「嫉妬」を「しあわせ」に変える4つのメソッド

他人にハッピーなことが起きたのに、どうしても素直に喜べないときってありますよね。とくに、自分がうまくいかないことを人が簡単にやってのけていたりすると「どうして私だけ?」「なんであの子が?」と嫉妬してしまうことも。

あるブロガーは、自分の嫉妬についてこんな風に綴っていました。

「数年前、親友から妊娠の報告を受けたの。私は適切な言葉で、適切な感情を示して、その場に合わせた興奮をしてみせたわ。でも、笑顔で喜びを表現するたびに、私の中の何かが壊れていった」

このブロガーは、妊娠を望んで4年以上経つのに恵まれないままでした。「まだ子どもが欲しいかどうかわからない」と言っていたはずの友人は、避妊をやめてから1ヶ月そこそこで妊娠。それは不公平だと感じ、ひとりになった途端に泣いてしまったのです。

結婚、妊娠、出産などは、女性にとってすごくセンシティブな悩みです。妊娠した友人が悪いわけじゃないってわかっていても、どうすることもできない感情があります。

そんな気持ちに「I Heart Intelligence」の女性ライター、Dondi Leighさんが4つの心の整理法をまとめていました。できれば嫉妬せず、ハッピーな心で過ごしたい、そんな女性の悩みに答えます。

01.
自分の気持ちを
認めてあげる

2b188acb616872c913cfe5677ccfcc83dd76225a

嫉妬って、とてもパワフルな感情だから、簡単には無くならないの。無理になかったことにしようとしちゃうと、かえってたくさんの嫉妬を抱えこむことになるわ。

嫉妬の気持ちを減らす一番の方法は、自分の気持ちをそのまま受け入れてあげること。嫉妬をしているからってあなたはダメな人でもなければ、間違ったことをしてるわけでもない。

むしろ、そういう気持ちだって大事にしていいの。嫉妬の気持ちを認めてあげれば、あなたに無理にしがみつこうとはしないわ。

02.
嫉妬がどこから来ているのか
考える

34a3ae4e7b3792a710d985879f5d8871f3f69083

嫉妬の気持ちって、本当の出処は友達からの良い知らせではないはず。さっきのブロガーの話もそうだけど、彼女は友だちが妊娠したことが本当にイヤだったわけじゃなくて、自分がなかなか子供を授かれないっていうことに打ちのめされて、惨めな気持ちになっちゃったのよね。

友だちの妊娠は、その気持ちが表に出てしまうきっかけをつくったにすぎないの。自分の嫉妬心が本当はどこから来ているのかがわかれば、もっと気持ちを処理しやすくなるはずよ。

03.
嫉妬を抱えたままでも
友好的に

1135b27734774e5aa1c481ee0fc81296619176a3

人生は、欲しいと思っているものが手に入らないことばかり。でも、自分に与えられているものをどう使うかは、あなた次第よ。さっきのブロガーの女性が、友人の妊娠報告に喜んだ反応を見せたのは、本当に良い判断だったと思うの。

だってもしも怒り出しちゃったりしたら、後々お互いにの関係が気まずくなるのも予想がつくわ。嫉妬も本心かもしれないけど、友だちに子供ができて嬉しい気持ちになったことだって本当だもの。

04.
嫉妬の出処を
解決するために行動する

66ce5ecc1dcdfbc6b4459bfdfd66d97c011a50aa

どうして自分が嫉妬しちゃうのか、って考えることはとっても大切。自分の気持ちとちゃんと向き合わなければ、ネガティブな感情はずっと続くから。さっきのブロガーの場合だと、ネガティブな気持ちを本当に無くそうと思ったら、不妊治療を頑張るしかないかもしれない。

実際、何ヶ月後かに彼女は妊娠して、友人の出産の2ヶ月後に子供が生まれたのよ。彼女たちの友情は、この厳しい試練を乗り越えて続いているの。

自分の気持ちの本当の出処を考えることは、とても重要。嫉妬が完全になくなることはないけど、そこから何かを学ぼうという気持ちで向き合っていったほうが、どんどん「なりたい自分」に近づいていけると思うの。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence
子犬のように人懐こいとされる犬系女子ですが、どのような特徴があって、どんな恋愛をするのでしょうか。犬といえば、飼い主に忠実とされる動物です。犬系女子と上手...
恋人に好意を抱けば抱くほど感じてしまう、やきもちや嫉妬心。何となく、女性の方が嫉妬するイメージが強いですが、なにもやきもちをやくのは女性ばかりではありませ...
「お一人様」なんて言葉もよく聞きますが、そうな言っても誰かといるときが一番安心できる、という人も多いでしょう。でも学校という環境を離れて社会に出ると、友達...
大好きな彼が自分以外の誰かと連絡をとってる…そんなことを知ったらもやもやした気持ちでいっぱいになってしまいますよね。でも、そんな時、真正面から問い詰めると...
同じ仕事をしているはずなのに、なぜか結果に差が出る。こういうとき、意識していないつもりでも、どこかで他人を妬んでしまうのはどうしてでしょう。「Fox Ne...
「友だち」は何人いますか? twitterのフォロワーや、Facebookの友だちリストではなく、本当の意味での「友だち」のことです。ある研究では、あなた...
「もし、別れた恋人同士が友だちに戻れるなら、2人はまだ愛し合っているか、そもそも最初から愛し合っていなかったかの、どちらかだ」こんな言葉があるように、別れ...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
どうせ「嫉妬する」と分かっているけれど、どうしても他人が気になって比べてしまう人も多いはず。たとえば、いい車や広い家、高い給料など…。そこで「becomi...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
「Elite Daily」のライター、Lauren Martin氏によると「カップルが別れるように、タイミングによっては友だちとも別れたほうがいい」ときが...
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
米・パデュー大学が発表している2つの研究を「I Heart Intelligence」が紹介しています。カップルの関係がうまくいかない理由ってなんだろう?...
キリスト教の「七つの大罪」をご存じでしょうか。傲慢、嫉妬、憤怒、暴食、色欲、怠惰、貪欲。これら七つの欲望や感情を表していて、これを押さえ込むことができない...
三浦将さんの著書『相手を変える習慣力』では、「部下の考えていることが分からない」「結婚していた当初のように夫婦関係を良好にしたい」と、人間関係がうまくいか...
「しあわせ」が、どこか遠くにあるものだと思っていませんか?大切なのは、まず考え方を変えることです。「Elite Daily」の人気ライターPaul Hud...
スマートな男性いわく「男の価値が付き合う人間によって判断されるなら、私は世界で最も裕福な男だ」と。それくらい、あなたの周りにいる人の存在は貴重なものなんで...
「友だち」とは、いったいどんな存在なのでしょうか。人数が大事?それとも、いざというときに頼れる親友が数人いれば大丈夫?リアルで遊ぶ友だちと、SNSだけで繋...
幸せは自分でつくり出すもの──。なんてよく言われていますが、実際これができる人が少ないのは、難しく構えているからかも。もしかしたら、「Thought Ca...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...