フランス次期大統領にオバマを!「おふざけ」とも思えぬ署名4.5万人分

Oui on Peut!

英語に訳せば(Yes we Can)、聞き覚えのあるフレーズはもちろんあのバラク・オバマの名文句。そのキャッチフレーズを添えたオバマのイメージにトリコロールが異色のこのポスター。

じつはいま、フランスで大詰めを迎えている大統領選の候補に、“ウルトラC”でオバマを担ぎ上げようという動きが。これ、どこまで本気なんだ?

立候補者と見まごう
ポスターが町中に!?

Medium 498737b82620ecd8232efdb47792b1d91bff3582

退任からはや1ヶ月、一部報道によればイギリス領ヴァージン諸島で長期休暇を楽しんでいるというオバマが、仏大統領選に本気で出馬?は、現実からいえばムリな話。原則的に18歳以上のフランス国籍でなければ、いくら元米大統領であろうと立候補できないからだ。

だが、そんなことは百も承知でオバマを求める声がフランス全土から聞こえているらしい。

おふざけで始めたオンライン署名
だが、人々はオバマを望んでいた

不正給与疑惑に、同性愛者との不倫疑惑、スキャンダル続出で混迷するフランスの大統領選。立候補者たちにうんざりした国民たちが、どうやらはじめはシャレのつもりでオバマの出馬を求めるオンライン署名サイトを制作したようだ。

さらには、まるで本当の選挙戦に出馬しているかのような、本格的な候補者ポスターまで勝手につくり、町中に貼ってしまった。その効果も手伝って(なのか)、すでにオンライン署名は現時点で45,500件を突破している。

Tシャツやスウェットなどのノベルティまでわざわざ用意し、もうここまでくると、現実の選挙戦そのもの。サイトにある「100万人分の署名を集めてオバマに直談判しに行きます!」には、さすが届きそうにないが…。それでも、ただの“おふざけ”だけとも思えないのが、このオバマ待望論。

社会統合が限界に達しつつある現在のフランスに、米国史上初のアフリカ系米国人の大統領として、多様性を尊重し続けたオバマの政治力や、メッセージ性を本気で求める声の大きさなんじゃなかろうか。人口から見れば、45,000はひと握りにも満たない数字、でもそこに現代フランス人の悲痛な叫びが聞こえてこなくもない。

Reference:Obama2017
Licensed material used with permission by @anshuman
大統領退任まで、残すところ1ヶ月あまりとなった12月16日(つまり今日!)、Netflixにてバラク・オバマの青春時代を描いたオリジナル映画『バリー』(原...
次期大統領候補も選出され、いよいよ任期が残り2ヶ月余りとなった現職のオバマ大統領。報道によれば、ホワイトハウスを出た後の住居がようやく決まったそうです。慣...
 12月24日、ホワイトハウスより毎年恒例のオバマ大統領夫妻による、クリスマスメッセージが公開された。任期中最後のサプライズ演出なのか、ミシェル夫人の振り...
2017年1月に任期を迎える米オバマ大統領。多忙な業務のなか、日々日課にしているワークアウト時に聴くSpotifyプレイリストが、アメリカ版「WIRED」...
2008年。米・大統領選のシンボルとなった「HOPE」ポスターを作成した、グラフィティ・アーティストのシェパード・フェアリー氏。このポスターは、オバマ前大...
「皆が誇れる大統領に」──、接戦を制した共和党候補のドナルド・トランプは、勝利宣言で高らかにこう表明した。アメリカを二分した今回の選挙を象徴するように、両...
2015年1月11日、パリ中心部に群衆が押し寄せた。同月7日に発生した政治週刊紙「シャルリー・エブド」銃撃事件を受けて、フランス史上最大規模と言える抗議活...
ポケモンゲットで集票も獲得できる?日本よりも一足先にアメリカでローンチされた「ポケモンGO」。その爆発的人気は、米大統領選にも影響を与えようとしている。ヒ...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
2015年10月26日、南米・ウルグアイからフランスへと向かう飛行機の中で、17歳のフランス人少女が重篤なアレルギー発作を起こした。乗り合わせていた2名の...
10月25日より、3日間の日程で来日中のフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領。麻薬撲滅戦争を掲げ、今年6月30日に就任以降も、歯に衣着せぬ物言いで存在感...
アメリカ国内だけでも11,000以上の店舗数を誇るスターバックスが、11月1日より新たなデザインのカップでの提供を始めました。おなじみウェービーヘアのサイ...
「もし大統領になったら、どんな問題を解決したいですか?」。人気動画「0-100」は、0歳から100歳までに同じ質問を投げかける企画。このたびの問には、貧富...
6月26日、アメリカ合衆国最高裁判所が、同性婚の権利を正式に認めた。今後全ての州で同棲婚が認められ、結婚で得られる税控除などの権利を所有できるようになる。...
大統領選挙中からトランプ氏が訴えていた、アメリカとメキシコの国境に壁を建設するという主張。現実離れして聞こえますが、当の本人はいたって本気でその必要性を訴...
しあわせやよろこびを他人と分かち合うことを、フランスでは「partagé(パルタージュ)」という言葉を用いて表現します。口にしてみると、口角がキュッと上が...
毎年、世界中でおよそ300億トンもの野菜や果物が廃棄処分されています。このなかには商品として店頭に出荷できない、見栄えが悪くいびつな形をした、いわゆる規格...
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
「Co.Exist」の記事よると、フランス政府は「620マイル(約1,150km)のソーラーロード建設」を予定していて、もし実現すれば人口の8%にあたる約...