これならできる!自分から幸せを引き寄せる「11のヒント」

幸せは自分でつくり出すもの──。なんてよく言われていますが、実際これができる人が少ないのは、難しく構えているからかも。もしかしたら、「Thought Catalog」ライターSabrina Alexis氏のコラムを読めば、「なんだ、こんなこと?」なんて思えるかも。マインドセットをちょっぴり変えるだけで十分だったのです。

01.
他人への依存を捨てる

013917868_Medium

まず言えるのは、現状に満足していない人ほど他人に依存している傾向にあるということ。つまり、あらゆる選択を他人任せにしている。そのため、人生に満足できていないのです。できる限り自分に関わることは自分でコントロールしましょう。それが最初のポイントです。

02.
嫉妬心を受け入れない

人間にとって最も無駄な感情、それが「嫉妬」です。勝手に人と比べて劣っていることに落ち込んだり、「環境のせい」だと無駄な怒りを覚えたり……あなたをポジティブへ導いてくれることなんて、ひとつもありません。恨むことも同じです。

03.
誰かの幸せを
自分事化して共感

000048735678_Large

友人や会社の同僚に幸運が訪れたときは、一緒になって喜びましょう。そこで嫉妬するのもNG。人の幸せを喜べないようでは、自分にも幸せはやってこないことを知っておいてください。

04.
他人への親切が
当たり前でいられる

不幸な人は得てして意地悪なもの。幸せな人は逆に、自分のこと、自分の人生に前向きな感情を抱いています。それがあるから他の人にも、同じように幸せを願えるのです。他人に優しくすることで、あなた自身もハッピーでいられる。ほんの小さな親切で十分。誰かの悪口や噂話をするのはもう止めにしましょう。結局、そこからはなにも生まれはしないから。

05.
今ある状況に感謝する

こういう諺があります。「幸福はあなたが望むものではなく、今持っているものに感謝することである」

私たち人間は、ないものねだりをしてしまいがち。今より自分に合った仕事があるのではないか、もっと自分を大切にしてくれるパートナーがいるのではないか……。そんなことを考える余裕があるのなら、今目の前にあることに全エネルギーを注ぎましょう。今という時間に感謝することです。

06.
“変えられないもの”を
変えようとしない

000012070583_Medium

世の中には、自分の力ではどうにもならないこともあります。それはそれで受け入れましょう。変えられないものを変えようとしないことです。そんなのエネルギーの無駄遣いだって、解釈すればいいのでは?

07.
けれど…、変えられるものは
とことん変えていく

努力はそのプロセスこそ大変ですが、達成すれば最高の感覚を味わえます。痩せたいのならダイエット。仕事で失敗して悔しい思いをしたなら、二度と同じ失敗をしないよう勉強することです。努力を積み重ねた人だけが、幸せを掴めるということを忘れないで。

08.
憎しみから自分自身を解放

誰かに恨みや憎しみを持つことで、あなたは自分自身を傷つけている。そのことに気づいていますか?恨みを受け入れ続けることで、過去の痛みから抜け出せなくなるのです。憎しみを抱く原因を忘れ、許しましょう。

09.
流れに身を任せるのもアリ!

000079040661_Medium

小さなことまで気にし過ぎると、心に余裕が持てなくなる……。それでは楽しい人生とはいえません。
「なんとかなるでしょ!」といった具合にドンと構えている方がラク。あえて流れに見を任せていればいいのです。

10.
辛い時こそ
丁寧な「自分ケア」を

心が乱れている時、生活や見出しにもそれが表れてしまう人も多いと思います。けれど、いつも幸せそうな人はそんな状況のときこそ自分ケアを丁寧にします。ジムに行ったり、バランスのいい食事をとります。そうすることで、知らないうちにネガティブな感情は去っていくんですよ。

11.
自分を肯定してくれる人を
大切にすること

000074452753_Medium

自己肯定感を与えてくれる人が周りにいると、自分に自信が持てるようになり、何事にも積極性を持って挑むことができるようになるものです。

Licensed material used with permission by Thought Catalog(Article)
Originally published at
Thought Catalog(Top)

平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
「我々は他人と同じになろうとして、自分の4分の3を失なってしまう」アルトゥル・ショーペンハウアー(ドイツの哲学者)「Elite Daily」にライターのP...
日本人は幸福度が低い。このことは国連や内閣府などいろいろな公的機関の調査で明らかになっています。なぜ豊かなはずの日本人が幸福を感じられないのか?答えは簡単...
「友だち」は何人いますか? twitterのフォロワーや、Facebookの友だちリストではなく、本当の意味での「友だち」のことです。ある研究では、あなた...
前人未到の大記録を成し遂げたトップアスリートや、何百人もの観客を熱狂させるアーティストなど、「すごい人」はみな、発言や行動に一貫性があります。これは、なに...
幸せになるのは、特別な能力だとか、資格がある人って思ってしまう。これって、自信のない人が陥りがちな罠。そんな思い込みを払拭する方法を自著『幸せなことしか起...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
人生において誰もが願う共通の目的といえば…そう、幸せになること。でも、残念ながらすべての人が現実に満足しているわけではありません。その要因は他でもない“私...
仕事、会社、結婚、住まい…。自分の人生は、本当にこのままでいいのだろうか?30代になると、そんな不安が一気に押し寄せてくるもの。ここでは、書籍『30代のあ...
現代では「内面の美」や「日々の充実感」を求める女性が増えているように感じます。しかし、これらの目に見えないことに価値を見いだすために必要なのは、「自分自身...
無意識のうちに他人に期待してしまうことは、誰にだってあること。「I Heart Intelligence」に掲載されたこの記事には、きっとあなたにも心当た...
「幸せ」という概念は、どこか抽象度の高いもの。だからこそ、あなたの中でも、「何をすればハッピーになれるか」は漠然としているのではないでしょうか。そこで「I...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
突然ですが、あなたは今の生活に満足していますか?ちょっと考えてしまった人は習慣を見直してみるといいかもしれません。ここでは、ライフスタイルを中心とした情報...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
どんなに辛いことが起きても、いかなる困難に出会っても、いつも前を向いて行動する人がいます。そんな人たちに共通していることは、難しく考えずポジティブな言葉を...
人間関係や仕事、家庭でのトラブル。毎日生きていればつらいことだってありますよね。でもイヤなことだって自分の捉え方次第では、幸せにだってなり得ることだって…...
欝、摂食障がい、共依存などを自力で克服したNathalie Chantal de Ahna氏。その経験から、幸せを引き寄せる方法を5つにまとめて「mind...
原田まりる/Mariru Harada哲学ナビゲーター・コラムニスト。1985年生まれ。大学在学中より芸能活動を行い、レースクイーン・オブ・ザ・イヤー20...