米・政府が「同性婚」を新たに6つの州で認める!

アメリカ国内では、同性婚の合法化が進んでいる。

2014年の10月7日、アメリカにおいて新たに6つの州で同性婚が合法化することが決まった。新たに加わったのは、アラスカ、アリゾナ、アイダホ、ノースカロライナ、ウェストバージニア、ワイオミングの6つの州だ。

異性婚と同じ権利を得た!

Medium 464784d6e1f14add82c21c5c847e903031732db2

合法化されることにより、同性婚でも異性婚と同じ法的権利を有するようになった。つまり、今まで受けることが出来なかった社会保障などの制度が適応されるようになったのだ。

これで同性婚が認められたのは35州。アメリカは全部で50の州から成り立っており、合法化した州はすでに過半数を大きく上回っている。

このような流れを作り出したのは、2012年のオバマ大統領による同性婚の支持の表明と、それを支持した国民による大統領の再選が大きいと言われている。

違憲と判断された「結婚防衛法」

Medium a9d61dbe3b1dd6b765dd91e2ebefdd70c07e866c

アメリカでは同性婚を拒む法律があった。1996年に制定された「結婚防衛法」だ。この法律では、同性婚を婚姻関係とは認めていなかった。しかし、2013年に米最高裁がこの法律を違憲と判断した。

多くのセレブたちも支援している

アメリカの著名人たちにも、同性者を支援している人は多い。

例えば、アーティストのレディー・ガガは、「揺るぎない同性愛者への支援」によって、オーストラリアのシドニー市なら名誉市民の称号を贈られている。また、ハリウッド俳優のブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーも同性婚を支持していることで有名だ。

また、この同性婚の合法化への流れはアメリカだけのことではない。現在、合法化されている国は増えているのだ。

例えば、オランダ・ベルギー・スペイン・ノルウェー・スウェーデン・ポルトガル・アイスランド・デンマーク、フランス。南アフリカ共和国 ・ニュージーランドなど、多くの国々ですでに合法化されているのだ。

Reference:MTV news
6月26日、アメリカ合衆国最高裁判所が、同性婚の権利を正式に認めた。今後全ての州で同棲婚が認められ、結婚で得られる税控除などの権利を所有できるようになる。...
2015年6月、アメリカ全州で同性婚が認められたことは大きな話題になりましたが、そこに至るまでは長く険しい道のりがありました。1月30日に公開された『ジェ...
ニコさんとマイケルさんは、恋人同士。このジムで出会ったふたりは、今日も仲良くトレーニングをしています。すると突然ビヨンセの曲がかかり、トレーニングをしてい...
2015年6月26日、アメリカが同姓婚を合憲とする判断をした瞬間、世界各地ので多くの人々が、歓喜に湧き、抱き合い、こぶしを突き上げました。その様子は、一夜...
アイルランドで同性婚の権利が正式に認められた。5月22日に同国で行われた国民投票は、同性婚を認めるための憲法改正について、その是非を問うものだった。現地メ...
今年、新たにLGBTの人たちにとって歴史的な一日となった日がある。毎年、世界各地で盛大に開催される性的マイノリティの権利と文化を讃える「プライド・パレード...
「軍隊にいるボーイフレンドのプロムに行ってきたよ!」モデルとしても活躍するMax EmersonさんがInstagramに投稿した恋人とのツーショット写真...
2015年5月、スコットランド政府が「学校の科学の授業で天地創造論を教えるべきではない」と公式に発表し話題になった。天地創造論とは、神が万物を創造したとい...
やっぱり世界は広い!こう思う以外、解釈しようがない話題を。なんとオランダでは、自動車教習の代金を“カラダ”で支払うことができる、らしいのです。はたして、こ...
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
11月12日、大統領選挙後の混乱をうけて、ニューヨークのアンドリュー・クオモ州知事が自身のSNSに力強いメッセージを投稿し、注目されています。ニューヨーク...
女性ライターのZara Barrieさんが人気を集めている理由は、その赤裸々な語り口調がとてもリアルだから。とくにセックスやLGBTについての記事は、米メ...
僕は21年間、ゲイとして生活してきました。こう語るのは明治大学3年生の松岡宗嗣さん。彼は現在、LGBTに関する出張授業等を行うNPOで活動中。その目的は、...
海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉...
ヒップホップやスケーターカルチャーとリンクした、少しルーズな服装を好む人々にとっては心外な法律である。いわゆる「腰パン」が、アメリカの一部地域で違法となっ...
ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。ここ...
同性愛者であると両親に告げるのは、かなりのエネルギーが必要だということは、想像に難くありません。米ニュージャージーに住むKinsey Ratzmanさんも...
途切れのない輪の形から、「永遠」の象徴とも言われている指輪。婚約指輪や結婚指輪はとりわけ、特別な意味を持ちますよね。完全な輪になっている指輪が多い中、オー...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
桜が綺麗な国は決して日本だけではありません。そのことはもはや、多くの人が知っているはず。特にワシントンD.C.のそれは、日本から贈られたものとして有名。今...