重量5kgと聞いてもなお、キャンプに連れていきたい「ピザ用クッカー」

こんがりふっくら生地が焼けて、ふつふつチーズがとろけていく。石窯からもれてくるちょっぴりスモーキーな薪のにおいが、食欲をさらに増幅させる。焼きたてピザよりほかに心躍る料理があるだろうか。というくらいピザを愛してやまない人は、決して少なくない。

あの味はピザ窯があってはじめて成立する。たしかにそうだろう。でもね、この「IRONATE」には期待せずにはいられない何かがある。アウトドア料理に目がない人、キャンプ好きなら尚のこと。

石窯でつくる味を
本格再現したピザ用鍋

16cc5c5dceeea2cf8930630a0b327b5266150cbbMedium 6e1b97885bf5fce523de7591db89c3b8ad10dc13

そもそも、なぜ窯で焼くピザがおいしくなるかといえば、食材を直接焼くのではなく余熱で焼くから。熱風が瞬間的に食材を包み込むことで、旨みや水分を逃すことなく均一に焼き上がる。近年、この石窯の原理を応用した家庭用オーブンが登場してはいるが、味にうるさいピザ好きを満足させるのはなかなかに難しい。

そこでこのIRONATEだ。

石窯も最新式のオーブンもなくたってこの仕上がり。聞けば家庭用のコンロでもこんがりふっくらピザが焼け、調理時間もたったの3分程度だという。

「Tale Impossibile!(そんなの無理だって!)」

なんて肩をすくめるイタリア人を想像してしまうけれど、のちに紹介する動画を見れば、それがデタラメでないことが分かる。

Medium 4177cc412cb3777633450429b8c6c17f6ddcce17

石窯風ピザを再現するために、開発された薄く熱伝導をよくした特注の鉄鍋。前述のとおり、本来は家庭用ガスコンロ(IHも可)の火力にも対応するよう設計されたもの。けれど、直径25センチ(いわゆるMサイズ)を焼き上げる薄い平鍋は、重さもも5kgにとどまり、場所もとらない。おまけに専用の木箱に入れて持ち運びもラクラク。

ならば、活躍の場を家だけに限定する必要はないんじゃない?ほらほら、PRムービーにもこんな場面が。

アウトドアシーンで活躍必死!
グリル料理もそつなくこなす

Medium ec95df0c8cc7c1e741f88164502afc307e4ed189

例えば、こんな感じにアウトドアの直火でどうぞ。

日本バーベキュー協会によれば、いわゆる炭を使ったものや薪による直火でもおおよそ230℃〜250℃といったところ。ここにIRONATEを10分も火にかければ、鍋の温度は400℃近くにまで上昇する。

高温に熱された鉄の鍋とフタで上下から生地を閉じ込めることで、石窯の炉床と同じ環境をつくる。これが、すべての仕掛け。だから、豪快にお肉を焼くような火を用意しなくたって、2、3人規模のキャンプファイアーでも十分にふっくら焼きあがりが期待できるという訳。ビール片手に、あとは焼き上がりまでしばしの時間を楽しめばいい。

Medium 3f098184fb8c8bb530eaacc4223eac90fdad5b04Medium c28c7363f7b92bcc344af227901278789eb79947Medium 573784d53026eefe0837f95279bf7e06db5e5b98Medium 09ad7ea275e085a4e44d3270bf42653b412e74cb

そうそう、IRONATEはグリルパンとしてお肉、野菜、魚なんでもアリ。つまり、余分に調理道具を持たずとも、これさえあれば“アウトドアめし”が自在に楽しめしまうというワケ。

熱々になった鍋の取っ手にひょいっと引っ掛ける専用の鍋つかみもGOOD。これ、もともとは鍋とフタを重ね止めするためのもの。ひっくり返してフタをそのまま皿代わりに使用するときにも役に立つ。

ガスコンロでもOK!

一般的な家庭用オーブンの出力は250〜300℃で天井を迎える。これを超える350℃近くまで上がる機能が前述の石窯タイプのオーブンだけど、それにしたって店のピザ窯の炉床温度(だいたい500℃近い)には到底及ばない。

それを思えば、ガスコンロの火でもおいしいビザを焼けるという事実が、ピザに目がない自分からすればたまらなくうれしい。

日本円にしておよそ13,000円ならば、手の届かない価格ではない。唯一気になることといえば、5kgの重さを考慮した輸送料くらいなもの。迷わずこちらからGO!

Licensed material used with permission by IRONATE
ほんの数分でピザを調理するには、ガスコンロの火力がいちばん。このピザオーブンは、自宅にいながらにして本格ピザを手早く簡単に焼くことができる調理ツール。本格...
その理由は、「THE PINT」がボトルであり、グラスでもあるから。水やジュースはもちろん、トランスフォームさせてコーヒーやビールだって楽しめるため、ちょ...
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
ピザ、パン、それにローストビーフやローストチキン。どうしても窯で焼かなければ出せない味わいがある料理たち。でも、実際に薪や炭で火おこしするオーブンを設置す...
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
旬を迎えたカリフラワー。淡白な味わいは、付け合わせ野菜として重宝されますが、それだけじゃない!すごい食べ方があるんです。それが「カリフラワーでつくるピザ」...
これは、たった15分で窯の温度が500℃まで上がる「Roccbox」。小さくて持ち運べるうえ、内部の構造は本格的な石窯そのものです。木材・ガスどちらも使用...
マフィンやフレンチトースト、チョコブラウニー。いまや、マグカップで作るスイーツは誰もが知るところ。でもこの動画、グラノーラやなんとピザまで、すべてマグカッ...
まずはこちらの写真をご覧ください!いかがでしょう?一見普通のキャンプ風景ですが、何だか妙に豪華にみえませんか?実は「グランピング」とは、アウトドアのスキル...
ピザが好きで好きでたまらない!もう一時も離れたくない…。そんな食いしん坊のためだけにできたと言っても過言ではないポーチが、米で話題になっています。それがコ...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
ファーストフード業界で繰り広げられているお茶目なテクノロジー合戦。ドローンや無人バイクなど未来ネタで攻めるドミノ・ピザや、店内のトレーにキーボード機能をつ...
ニューヨークのあるピザ屋さんから、一枚2,000ドル(約22万円)もの高級ピザが登場しました。金箔が乗っていていかにも豪華ですが、値段の理由はそれだけでは...
スーパーでよく見かける、3袋1セットの焼きそば麺。たくさん買いすぎて飽きてしまったり、微妙に1袋だけ余ってしまうこと、ありますよね。じつはあの焼きそば麺で...
ネガティブな問題を注意喚起するのに、あえて逆説的にコミカルに伝える手法は、言ってみれば常套手段。世界には思わず吹き出したくなるようなキャンペーン動画がたく...
キャンプをしてみたいけど、道具がない、きっかけとなるキャンパーが周囲にいない……そんな人にぴったりのイベントです!『クライムオン!!2016』で楽しむ“ほ...
アウトドア好きやキャンパーは、気にも掛けないようなテントが開発されました。じゃあ、いったい何の需要があるのか?その機能を知れば、その答えが分かるばかりか「...
このメンツにピクっと反応しちゃったあなたはもちろん、そうでない人も必見です。安心して下さい。動画を再生すれば、圧倒的な“いい感じの雰囲気”が味わえちゃいま...
キャンプ場や指定の河原、公園に行かずと気軽にBBQを楽しみたい。そんなニーズに応えるクッカーがあります。それも環境に配慮したイマドキのもの。なぜなら炭もガ...