サンタモニカの海に浮かぶ「筒」が、45億リットルの飲料水を生む!?

いま世界のいたるところで深刻な「水不足」が問題になっています。

米・カリフォルニア州では大規模な干ばつが続き、地下水や貯水池の水が干上がり、危機的な状況に。住民は高いお金を払って水を買い、農作物にも大きな影響が出ているそうです。なかには水不足が原因で、住み慣れた土地を離れる人までいるほど。

そんななか、サンタモニカの洋上で海水を飲料水に変えるプロジェクトの一部を紹介しましょう。

洋上に浮かぶ芸術作品か

Medium 1c1e9f0e3184504bf1a7cbdac76062b96e203d3c

この海面に浮かぶ筒状のものはなにかというと「2016ランド・アート・ジェネレーター・イニシアチブ」という、公的な場所に再生可能なエネルギーインフラを生み出すアートコンペティションに提案されたアイデアのひとつ。

コンセプトデザインではあるものの、担当した「ハリーリ・コンサルタント・エンジニア」という企業は、芸術的、技術的、建築的な3つの意味で評価されているそう。

海水から年間45億リットルの
飲料水をつくる

Medium 464f96118be39929a5d42bf2619bcb929bbde192

パイプの外壁にある太陽光パネルで作られた電力は、ポンプを使って海水を引き揚げるのにつかわれています。そして電磁気によって海水から塩分を分離、年間約45億リットルの飲料水を生み出し、街に届ける想定だそうです。

海水を飲料水に変える技術は今までもありましたが、コストパフォーマンスなどが合わず、非現実的とされてきました。しかし、カリフォルニアの日照をうまく利用した太陽光パネルをつかうことで、コスト面の課題をクリアできる可能性が高くなるとか。

観光地としての機能も

Medium 40e52c926afb86a93edfd9f0be373333913f53cf

さらにこのパイプは中に入ることができ、訪れた人がくつろぎながら、サンタモニカの美しい街を洋上から眺めることも想定されています。

もしも実現したら、水不足の解決だけではなく、サンタモニカの新たな観光名所としても訪れた人を楽しませてくれる存在になりそうですね。

Licensed material used with permission by Khalili Engineers
得てして、カルチャーのルーツを探ってみると、とても小さなものから始まっているもの。何度目かのブームが再燃しているとも言われているスケートボードのルーツも、...
世界の水のほとんどは海水だ。そのうち人間が利用可能な淡水はたったの数%ほど。しかも、そのほとんどが北極や南極で凍っている氷塊である。それだけ安全に利用でき...
一家に一台。安くて簡単に使える、そんな淡水化装置のデザインが話題です。「Eliodomestico」は、海水を釜に入れて1日放置しておくだけで、飲める水を...
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
もしも、どんなに汚れている水でも、すぐに飲料水に変えてしまう魔法のボトルがあったら…。アメリカに住むマイケル・プリチャードさんは、2004年スマトラ島沖地...
およそ7億5,000万人もの人は安全な水が手に入らず、さらに年間約50万人もの子どもが汚い水が原因で命を落としている、と日本ユニセフ協会は指摘します。そん...
燃料は水だけ!?ブラジル人発明家の男性がつくりだしたバイクは、ガソリンを使わずに走れて、たった1リットルの水で500kmもの距離を走行することができるとい...
世界で初めて、消費者への「節水」を呼びかけるために生まれたエココスメがあります。売り上げの一部は、水不足に苦しむ地域への支援活動に使われている。きっとここ...
リトアニア共和国の首都ビリニュス在住のイラストレーターEglė Plytnikaitė氏は、自身のイラストを使ってFacebook上で、あるプロジェクトを...
「ロサンゼルスのダウンタウン。ストリートに詰まった精神性やノイズ。壊れたままの建物や、アートとなって蘇った様々なもの。その全てに個性があり、その色やディテ...
世界の人口は、2050年には91億人を超えると言われています。その上で考えなければいけない大きな課題は、食料需要の増加に対する生産量の確保。今も世界中で様...
動画に写っているのは、ジャクソン5の『サンタが街にやってくる』を、まるで踊るかのようにして手話で歌う3人の女性。見ているだけで笑顔にさせられる動画は、Fa...
閉店後のノースカロライナ州のショッピングモールで、自閉症の子どもを持つ家族向けの、サンタ記念撮影会が“ひっそり”と開催されました。多くの人が行き交う場所、...
汚染された「水」が原因で命を落とす人がいる。蛇口さえ開けば、さも無限に水が流れ落ちるように新鮮で美味しい水が誰でも飲める国、日本。それが当たり前に思えてい...
カリフォルニア州ロサンゼルスの映画館で、ミネラルウォーターを使ったあるドッキリが仕掛けられました。満席の館内、スタッフがミネラルウォーターを無料で配りはじ...
フィリピンのおよそ7,000の島々では、現代でも電力インフラが不足しており、明かりのない生活をしている人々が多いらしい。これまでは、石油ベースのオイルやロ...
米メディア「TakePart」で、ジャーナリストPadma Nagappan氏が、サンディエゴ国際空港の節水対策に注目した記事をご紹介。記録的な干ばつ被害...
「Warka Water(ワルカウォーター)」は、電気を使わずに大気中の霧や雨露を集めて飲み水を確保できる竹製の装置だ。設置や移動が簡単で、低コスト。しか...
日本では「湯水のように使う」という言葉もあるように、水は気軽に使えるものの代名詞。でも、世界的に見ればそれはとっても珍しいこと。今回紹介するガーナの村も、...
アメリカである過激な社会実験が行われました。「炎天下の車内で10分間耐えることができれば100ドル」というニセのチャレンジ企画です。冗談にしても少々、度が...