家のまわりの「木の数」があなたの収入に影響しているワケ(研究結果)

自然に囲まれ、空気もキレイなところに住むことが健康にいい、というのはスッと理解できるはず。でもそれが「収入にも影響する」と言われたら、ちょっと驚きませんか?

カナダ・トロントの研究チームが指揮し、ネイチャー誌に掲載された研究によると、家の周りに木が多い人(10本以上。つまり緑に囲まれた環境にいる人)は、平均して7歳ほど自分のことを若いと感じていて、さらに年収においては最大で10,000ドル(約100万円)ほど多かったといいます。

収入が1%増えると
1.76%緑化が進む?

021a7347498b02f90744bddeee9e1166b4b12fcf

アメリカ農務省によれば、国民ひとりあたりの収入が1%増えると、緑地の需要が1.76%アップし、逆に収入が1%減少すると1.26%ダウンするとか。

たとえば、お金持ちが広大な土地を購入して、そこで木々を育てることは想像できますが、一方で公有地の場合も、多くの税制基盤を持つ街ほどたくさんの植樹と管理が行える、ということに紐付いてきます。

緑はこうして「収入」に
つながっている

87a14a4c4f6fe438a28edba6767692bf02fb38ab

Lifehack」によれば、周囲に木が多いことで、冷暖房費が抑えられる、自宅に庭があると資産価値が最大15%高くなる、景観の良さが消費意欲を最大で12%高める、といった要因が挙げられる、とのこと。

さらにこんな見解も。木に覆われたスペースを持つオフィスは人気が高く、お昼や休憩時に木陰でランチをしたり散歩をする社員は、ストレスも減り、より生産的になります。一方で、デスクから緑が見えない社員が不調を訴えるケースは23%も高くなるそうです。

果たして、緑が多いから収入が増えるのか、収入が多いから緑が増えるのか普段、何気なく接している「木」の存在は、私たちが思っている以上に生活の質を高めることに影響しているようです。

Reference:nature.con, Lifehack
かっこいいのに頭が良くてモテモテで、社会に出てからも高収入で…なんて人、そうそうお目にかかれるものじゃありません。そもそも「ルックス」「学力」「収入」に相...
インタビュアー(以下I):おいおいお前たち、なんで木に登っているんだ?ヤギ(以下Y):僕たちが住むのはモロッコのサハラ砂漠地帯なのだメ〜。I:砂漠が何か関...
ライターSteven Bancarz氏が、自然がもたらす不思議な力を「Spirit Science and Metaphysics」にまとめています。都会...
昨今、「貧しくはないけれどお金持ちとは言えない」、いわゆる中流階級の層が狭まり、二極化が始まっています。お金持ちか貧乏か…もしも、前者を望むのであれば、「...
デザインスタジオ「town.and.concrete」が発案した木を伐採せずに建てられるシリンダー型ハウス。フランスのリヨン近くにある森に建てること考えた...
ニューヨーク大学の研究によると、経済的地位の高い人ほど街中のホームレスや他人に目をやる時間が無意識のうちに短くなるとのこと。経済的に恵まれている人が周囲を...
将来玉の輿に乗りたいと思っている女性は、イケメンとナルシストはやめておいたほうがいいという研究結果があります。必ずしも全員に当てはまるわけではないけれど、...
お金持ちになりたいなら、まずは「思考の切り替え」が必要です。作家であり、金融についての情報を発信するメディア「moneyminiblog」の代表を務めるK...
「緑や自然の中に身を置くと、なんだか穏やかな気持ちになるな〜」。そんな感覚は、多くの人が体験値として持っているでしょう。「HIGHER PERSPECTI...
まるでおとぎ話のようだが、確かに実在している木だ。開発したのは米・シラキュース大学の美術教員であるVan Aken氏。そのきっかけとなったのは、2008年...
家の真ん中にシンボルツリーを植樹したデザインハウスを目にしたことがある人でも、このツリーハウスのインパクトは絶大のはず。なぜなら、こちらは自然の木々が生い...
チリ人クリエイター、Sebastian Errazuriz氏が生み出した本棚「Bilbao」。コレがなんと、彼が道で拾った枝木で作られているというのだから...
2016年4月12日から17日にかけて、イタリア・ミラノで開催される「ミラノデザインウィーク2016」。このデザインの祭典に、トヨタ自動車が出展するコンセ...
母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Ma...
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
野外フェスが本格的にシーズンインするこれからの季節。ライブ好きのみなさんを「科学のチカラ」が後押ししてくれそうです。Science alertの記事による...
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
COP21。地球環境の行く末を世界のリーダーたちが、一同に介して議論していた同じ時、パリを象徴するモニュメントから、世界へ向けて発信されたもうひとつのプロ...
「Breathe(呼吸をする)」と名づけられた家。こちらは、プロトタイプとしてミラノ・サローネ国際家具見本市において、2017年4月4日から9日まで期間限...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。