マヤ古代都市が沈むと言われる「アティトラン湖」で最先端のオルタナティブシーンを味わうフェス

場所はグアテマラ。世界一美しい湖と呼ばれ、その湖底にはマヤ文明の古代都市が沈んでいるとも言われるとんでもないロケーションにて開催されるのが、年末年始4日間にわたって行われる大規模フェス「コズミックコンバージェンス」だ。

新時代のフェスとは

Medium c1d87f19c539128fdf8e21dcf9188aa4362db834

すごいのはロケーションだけではない。

音楽、アート、ワークショップ、ヒーリング、ライブパフォーマンス…と、ここまでは昨今のフェスブームの日本でもおなじみのラインナップである。

しかし、この前代未聞なフェスの真骨頂は、今なお脈々と続いているマヤの先住民族の儀式と一体化して行われるというところだ。

Medium a1f63743aedf15f02675cd40df18105181a3b29aMedium 00bfc05cb73e337afa3e707605e1dd68c514ffefMedium ea13414af342f0df6622adb9a2f02f5605b00fffMedium 7395e00c98f6677efd2161a714eb8141497295fb

コズミックコンバージェンスのコンセプトノートにはこう綴られている。

「我々には壮大な夢がある。様々な文化をもったインターナショナルなコミュニティーが、ここマヤ文明の歴史的中心地に集い、今なお引継がれているマヤ族の文化に接続することで、人類のルーツを再発見し、”Ancestral Future(再生する未来)”を共につくり、進むべき道を照らすことだ」

主催団体の中心メンバーは、ビジネスの最先端シリコンバレーのスタートアップたちである。このフェスで描かれるビジョンは、先住民の知恵と現代の知恵の結集にある。パーマカルチャー、テクノロジー、スピリチュアリティが融合した”再生する未来”をつくりあげていくという壮大なビジョンである。

カルフォルニア仕込みの最先端で良質なサウンドやアートに囲まれながらも、オルタナティブなヒーリング、ヨガやパーマカルチャーのワークショップが点在している。そして夜もふけるころ、いつのまにかマヤ族の儀式の中に誘われていく。数千人規模のオルタナティブでハイセンスな人たちが世界一美しい湖に集まり、再生する未来へ向けて身体と精神をアップデートしつつ年越しを迎える。これはヤバいとしか言いようがない。

グアテマラの魅力

Medium c57233aa0dd5ac7fb9cafe48f09a6e5045df47c8

(Google Mapより)

そもそもグアテマラってどこ?という声が聞こえてきそうだが、場所はここ。

コーヒーの国?…いやいや、それだけでおさまる国ではないようだ。マヤ文明の遺跡の中でも最高峰と言える密林にある、神秘的なティカルをはじめとした数々の遺跡、火の鳥のモデルになったとも言われる幻の鳥ケツァール(国鳥)が生息するなど、まさに秘境の国だ。

近年注目されつつあるスーパーフードのマヤナッツや、色鮮やかで美しい伝統的な民族衣装や雑貨など、文化的にも非常に魅力的な国だ。

参加するだけのフェスは終わり。
日本チームとして乗り込もう

今回「生きる本質」をデザインする会社REVorgが、コズミックコンバージェンス公式オーガナイズチームとして参加。なんと日本は招待国としてフェスのチケットが「無料」(数量限定)に。

フェスは参加するだけではつまらない。一緒にフェスを盛り上げる日本コミュニティとして乗り込もうということで、本番の12月30日〜1月1日に先立ち、27日から29日にはフェスを100倍楽しむためのリトリートを実施する。

Medium 53c96440652d276c6bc26203b924aa3158a8a810

アティトラン湖を見渡す絶景リトリートセンターでのヨガや自己治癒リトリート、マヤ族基礎知識、スウェットロッジ(ネイティブアメリカンや北米の先住民族に伝わるサウナの儀式の体験)、先住民族の住む村で生きる本質に気づくセルフビルドやパーマカルチャーコミュニティめぐり、日本国内外のオルタナティブコミュニティをつなぐ「かくめいキャラバン」のトーク、キャンプファイヤーを囲みながら新しい生き方について語り合う日々…。

本リトリートには、もちろん当フェスに出演する予定のミュージシャンやワークショップを担当するメンバーも同行。

ミュージシャン、アーティスト、ビジネスパーソン、主婦、学生…。渾然一体みんな仲間になって楽しむフェスの可能性はむはや無限大(限定20名、詳細はこちら

もう単なる音楽フェスでは満足できない人、世界中を旅してきたけどもっと刺激的な体験を求めている人、そしてなにより日本と世界で起きているオルタナティブシーン最先端のコミュニティに参加してみたいという人には、またとないチャンス。これよりもぶっ飛んだ年越しイベントがあったら教えてほしいくらいだ。

まだほとんど誰も知らないマヤの聖地で、人生が変わるかもしれない体験をし、新年を迎えてみるのも悪くないだろう。

主催団体:REVorg

「生きる本質」をデザインする会社。世界中に新しい生き方と居場所をつくるリアルエンターテイメント”かくめい”をプロデュース。日本と世界にポスト資本主義時代のインテンショナルコミュニティーを立上げ、”楽園プラットフォーム”をつくるクリエイティブ集団。(HPはこちら

ライターのレベッカ・エンディコットが紹介した、マヤ文明ハアブ暦(20日×18ヵ月+5日間)を参考にした占いが話題です!自分がどの期間に当てはまるのか、さっ...
マヤ文明といえば、階段状になった独特のピラミッドや、発達した天文学によって当時の文明水準から見たら破格の正確さを持ったカレンダーなどを作り出した、と勉強し...
音楽フェスの楽しみ方は人それぞれ。超ノリノリではしゃぐのも良いし、静かに音楽を楽しむのも良い。今回紹介する男性の場合は、こうだ。  頭を振りすぎて脳震盪を...
僕らはこの世界にいる。そして自らの選択次第で自由な生き方は実現する。でもあなたがその選択に迷ったとき、一歩を踏み出すきっかけになってくれるプロジェクトがあ...
夏はもうすぐそこまで来ているし、野外フェスのシーズンはもう始まっている。ライターのChris Riotta氏は「ELITE DAILY」で、音楽フェスが人...
フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々か...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
もしも、無人島でシネマフェスが開催されるとしたら…。極上の自然に飛び込んで、その夜は映画に酔いしれる。じつはそんな体験をカタチにした「MUJINTO ci...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
とても不思議で、とても自由なフェスだった。フェスなのに、中心がない。ステージもなければ、売店もない。木で組まれた大きな不死鳥がシンボルのように浜辺に立って...
歴史が覆るかもしれない「古代地図」の存在とは!?ここでは「Collective-Evolution」に紹介された記事を紹介します。記事内で取り上げられてい...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
ブービーバードのマークでお馴染み、「CHUMS(チャムス)」。春の新作としてリリースされた「Teeshell」が可愛くて機能的にも良さそうで気になっていた...
タイフェスやアイルランドフェスなど国際イベントが多く開かれているイメージの代々木公園。しかし「和」のフェスもありますよ!6月16日より「大江戸和宴 〜大江...
地球から遠く離れた深宇宙。その探査研究情報をまとめているポール・ギルスター氏は、自身が運営しているwebサイト「Centauri Dreams」で、宇宙か...
ジメジメした蒸し暑さを、いっぺんに吹き飛ばしてくれるようなアイスを紹介しましょう。どれも暑さを吹き飛ばすのがアイス?いえいえ、こちらは、-196℃以下で一...
「はじめに、君たちに言っておきたいことがある。『ギリシャといえば、青い海、白亜の神殿!』なんてイメージは幻想だ。古代ギリシャ人は海をワイン色と表現する。そ...
中国四川省の奥地に、透き通った水が流れる美しい渓谷があります。ユネスコ世界遺産に登録されている九寨溝(きゅうさいこう)。透明度120%コバルトブルーの湖面...
「昔は良かった…」「それに比べて今は…」「世の中悪くなる一方だ…」とは現代の私たちもよくボヤきますが、2800年前の古代ギリシャ人もまったく同じことを言っ...
001 大陸:南米002 国名:ボリビア003 都市名:ウユニ004 日付:2012,02,23「この感動は、言葉にできない」ウユニ塩湖:町から車で一時間...