!と興奮している様子。当初の予定より長く、テストは2017年3月まで延長。土日だけですが、11時から17時までの間なら、無料で自由に出入りできます。

同チームは、各関係機関との交渉を進め、2020年までに公園として正式にオープンできるよう計画を進行中。これにはニューヨーカーたちも興味深々の模様。なかにはここでプロポーズしちゃった人も(!)。それだけ人気が集まっているという証拠でしょうか。詳しくはコチラから確認してみて!

Licensed material used with permission by The Lowline
リノベーションや、街のリ・デザインはいまや世界的なブーム。日本の木造家屋ではなかなか何度も使用用途を変えることはありませんが、石造りの欧米ではそのブームも...
大都市ニューヨークの中心地と言えば、マンハッタン。タイムズスクエアにエンパイアステート、5番街にブロードウェイなど、マンハッタン地区の魅力が詰まったこの映...
夢を追いかけてニューヨークへ移り住んだTadhg Ennisさんは、昼間は学校へ通い夜は街中を歩き回り写真を撮っている。彼が捉えた真夜中すぎの光景は、昼に...
急速に変化する地上に対し、その地下というのは、驚くほど変わらずにいる。新陳代謝の早い都会に長く住んでいるからだろうか。「変わらないもの」に、より強い興味を...
埼玉県には、知る人ぞ知る巨大施設が存在するって知ってましたか?「地下神殿」とも呼ばれており、海外からやってくる見学客も多い観光スポットなんです。神秘的な空...
もう3年も前に公開された動画だから、あまり新鮮味はないかもしれない。だけど、夏の終わりが訪れると、なぜだか思い出したようにまた見たくなる大好きな動画です。...
日当たり良好な部屋…のように見えるけど、実はコレ「CoeLux」という人工的な照明パネルによるもの!ここは窓の無い部屋なのです。イタリア・インスブリア大学...
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...
この写真が撮られたのは、7月11日のニューヨーク。お天気は晴れのち曇りで最高気温は28度。何の記念日でもない普通の土曜日でしたが、この日の夕陽は特別だった...
韓国の建築会社「MVRDV」が作り上げた「plant village」は、新たな名所になるかもしれません。ソウル駅周辺の放棄された高架道路を、見事に自然あ...
ニュージーランド北島にあるワイトモ洞窟(石灰岩の鍾乳洞)。地下250メートルの新世界に広がるのは、青くきらめくミルキーウェイ。地下洞窟に幻想的な星空が広が...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
夜、みんなが寝静まったころ、おもちゃたちが勝手に動きだして、おしゃべりをし始める。子どものころ、そんな空想を思い描いたことはないでしょうか。普段、モノとし...
将来的には水田を発電所と呼ぶようになるのかもしれません。オランダの企業「Plant-e」が開発したのは、植物を植えた湿地から電力を“収穫”する技術。まさに...
IKEAがコペンハーゲンに作ったイノベーション・ラボ「SPACE10」が、いま注目を集めています。世界中の若きクリエイターたちが集まるこのラボでは、未来の...
ニューヨークを好きになったきっかけは『Sex and the City』だった。キラキラした大都会で、主人公のキャリーが気取らないリアルな毎日を送っている...
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
NYは「フードデザート(食の砂漠)」問題の影響下にあり、新鮮な野菜が手に入りづらくなりつつあると言われています。が、健康志向なニューヨーカーたちのニーズは...
蛇口をひねれば水が出ることに慣れてしまっている私たちは、その循環を体感することなんてそうそうない。というより、その必要もなくなってきていると言えるかも。で...
この春、銀座の街を歩く人たちの手にするバルーン(これは透明のもの)を注意深く見てほしい。もしも、膨らんだ中に何やら小さなお菓子を見つけたら、それは「空飛ぶ...