ボクと彼にとって、結婚式は「どうしても外せないもの」だった。

2017年2月18日、僕はパートナーの男性と結婚式を挙げました。それからすでに半年が経過。その間に近隣では、台湾、さらに欧州でもいくつかの国々で婚姻制度の平等化が始まりました。いま、G7で婚姻制度の見直しがされていないのは、いよいよ日本だけ。

僕たちのような同性カップルは、紙一枚で婚姻を交わすことはできません。それゆえ家族や親しい友人たちだけでなく、公然と誓うことができる「人前式」を選びました。僕たちの結婚が、世の中にどんな意味や影響を与えるか。僕にできることは、こうして伝えることだと思ったのです。

これまでも、秘めやかに
同性婚は行われていた

32917224032ccc6b7b3c225522a60c0afb346dee

10年ほど前、ずいぶん年上の友人に結婚式を挙げた人がいます。見せてもらった写真の舞台は軽井沢でした。実のところ、同性婚は「LGBT」や、「セクシャルマイノリティ」なんて言葉が登場するずっと前から、ここ日本でも秘めやかに行われていたのです

彼からは、式を予約した後、会場スタッフに事細かく事情説明をして、二人の関係を理解してもらう必要があると聞かされていたので、当時と比べれば、随分と結婚式の挙げやすい世の中になったとは思います。写真のなかで微笑む二人の幸せそうな姿に、豊かさとか穏やかさを覚えました。いつか自分たちもこうして喜びあいたいと心に秘めたのを、今でも覚えています。

結婚式を挙げたい!

Ac0c9d1d78d1832f3426a75458021102fe4a4763

波風のない恋愛なんて、楽しそうでも幸せそうでもないように思えます。だから、普通の男女の恋愛と同じように“鮮度”は大事にしたくて。毎日がイベントのような時間を歩んできた僕たち二人にとって、何となくですが、数年付き合ったネクストステージは結婚…といったところだったんじゃないかと。

パートナーを“ストレート(男女間の恋愛)”の友人たちに紹介したのも、後にも先にも彼だけでした。手垢のついた表現ですが、彼に「ビビッ」ときてしまったんです。だからかある日、こんな言葉が私の口からこぼれていました。

自分たちにも対応してくれるブライダルサロンがあるらしいから、見に行かない?

強いて言えば、これがプロポーズだったのかもしれない。いくつかの候補から、自分たちのテーマカラーであるブルーとグリーン、それぞれが好きな配色が散りばめられた式場を選びました。

性の“抑止力”としての
婚姻制度

こうして式場が決まりサインをして、最初の打ち合わせの日まで三ヶ月になった頃から、二人の関係性とか周りとの繋がり方とか、あるいは自分やゲイの生き方に対して、これまで以上に考えるようになっていました。

婚姻には、理性と向き合うことも含まれていると思うのです。男性同士の場合、過去の自分も含めて性の乱れは著しくて…。きっと、僕たちにとってのセックスは、みなさんの“カラオケ感覚”なんだと思います。

婚姻関係を結ぶことが、こうした乱れのストッパーとして有効に思えてならないのです。とくに私たちの間でいまだに使われる「ハッテン場」で、性欲に負けてしまう人も少なからずいる。ストレート男女のようなシナリオがあることによって、防ぐことのできる性病は必ずあるはずなのです。

婚姻制度の平等化がされたとき、そこで初めてストレートのように、節度ある性思考になるような気がしています。誰かに見られているかもしれないという意識が芽生えることで、ウイルスや病気感染への抑止力ともなり、自身のモラルを見つめ直すきっかけにもなるのでは、と。

結婚とは
「制約と責任」

結婚式当日、僕たちはいくつかのメディアをお招きしました。その記者たちから出た質問に対し、反射的に口をついた言葉があります。

「僕たちにとって、結婚とは制約と責任です」

この言葉は、あらゆる媒体を通じて社会に出ることで、言葉以上に強みを増し、いっそう二人を強く結びつけるものとなりました。

61dd16b561ae6ddf1cfb1287ef794bd8623d72c4

結婚の報道がきっかけで、これまでカミングアウトしてこなかった取引先の方々からお祝いのメッセージをいただいたり、新宿2丁目の行きつけの店のママたちからも、手厳しい祝福の言葉をもらったり。

「おめでとうアンタ。なんで式に呼ばなかったのよ」

「もうよそのオトコと遊べないし、私がちゃんとアンタのこと見張ってるわよ!」

なんて、からかい半分に。祝福してくれている気持ちがとても伝わってきました。

いわゆるストレート夫婦で、夫が家庭に縛られたかのように丸く小さくなっていく理由がわかった気もします。でも僕にとっての結婚とは、縛られるものとか禊(みそぎ)とかではなく、やっぱり“制約と責任”。それも二人だけではなく、社会と結ぶことになる概念ではないかって思うのです。なぜなら自分の知っている方々が、自分たちをしっかり見守ってくれている安心感や幸せが、そこにあるから。

みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
結婚式の夢は日々の恋愛感を表していることが多いのですが、その意味は見た人の置かれている立場や心理的状況によってがらりと変わります。未婚で結婚願望が強い人が...
毎年、米国の首都ワシントンD.C.で行われるLGBTの祭典「キャピタル・プライド・パレード」。今年は、トランプ政権の保守的な反LGBT政策に抗議する形で、...
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
誰かを好きになって、その人と共に生きていくことは、幸せながらもとても難しいものです。恋愛はいくつになってもわからないことばかりだからこそ、いつも新しい発見...
今年、新たにLGBTの人たちにとって歴史的な一日となった日がある。毎年、世界各地で盛大に開催される性的マイノリティの権利と文化を讃える「プライド・パレード...
「軍隊にいるボーイフレンドのプロムに行ってきたよ!」モデルとしても活躍するMax EmersonさんがInstagramに投稿した恋人とのツーショット写真...
僕は21年間、ゲイとして生活してきました。こう語るのは明治大学3年生の松岡宗嗣さん。彼は現在、LGBTに関する出張授業等を行うNPOで活動中。その目的は、...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
「YourTango」の女性ライター、Liz Pardue-Shultzさんが綴った自身の結婚についての経験談が、話題を集めています。以下に彼女のコラムを...
ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
素敵なウェディングカードを見つけました。初めは、そのデザインに惹かれたのだと思いました。でもしばらくして、そっと込められた意味に気付いた時、もっと魅力を感...
上空10,000メートル!航空機の中で結婚式を行ったカップルが話題に!More ABC US news | ABC Health News2014年11月...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
「新しい価値観や制度が生まれるのはいつも都会だから、田舎で暮らしたくても、LGBTの仲間を求めると上京するしかない」そう考え、あまり好きでなくとも都会へと...
「県外で行われた友達の結婚式で意気投合」「SNSで知り合って」など、出会いかたもいろいろあるもの。なかには最初の恋愛が遠距離だったという人もいるでしょう。...
大切な人との大切な時間、場所、思い出を写真に残しておきたい。それはみな同じ想い。とりわけ結婚前のふたりならば尚のことでしょう。ここに紹介するのは、ノースカ...