トレッキング大国ノルウェーのロッジは、それ自体が訪れる目的になる

国土の6割以上が山岳地帯のノルウェーは、雄大な風景を楽しむことができる絶好のトレッキングカントリー。“巨人たちの住みか”こと、北欧最大の山岳地帯ヨーテンハイメン国立公園を巡るツアーが数多く組まれるなど、トレッキングは代表的なアクティビティーとして広く認知されている。

だからこそ、この国にはこんなにも便利で美しいロッジがあるのだろうか。

雄大な眺望は、
つい長居してしまいそう

Medium 2d65177627c7d6a400bc9d58aad8a037646d47d3

ひっそりと佇むロッジは、トレッキングを愛する人たちのためのもの。未経験者からしても、こんな山小屋で疲れた身体を癒せるのなら、チャレンジのハードルも下がるのではないかと思える。

Medium d356fa4b3f2b41b797a0a0ecf0c69e781eb2a8fcMedium 7c50c1230f4837b6ddf57279cc9d9343e33c1878Medium 9bc1a02283b1de8d67aa9f757af789bc061bb995Medium d0940340b3f4c1ff5445ca253e7827eada2e926dMedium 3f19ead1f57a35afbf65033bce11cd6305ac7af7Medium 7dee331817126e6d9d58599015b7e7646ae73bf5Medium 1fac58e3d9d0129a0b41dac38c9081681af23b0fMedium acfb8b10313d4a18b0b8496d565eeb82ba065480

印象的なのは、雄大な眺望を楽しむための大きな窓。ひとつのロッジには大体25〜30人が入れるそうで、シャワーなどのちょっとした休憩から睡眠まで幅広い使い方が可能。ひと汗かいた後はもちろん、むしろここだけを目的にやってくる人がいたとしても不思議ではないほど、それ自体が魅力的な建物だ。

Reference:KOKO
Licensed material used with permission by Tõnu Tunnel
友人が教えてくれた香港の新しい楽しみ方は、トレッキング。今、情報感度の高い欧米人の間では、すでにメジャーになってきているらしい。調べてみると、複数あるコー...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
「雄大な自然を目の前にすると、自分の悩みがちっぽけに感じる」なんて常套句があります。とはいえ、正直に告白すると、そんな経験は今までにありません。もしかした...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
アウトドアが魅力的なのは、なぜでしょうか。自然に触れられるから?美しい風景を眺め続けられるから?食べ物が美味しいから?ノルウェー北部に暮らす5人家族は、2...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
これは、自然とスケボーを愛する、ひとりの男が夢を叶えた動画「NORTHBOUND」。スケボーと言えば、街中を颯爽と駆け抜けたり、階段を使いトリックをしたり...
ノルウェーの首都オスロでは、英断すぎる交通規制計画が発表され、世界をアッと驚かせています。なんと、2019年までにオスロ中心部約3km圏内への自家用車の乗...
ノルウェーの壮大な自然を撮る、写真家のTomasz Furmanek氏。彼はフィヨルドや湖の絶景を、カヤックに乗りながら撮影しています。まるで鏡のように水...
ノルウェーの首都・オスロに来たなら、ぜひ訪れたいのがグリューネルロッカ地区。アーティストや芸大生たちが好んで住まい、ヴィンテージやユーズドショップが通りに...
北欧・ノルウェー旅のハイライトのひとつといえば「フィヨルド・クルーズ」。中世の面影を色濃く残す港町・ベルゲンからノルウェー国鉄(NSB)とバスを乗り継いだ...
2014年の平均出生率が1.42と、少子高齢化が問題となっている日本。ただ、この問題は日本だけでなく多くの先進国に共通の悩みです。そんな中、デンマークの旅...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
距離はそこまで離れてはいないけれど、なかなか足を運ぶキッカケがない。モンゴルには、どこか“近くて遠い”印象がありませんか?ここで紹介するのは、そんな同国の...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
雄大なノルウェーの山間いを、ロングスケートボードで駆け抜ける女性がいる。ダウンヒルボーダーでアーティストのIshtar Backlundさん(22歳)。見...