ミシェル・オバマ夫人の「バラクはもっと友達を作るべき」発言に込められた深い意味。

先日開かれた、オバマ財団主催のサミット。そこでミシェル・オバマ夫人が、「私がファーストレディーだった時は、たくさんの友人が私を支えてくれた。でもバラクにはそういう友達が多くなかった。もっと友達を作るべき」と発言したそう。

「バラク・オバマ、ぼっちなのか…?」と思ったけどそういうことじゃなく、この言葉にはもっと深い意味が隠されていたのだ。

「性の押し付け」は
オトコの首をも絞めつける

社会の性的規範は、女性だけでなく男性を苦しめていることがあります。男の人は「男らしく」「たくましく」なるように育てられる傾向が強いので、あまり人に頼ろうとせずに全部抱え込んでしまうのです。

男の人も、もっと自分の弱みを出して、繊細さを隠さず、人に頼っても良いのではないでしょうか。性的な規範に縛られない社会をつくることは、男性にとっても生きやすい社会をつくることではないでしょうか。

国内最大のリーダーシップを発揮しなければならない大統領であったバラク・オバマは、国の頭としてはもちろん、それ以外の場でも、男として、「独立」していることが求められたのだ。そのパートナーであるファーストレディーには、公私ともにたくさんの支えが自然とついたのにもかかわらず。

まぁね、男だもの。たとえ一番の重圧を背負っていようと、いやだからこそ、「カッコ悪く」ならないようにって思っちゃう時はあるもんだ。でも確かによくよく考えれば、それって根拠のないことなんだな。

「男vs女」じゃ、ない。

そういえばエマ・ワトソンも、3年ほど前から「He for She」という男性が積極的に参加する男女平等の活動を開始・推進している。多くの感動を呼んだ国連でのスピーチの中で彼女が繰り返し強調しているのは、オトコも「性規範の押し付け」の渦中にいる、被害者であり当事者だってことだ。

「フェミニスト」が嫌われがちなように思え、なんとなく名乗りづらいのは、「男嫌い」というイメージがつきまとい、そこに居心地の悪さがあるからではないでしょうか。

これは「男vs女」の問題ではないのです。男は◯◯でないといけない。女は××でないとけない。そういう考えを打ち砕く、一人ひとりの自由のための議論なのです。

男女ともに繊細でも、強くもいられる自由がある。今、対立ではないジェンダーについて考えるべきではないでしょうか。

なるほど、とにもかくにももうお互い、自由になろうよってことなんだ。女だから美しくないとダメ、男はお金持ってるべき…別に逆だってそうでしょ?美しいのもお金があるのも、そりゃあ良いことだろうけど、なんで論拠が性別なの?って。

役職だって性別関係なく、向いている人がやるのがいろんな面で一番いいに決まってる。家事が大好きな旦那と、バリバリ働きたい奥さんがいたとして、なんでわざわざ我慢して逆のことをしなきゃなんないの、って話なんだ。なのに、議論の段階ですでに「男vs女」の対立構造に無意識に立ってしまうのは、確かに矛盾しているように見える。それくらい深い意識で、性別が刷り込まれているんだろうけど。

今まで「僕はフェミニストです」っていうとなんとなく「お前は男の味方じゃないのか」とか「あんたに女の気持ちがわかるか」とか言われそうな気もしてたけど…。女性の権利の拡張が「性の押し付け」を弱めるなら、僕は僕のためにフェミニストでありたい。こう考えるのもアリかもね。

Top Photo by Scott Olson/Getty Images
大統領退任まで、残すところ1ヶ月あまりとなった12月16日(つまり今日!)、Netflixにてバラク・オバマの青春時代を描いたオリジナル映画『バリー』(原...
ここで紹介するのは、デンマークの広告会社がインターネット上でも男女平等を実現しようという目的で行った社会実験動画。内容を知ると、彼らの平等に対する考えがい...
映画『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役でデビューした彼女は、女優としての道を駆け登る傍ら、名門ブラウン大学を卒業。さらに国連親善大使を務めるほ...
 12月24日、ホワイトハウスより毎年恒例のオバマ大統領夫妻による、クリスマスメッセージが公開された。任期中最後のサプライズ演出なのか、ミシェル夫人の振り...
小さい頃から大好きだった『美女と野獣』。実写版を見に行ったけれど、映像や音楽がとにかく綺麗で、2時間があっという間に過ぎていった。先日の「2017 MTV...
ピンク色で連想するのは女性?それとも男性?1900年代初頭まで、「ピンク」は赤の一種とされていて、火やエネルギーを表し、男性と繋がりが強い色だったそうです...
女優業のかたわら、米アイビーリーグの名門校ブラウン大学を2014年5月に卒業したイギリス人女優エマ・ワトソン。彼女が英オックスフォード大学のカレッジのひと...
2017年1月に任期を迎える米オバマ大統領。多忙な業務のなか、日々日課にしているワークアウト時に聴くSpotifyプレイリストが、アメリカ版「WIRED」...
「Oui on Peut!」英語に訳せば(Yes we Can)、聞き覚えのあるフレーズはもちろんあのバラク・オバマの名文句。そのキャッチフレーズを添えた...
次期大統領候補も選出され、いよいよ任期が残り2ヶ月余りとなった現職のオバマ大統領。報道によれば、ホワイトハウスを出た後の住居がようやく決まったそうです。慣...
男女平等の権利を訴える活動は、いま世界各国で行われています。アメリカの独立記念日に際して行われたキャンペーン「#PasstheERA」では、デザイン業界・...
2008年。米・大統領選のシンボルとなった「HOPE」ポスターを作成した、グラフィティ・アーティストのシェパード・フェアリー氏。このポスターは、オバマ前大...
男女平等や女性の社会的権利を訴える方法を考えると、まず思い浮かぶのは「デモ」に参加すること。その他といえば、イラストや写真を使って表現するといったことだろ...
“ガールパワー”をキャッチフレーズに1996年デビューした、イギリス出身の女性グループ「スパイス・ガールズ」。そのデビュー曲『Wannabe』は、世界31...
6月26日、アメリカ合衆国最高裁判所が、同性婚の権利を正式に認めた。今後全ての州で同棲婚が認められ、結婚で得られる税控除などの権利を所有できるようになる。...
女性にとって「生理」は、切っても切れないものです。時に体調が左右されたり、時に理解を得られずに苦しんだり。ドラマ 『SUITS』などで女優として活躍する一...
昔に比べれば、「男だから」または「女なのに」といったジェンダー差別発言は少なくなってきたかもしれません。しかし、男女の見られ方は今もまだ随分違います。そも...
先進国では男女平等の意識が高まりつつあるかもしれませんが、世界にはまだまだ「女の子だから」という理由でつらい思いをしている子どもたちがたくさんいます。ガー...
イギリスで出版され、その後世界中で愛されている『ウォーリーをさがせ!』。子どもの頃、豆粒サイズの彼を一生懸命探した人も多いのでは?しかし、ここで紹介したい...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...