金持ちほど、他人が「見えていない」という研究結果

マンガ『ベルサイユのばら』では、貴族のオスカルが初めて平民の少女の家で食事をしたときに、豪華絢爛な宮殿の料理と、味も具もない庶民の家のスープの差に、フランス内の貧富の差を初めて生々しく感じてショックを受けるシーンがある。

これはフィクションの話だけれど、昔から貧しい人と豊かな人がどれだけ別世界にいたのかがわかるエピソードは、世界中にたくさん散らばっている。

じゃあ、今の時代はどうだろう?ネットの普及でだいぶいろんな階層の人がお互いに交流できるようになった。でもニューヨーク大学の研究によると、そんなに変わっちゃいないみたい。

リッチな人には周りが“見えない”

B2623f47658c43cd6b466afe10eb58e8de518de1

マンハッタンの街で行われたこの実験。<Google Glass>をつけた被験者が街を歩き、どんなものに無意識に目をむけるかをチェックするというものだ。そして彼らが「自分はどのくらいの経済的地位にいると考えているか」についても質問をして、目線と経済的地位の関係を調べたんだそう。

すると、経済的地位が高いと自負している人ほど、路上のホームレスや周りの人に目を配る時間が無意識に短くなっていたんだとか。

無意識に無関心でいること

ポイントは「見てない」じゃなくって「見えない」って点。つまり、別に悪気があるわけじゃないらしいのが興味深い。この原因として考えられることはいくつかある。

まず、お金持ちの人はいろいろなことをしてもらうときに、お金を払って人を雇うことが多いことがそのひとつ。例えば留守にしている間、近所の人に家を「よろしくね」と言わなければならない場合、ご近所づきあいのために普段から人に注意を払わなきゃならない。でもお金持ちは人を雇って警備をつければいいから、特に気にする必要ナシ。実際、お金持ち同士は同じくらいの階級にいても比較的共感力が低いんだそう。

他にも、強者は周囲の状況を気にしなくてもいいけど、弱者は強者や周囲をよく観察していないと生き残れないという、自然界にも似た理由も考えられる。つまりは、強者側には弱者が気にしないければならないことに無関心でいられる「特権」があるとも言えそうだ。

「特権」には気づきにくい?

E196ae25de9698353ad98b47e5c265a684c0f07c

お金持ちをこき下ろすような研究結果かと思いきや、これ、いろんなことに言えそうでちょっとドキっともしてしまう。

例えば人種差別についての活動家としても有名なウェズリー大学のPeggy McIntoshさんは、白人特権について「目に見えない透明なナップザック」と表現しているし、日本人のパスポートが世界の国々でかなり強力な力を持っているという話も。気にしなくていいぶん、自分の特権には気づきにくいということもこの研究結果から言えるのかもしれない。

ちょっぴり過激な実験動画で知られるJohalさん。彼が今回行った実験のテーマは「お金持ちとホームレスのどっちが正直なのか?」。視覚障がい者のふりをしたJo...
作家兼ブロガーとして活躍中のBen Irwin氏が、金持ちの人は気にもしない、貧しい人の20の真実をまとめています。確かに、述べられているのはあくまでもア...
性格の良し悪しが、顔に表れるというのは本当だと思う。眉毛の位置とか、目尻が上がってるか下がってるか、とかね。だけど最近発表された論文ではなんと、「お金持ち...
オンラインメディア「Lifehack」の「お金持ちの節約術」が話題です。ゼロから財を築いてお金持ちになった人は、どのように財産を築いていったのでしょうか?...
お金があれば幸せになれる。そう信じてはいませんか?実は、「お金」と「幸せ」は関係ありません。自著『なぜ日本人は、こんなに働いているのにお金持ちになれないの...
どれだけ頑張ってもお金が貯まらない人。一方で、何もしなくてもお金が集まってくる人。この両者の違いは何でしょうか?お金持ちの人たちを調査する中で、ある共通点...
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
お金持ちになりたいなら、まずは「思考の切り替え」が必要です。作家であり、金融についての情報を発信するメディア「moneyminiblog」の代表を務めるK...
昨今、「貧しくはないけれどお金持ちとは言えない」、いわゆる中流階級の層が狭まり、二極化が始まっています。お金持ちか貧乏か…もしも、前者を望むのであれば、「...
「European Review of Social Psychology」に掲載されたノースウェスタン大学とインスブルック大学による研究・統計によれば、...
「社交不安障害」とは、自身への否定的な評価に強い不安を感じてしまう精神疾患の一つ。かつては「社会不安障害」と呼ばれていましたが、2008年により実態に近い...
目標を達成しようとするときに、内容を周囲に公表する人もいれば、自身の心の中だけにとどめておく人もいます。これは性格やスタンスの違いですが、ある研究によると...
愛想づかしも金からおきる──、なんてことわざもあるように人の縁に金銭問題が少なからず影響を及ぼすことは言うに及ばず。では、「お酒」はどうでしょう?こと恋愛...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
最近、アメリカのメディアを中心にカルチャー化しつつある、「カジュアルセックス」という表現。“一夜限りの関係”とも"愛のないセックス”といった、負のイメージ...
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
自然に囲まれ、空気もキレイなところに住むことが健康にいい、というのはスッと理解できるはず。でもそれが「収入にも影響する」と言われたら、ちょっと驚きませんか...
「美人は得をする」とは、世界共通の“暗黙の了解”。現実には「不平等だ!」と思うことも決して少なくありませんよね。このたび、ある研究において、「学業」におけ...
この問いかけを確かめようと調査を行っているのは、ノースセントラル大学で教鞭を振るうPatrick McNamara博士。ボストン大学で心理学の博士号を取得...
母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Ma...