「なんかイイことないかな…」と思っているあなたへ、ヒントを8つ教えます

ライターJEFF HADEN氏によると、幸せの半分は自分でコントロールできるものだそう。そのための方法が「Inc.com」に掲載されています。

しかも、これらの項目は科学的根拠のあるもの。個人的には03.に説得力を感じました。確かにこの時間って楽しいんですよね。

01.
得意なことをする
機会を増やす

Medium e313ed34de026debdcff5fa475966caf4ebfb8bc

よく、「アーティストは貧しくても幸せだ」って耳にしませんか?これは本当なんです。つまり、彼らは他の人と比べて、収入が少なくとも仕事に満足しているのです。

『幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論』の著者、ショーン・エイカーは、「毎日自分の特技を何かに生かしていると明らかに幸せになり、憂鬱だと感じることが少なくなる」といいます。

もちろん自分の好きなことだけに身を投じるのは簡単なことではありません。でも、今より機会を増やす方法はきっとあるはず。仕事を分担したり、他人に任せたり。あなたの強みを生かせるよう少しづつ移行してみましょう。

02.
感謝の気持ちを
ちゃんと伝える

ある研究では、お互いに感謝の気持ちを表現し続けたカップルは、感謝の言葉をかけた側もかけられた側も、2人の関係が深まって充実していると感じたそう。

仕事でも同じこと。頑張って働いている社員に感謝を表せば、お互い気持ち良いものです。

感謝の気持ちを大切にするために、その日にありがたいと思ったことを毎晩いくつかメモに書き留めましょう。週に一度、自分がありがたいと感じたことを5つ書き留めていた人は、10週間後に幸せ度合いが25%増えたという研究もあります。

03.
たとえ行けなくても、
旅行の計画を立てる

Medium 66f1fe21954624576dad8db2e9d43825ece15463

実際に休みを取るのではなく、長期休暇の計画を立てるだけで幸せな気持ちになれます。『Applied Research in Quality of Life』という雑誌に掲載された研究では、人が一番幸せだと感じる瞬間は、期待とともに休暇の計画を立てている時だということが分かりました。休暇への期待がもたらす幸せは8週間にわたって持続していたのだそう。

ぜひ試してみてください。たとえ今行けなくても、行ってみたいあの場所への旅行を計画してみましょう。頑張って計画を立てていくうちに、実際に行ける方法が見つかるかもしれません。まさに「幸せが幸せを呼ぶ」ですね。

04.
目標を立てるだけでなく
しっかりと目指す

目指さないゴールはゴールとは呼びません。目標を目指すことは幸せに繋がります。『100 Simple Secrets of the Best Half of Life』の著者、David Nivenは「自分が何を目指しているかをきちんと説明できる人は、そうでない人よりも19%多く人生に満足している。そして、自分にポジティブになれる人が26%多い」と書いています。

自分の持っているものに感謝し、より多くを求める努力をすること。大きなものを目指しているのなら、それに向けた一つひとつの小さなステップで自分を褒めてあげることです。

ここで間違ってはいけないのが、今の自分と目指す自分を比べてはいけないということ。今の自分と比べるべきなのは、数日前の自分。そうすれば小さな満足感を多く味わえるはず。

05.
周囲のサポートを積極的に

Medium 96b896369be5170ebc765e87df125a6ab7a4d3e8

周りをサポートすることは、実は支援する側のほうがメリットがあったりする。人助けというのは、気持ちがイイことだとみんなが分かっているから。

加えて、何かをしてもらうというのは自分ではコントロール出来ないもの。誰かの助けが必要なとき、他の人に助けさせるなんてことはできませんよね。でも人を助けるという行為はいつでも自分でコントロールできるのです。

ということは、人助けをすることで幸せだと感じるなら、ある程度自分の幸せをコントロールできるということ。

06.
モノより思い出

お金が大切なのは言うまでもないです。が、ある一定を超えると、人はお金では幸せになれないのです。ある研究によると、年収7万5千ドル(約750万円)を超えると、お金と幸せとが無関係になってくるそう。 

お金で買える「モノ」は、その時限りの幸せにしかなりません。本当に幸せになりたいのなら「経験」を追い求めるべき。

07.
起床後、20分だけ運動を

Medium ac39fda98b4091a51a28e3c7ba4d52e4a6c0cab5

朝一番に運動をしましょう。仕事後でも構いませんが、そうすると幸せパワーを睡眠中に無駄にしてしまいます。

ある程度のエアロビクスを20分程するだけで良いのです。1日中ハッピーでいられるなら、些細な努力だと思いませんか?

08.
決断を迫られたら、
「自分の意志」で決める

余命数ヶ月の患者の世話をするスタッフだったボニー・ウェア氏。患者さんたちがよく口にするのが「他人が私に期待している人生ではなく、もっと自分らしい人生を生きる勇気があればよかった」という言葉だそう。

他人が思うことは、本質的には自分には無関係なこと。他人があなたにしてほしいと思っていることも、あなたには関係のないことなのです。

あなたの願い、夢、目標。人生はあなたらしく生きること。自分に合った選択をしましょう。本当に言いたい言葉を、その言葉が必要な人のために言うこと。自分の気持ちを表現すること。寄り道をしてみること。友達を作って大切にすること。

Licensed material used with permission by Jeff Haden
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
人生は困難の連続です。そんなときこそ、自分のことをちゃんと好きでいられることが大事。今回は「Elite Daily」のライターMel Whitneyさんが...
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
「人間はたまねぎであるーー」。こう定義するのは、パリ発祥の市民の哲学討論の場である「哲学カフェ」を国内で主宰し、市民のための開かれた哲学を実践している、小...
心と体を美しく保ち、仕事もやりたいことも全うしたい、と願うあなたへ美人で仕事もできる人がいる。 そんな人に出会った時、両方を実現するなんて「私とは違う特別...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
幸せは自分でつくり出すもの──。なんてよく言われていますが、実際これができる人が少ないのは、難しく構えているからかも。もしかしたら、「Thought Ca...
今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...
世界的に見ても「影響力がある」と評価された思想家や指導者の多くは、敬意と中傷、その両方を併せ持っているものです。「和尚:OSHO」ことバグワン・シュリ・ラ...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
老子は、中国で著名な哲学者のひとり。道教の創始者とも言われ、今なお続く、多くの教えを説いた人物でもあります。古くから中国の思想に影響を受けている日本で暮ら...
人生、楽しめていますか?隣の芝は青く見えていませんか?たとえ、そう見えたとしても、そこにはその人なりの努力があるものです。 では、どう努力すればいいのでし...
「我々は他人と同じになろうとして、自分の4分の3を失なってしまう」アルトゥル・ショーペンハウアー(ドイツの哲学者)「Elite Daily」にライターのP...
「1日24時間では足りないと思う程に忙しいとき、マヨネーズの瓶と2杯のコーヒーを思い出して下さい哲学の授業の前に、教授は大きな空のマヨネーズ瓶を持って学生...
人生についていろいろ考えはじめちゃう、20代後半。確かに何歳のときでも悩みは尽きないんですが、とくに30歳になる前に知っておいてもらいたいことが「Elit...
学校では多くの物事を学ぶことができる。そこであなたが培った知識や経験は、その後の人生の糧となっていくはずだ。だが人生には、実際に生きてみないと、どうしても...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
自分を信じて何事にも立ち向かう。そんな前向きな姿勢でいると、人生はみるみる昇り調子になっていくでしょう。しかし、その過程でつらく過酷なできごとを経験するこ...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
新たなライフスタイルを提唱する「becomingminimalist」のCEO、Joshua Becker氏は、「私たちが価値を感じるものは、年々変わって...