意外と知らないパスタのこと。塩を入れて茹でる意味とは?

10月25日は『ワールドパスタデー』です。1995年にローマで「第1回世界パスタ会議」が開催されたことを記念して1998年に制定されました。そこで今回は、ワールドパスタデーにちなんで、意外と知られていないパスタに関する思い違いや豆知識を、美味しそうな画像とともにご紹介します。 

01.
フォークとスプーンを使って食べる

7cc0378612896731b35f877325ccde0fa283a55a

スプーンの腹を使ってフォークにパスタを巻きつけていただく、一見上品な食べ方に見えますが、イタリアではスプーンを使ってパスタを食べるのは子どもだけなんだとか。(スープが多いパスタはその限りではありません)

ちなみに、その昔は長いパスタもなんと手づかみで食べていたそうです!

02.
どんなパスタにも
パルミジャーノをかけて食べる

E645a2b0229d59148cfe8124b1a55db3812044cf

「パスタにパルミジャーノはつきもの!」と思っている人も多いはず。でも、イタリア(特にナポリ)では魚介系のパスタにチーズはかけないんです。一説によると、「チーズは山の幸だから」なんだとか。そもそも削ってかけるチーズも、パルミジャーノ以外にペコリーノ・ロマーノやグラナ・パダーノなど、いろんな種類があるんです。もちろん、それらをかけていただくパスタもあるけれど、いずれにせよ、元々の味が変わってしまうほどかけるのは、あんまりイケてない食べ方なようですよ。

03.
茹でる時に塩を入れるのは
パスタに下味をつけるため

F562c162485ae8e23542e21f31d5747957065c1a

パスタを茹でる時に塩を入れますよね。その目的には諸説あります。パスタに下味をつけるため、コシを出すため、食感をよくするため…でも、みんながあまり注目していないけれど、とっても大切な役割があるんです。それは、味の決め手となる「パスタソースを伸ばす」役割も担っているから。茹で汁の塩加減が、ソースの味も決めるんですね。ま、いずれにせよ、イタリアのマンマは、そんな細かいことをあんまり気にせずパパッと美味いパスタを作っちゃう。それがまた魅力的。

B685db32976e68d4197090c0b87219ae11b73669

「パスタ」って面白い!

それ以外にも、きっとあなたが知らないことがまだまだたくさん、パスタは奥が深い食材なんです。パスタのいろんな画像とともに、パスタについて考えてみましょう。

この世に存在するパスタのメニューは500種類以上とも1,000種類以上とも言われているけれど、私たちが食べたことがあるのって、ほんの10数種類かも?

A8d210c2d640f8db6e335a552fdc25dcc421eccf

ロング、ショート、太い、細い…その形状だけでも30種類以上!

907f4b5cfeb29b120bbc90587b2c1683147572b6

オイル系、トマトソース系、クリーム系…調理法もいろいろ

B5281fa13bec14e951916e3a6bb6a6eba76595794900f3131c2b632507b9b17c3a5141e2eace6261

イタリア人にとっては欠かせない存在のパスタ。第二次世界大戦中のイタリア軍が、水不足のアフリカの砂漠地帯でも、水はパスタを茹でるために使っていた、というジョークがあるほど。

Ff08e6acd54e4ee65b203248c5fcfc18ae3b6f8a

イタリアでは「台所で食べろ!」と言われるほどできたてにこだわります。

E395e5249abe0c324ebf1f24d184c9f852b53300

最後に、誰でも超簡単にできる激ウマパスタの作り方を。

スパゲッティを茹で、茹で上がったらボウルに移す。オリーブオイルをまわしかけ、レモンを絞ってパルミジャーノをお好みの量振りかけて混ぜる。以上で本当のイタリアマンマの味、「スパゲッティ アルリモーネ」の完成です!

余談ですが、イタリアで「美味しい」と表現するときにBuono!(ブォーノ)って言いますよね。あれにはBuonissimo!(ブォニッシモ)っていう最上級表現があります。それだけじゃなくて、じつはさらにその上があるんです。イタリア人たちが、もうどうしようもないほど感動したときに出るひと言。それが「Fine Del Mondo!!!」(フィーネ・デル・モンド!!!)です。意味は、「この世の終わりだ・・・!」
8ef71a59390c4076b07051fd4bfb757df52b5a43

ちなみに…

リーズナブルな価格で、数百万点の画像を手に入れよう。iStock

ここに載っている画像はすべてストックフォトサービス『iStock』からピックアップしたもの。雰囲気重視の画像から、切り抜いたり合成したりと使い回し易い画像、イラストなど、あらゆるジャンルでバリエーション豊富なビジュアルが揃っています。もちろんすべて著作権がクリアされている画像なので、広告やプレゼンテーションにも使用できます。シズル撮影が大変なフード画像もクオリティが高いものが充実しているから、クリエイターの方も、そうでない方もぜひチェックを!

画像を数多く購入すれば1枚当たりの価格がおトクになるし、登録すると週替わりで提供される無料写真、月替りで提供される無料イラストや動画がダウンロードできるので、それだけでも試してみる価値アリですよ。

Ed76fbdd83c63b46ce041738969f3d72584e3529
「Food52」に登場するパスタメニューは山ほどありますが、これまで見てきたものの中で、ここまで貧相なビジュアルのパスタは初めて。紹介者のAnnie Cr...
食べやすく、見た目も華やかなフィンガーフードは、さまざまなシーンで重宝できます。ここで紹介したいのは、米レシピサイト「Allrecipes」に掲載されてい...
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
本場イタリア人が見たら、驚嘆の「マンマ・ミーア!」が聞こえてきそうなこのパスタ。一度目にしたら忘れられない、ド派手なピンク色。間違いなくインパクト大!とこ...
イタリアのイメージが強いパスタ料理ですが、イオニア海を南東に下ったギリシャでも、古くからラザニアによく似た「パスティツィオ」という料理が親しまれてきました...
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
正直いって見た目はイマイチですが、得てしてそういうものの方がおいしかったりするものです。マーケットや屋台でおそるおそる口にする、B級グルメがその典型。それ...
あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライ...
ダイエット中の残念なチョイスを避けるテクニックを、手島奈緒さん著『外食女子のための太らない選択』(サンクチュアリ出版)でチェック。外食時に役立つ知識が盛り...
この時期、居酒屋のお通しで出ることもある「生落花生の塩茹で」。落花生(ピーナッツ)と聞けば乾いているイメージだけれど、新鮮な生のものを殻ごと塩で茹でると、...
2015年10月18日、Twitterに投稿されたいろは@速度制限中さんのツイートには、ほんの少しの工夫で劇的に便利になった「パスタの袋の開け方」が紹介さ...
近年、「太る原因は糖質だった」と様々なメディアで騒がれていますね。 その影響もあってか「パスタは太るから……」と敬遠している人もいると思います。とはいえ、...
ボストン在住のあるネット民のつぶやきから、ツイートを二分するような論争を巻き起こしている「スパゲッティ問題」。もし、spagettiを1本だけフォークです...
カメラの絞りのように、側面にあるレバーをぐぐっとスライドさせていくだけで、人数分(1人〜4人前)が量れるという設計。これは、ちょっと試してみたい!
サラダなどで目にする「カッペリーニ」という名の細いパスタ。トマトやバジルの冷製パスタで目にしたことがある方も多いかもしれません。ただ、どうしても冷製という...
台所にいつも常備してあるツナ缶でも、こんなに奥深い味になるのが不思議。セロリがなければピーマンやパプリカ、ニンジンなど加熱して美味しい野菜ならなんでもOK...
公衆トイレを使用する際、便座の汚れが気になって仕方ない!という人、多いかもしれません。中にはトイレットペーパーを敷いたり、事前に便座をふいたりする人もいる...
楽しく食べられて、たくさん元気がもらえる「理想のパスタ」が登場した。毎日、健康的でいたい!って思っても、食材を揃えるのに苦労したり、費用や料理に頭を抱えた...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...