米・最高裁が全米50州で同性婚を認める判決。禁じる州は憲法違反に

6月26日、アメリカ合衆国最高裁判所が、同性婚の権利を正式に認めた。今後全ての州で同棲婚が認められ、結婚で得られる税控除などの権利を所有できるようになる。

ニューヨーク・タイムズ」誌によれば、今回の審理は、これまでに同性婚を禁じる決定を下していた4つの州(オハイオ、ミシガン、ケンタッキー、テネシー)が、憲法に反していないかどうかの是非を問うものだった。同性婚と言えば、宗教観など様々な議論があり、アメリカでは世論を二分する大きな問題。今回の判決に関しても、判決は5対4と僅差だった。

Twitter上では、バラク・オバマ大統領を筆頭に数々の著名人がコメントを投稿、ハッシュタグ#LoveWinsが爆発的に拡散している。

「平等な世界に向けた大きな一歩だ」-バラク・オバマ
「歴史的な勝利を誇りに思う」-ヒラリー・クリントン
「愛の革命が始まった!」-マドンナ
「どんなに罪悪感や不安に駆られても諦めなかった。どれだけ辛かったことか。お祝いと癒しの時だわ。みんな誇りに思う 」-レディ・ガガ
「アメリカ人であることを誇りに思う。愛はレッテルや偏見を乗り越える!」-ケイティ・ペリー
「50州全てだ!なんてハッピーなんだ。みんな、時代は変わったんだね。凄く長い道のりだった…」-サム・スミス
「平等への愛と忍耐が勝利した日だ」-ティム・クック

shutterstock_129702584ホワイトハウスはLGBTを象徴するレインボーカラーでライトアップされ、Facebookはプロフィール写真にカラーフィルターをかけられる機能を実装。日本でも多くの人々がアカウントの画像を虹色に変えている。

以前、保守派のカトリック教会が大きな影響力を持っている国アイルランドでも、世界ではじめて国民投票によって同性婚が認められ話題になった。しかし、アメリカ全土で同性婚の権利が認められたことは、それ以上に世界に大きな影響を与えることになるだろう。

Reference:The New York Times

アメリカ国内では、同性婚の合法化が進んでいる。2014年の10月7日、アメリカにおいて新たに6つの州で同性婚が合法化することが決まった。新たに加わったのは...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
2015年6月、アメリカ全州で同性婚が認められたことは大きな話題になりましたが、そこに至るまでは長く険しい道のりがありました。1月30日に公開された『ジェ...
アイルランドで同性婚の権利が正式に認められた。5月22日に同国で行われた国民投票は、同性婚を認めるための憲法改正について、その是非を問うものだった。現地メ...
アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。同性愛...
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...
ニコさんとマイケルさんは、恋人同士。このジムで出会ったふたりは、今日も仲良くトレーニングをしています。すると突然ビヨンセの曲がかかり、トレーニングをしてい...
同性愛について、個人の考えや宗教、または政治的、社会的な見解を混ぜてしまうと議論は終わらない。しかし遺伝子的にみるとどうだろう?と説明するのがこの動画。こ...
オーストラリアで同性婚に反対する団体は、IT'S OK TO SAY “NO” (ノーという意見表明をしてもいいのですよ)という意見広告を掲げた。それに対...
2015年5月、スコットランド政府が「学校の科学の授業で天地創造論を教えるべきではない」と公式に発表し話題になった。天地創造論とは、神が万物を創造したとい...
オーストラリアにあるほとんどの「BEN & JERRY'S」では、チョコチップをダブルで下さいとオーダーすれば、ごめんなさいと拒否されてしまうそう...
毎年、米国の首都ワシントンD.C.で行われるLGBTの祭典「キャピタル・プライド・パレード」。今年は、トランプ政権の保守的な反LGBT政策に抗議する形で、...
 12月24日、ホワイトハウスより毎年恒例のオバマ大統領夫妻による、クリスマスメッセージが公開された。任期中最後のサプライズ演出なのか、ミシェル夫人の振り...
「Oui on Peut!」英語に訳せば(Yes we Can)、聞き覚えのあるフレーズはもちろんあのバラク・オバマの名文句。そのキャッチフレーズを添えた...
2015年6月26日、アメリカが同姓婚を合憲とする判断をした瞬間、世界各地ので多くの人々が、歓喜に湧き、抱き合い、こぶしを突き上げました。その様子は、一夜...
ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、...
2017年1月に任期を迎える米オバマ大統領。多忙な業務のなか、日々日課にしているワークアウト時に聴くSpotifyプレイリストが、アメリカ版「WIRED」...
女性ライターのZara Barrieさんが人気を集めている理由は、その赤裸々な語り口調がとてもリアルだから。とくにセックスやLGBTについての記事は、米メ...
東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業直後は住友銀行に就職。働いているうちに「自分自身でないもののフリ」をし続けて生きていることに気づき...
大統領退任まで、残すところ1ヶ月あまりとなった12月16日(つまり今日!)、Netflixにてバラク・オバマの青春時代を描いたオリジナル映画『バリー』(原...