次の旅行で立ち寄りたい「空港にあるバー」8選

旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?

今回は「oyster.com」にまとめられていた、世界各国の空港にある、一度は立ち寄ってみたいバーを紹介します。「そこなら行ったことがあるよ」って人も多いかもしれませんね。

01.
水槽と青い光に癒される
「バブルシーフード&ワインバー」

(アムステルダム・スキポール空港ターミナル2)

Sammさん(@airportfoodie)が投稿した写真 -

熱帯魚が泳ぐ大きな水槽もある店内では、青い光に照らされたバーカウンターが。ここでは、オイスター、お寿司、キャビアも楽しむことができるそう。お値段はちょっとお高めですが、Wi-Fiもあるので長時間楽しめるかも。

02.
世界一混雑する空港で、リラックス
「ワンフリューサウス」

(アメリカ・ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港コンコースE)

At least starting this travel leg right #oneflewsouth #atlanta #kamikaze @atlairport

Une photo publiée par @marletti1978 le

このレストラン・バーがある「ハーツ・フィールド・ジャクソン・アトランタ空港」は、世界で一番利用者が多いと言われ、最も混雑する空港のひとつ。そんな空港の喧騒から離れて、少しリラックスしてみては?お寿司も食べられるみたいですよ。

03.
種類も豊富でアットホームな
「ザ・スリー・ベルズ」

(イギリス・ヒースロー空港、ターミナル3)

品揃えが豊富なこちらのバーは、ビールもワインもカクテルも、たくさんの種類が楽しめます。人気のカクテル、バックス・フィズや、おつまみの種類も多いので文句なしとの声が多数。
 
内装はおしゃれなソファに、テレビ、そして暖炉もあって、アットホームな雰囲気もあり。子供専用のメニューもあるので、子連れでも気兼ねなく入れますよ。

04.
ヨーロッパの空港で唯一の自家醸造
「エアブロイ」

(ドイツ・ミュンヘン空港、ターミナル1&2)

ここはヨーロッパで唯一、お酒を自家醸造しているバー。キッチンではそのプロセスを見ることもできるそう。

気に入ったお酒を見つけたら、小分けの容器に入れてもらって、お持ち帰りもOK。ガラス張りの天井や、ディルンドルと呼ばれる伝統的な服を着ているウェイトレスを見るだけでも、旅行気分が盛り上がります。

05.
飛行機好きにはたまらない
「ランウェイ34」

(スイス・チューリッヒ空港 横Rohrholzstrasse67)

飛行機の格納庫の中にいるような内装は飛行機好きにはたまりません。そして、スイス航空のユニフォームに身を包んだスタッフがあなたをお出迎え。

本物のファーストクラス席を使ったファーストクラステーブルなど、テーマごとに内装が変わるのも特徴の一つ。ウィングウォーカー・バーではテキーラとレモン、オレンジ、ザクロが合わさった「時差ぼけカクテル」がオススメ。

06.
頭上を埋め尽くす地球儀
「ルートダウン」

(アメリカ・デンバー国際空港、コンコースC)

窓からは滑走路を一望でき、店内は丸く湾曲した赤いソファー、天井からぶら下がる地球儀、植物が覆う壁などこれまた個性的。

日本のお酒、ビール、ワイン、ロゼ、カクテルなどが注文できます。

07.
水着を忘れずに!
「プールサイドバー」

(シンガポール・チャンギ国際空港、ターミナル1)

Ddさん(@danniid)が投稿した写真 -

シンガポール・チャンギ国際空港に行くなら水着は必須。空港内にあるアエロテル・トランジットホテルの屋上にはプールとバーがあり、ホテル宿泊客でなくても入場料を払えば誰でも利用することができます。入場料にはタオル、ロッカー、ノンアルコールドリンク付き。

映画館やひまわり畑、バタフライガーデンもあるので、長旅後のちょうど良い気分転換になりますよ。

08.
デザイン家具が楽める
「ローグ・エール・パブリックハウス」

(アメリカ・ポートランド国際空港、コンコースD、4ゲート)

グラフィッカルなデザインの家具と、カラフルなボックス席が特徴のこのカジュアルなバーは、とにかくビールの種類が多いのがウリ。

何杯かビールを飲んで、ちょっと小腹が空いてきたらフィッシュアンドチップスや、ピザ、クラムチャウダーなども楽しめます。

Licensed material used with permission by oyster.com
チェックインカウンターで手荷物を預けたアナタ。身軽になって、いよいよ旅行気分も最高潮。だから、こんなこと考えないかもしれない。預けたカバンがどうやってアナ...
Wi-Fi、飛んでる?いつしか、そんな言葉が海外旅行へ行ったときの決まり文句になりました。とくに、現地に到着してすぐ、空港でインターネットを使いたい人も多...
例えば、羽田空港。保育園やペットホテルも併設されているし、結婚式を挙げることだって可能です。 いまや空港はアミューズメント施設並み。そのトレンドは日本国内...
50万以上の植物に囲まれている空港がある。 2015年3月、イギリスのリサーチ会社スカイトラックス社は、シンガポール・チャンギ国際空港を世界で1番の空港と...
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
子どもにとって、ぬいぐるみとは大切な親友のような存在です。米フロリダ州に住む6歳の少年、オーウェン・レーク君はヒューストンへ旅行に行く途中、大親友のトラの...
空港は、動く生き物だ。メキシコ国際空港をドローンで頭上から捉えた映像。それは新しい視点を私たちに与えてくれる。広大な敷地の上で、テイクオフとランディングを...
出勤前や昼食後、さらには仕事の休憩時に、バーで同僚と軽く一杯。もしこれがお酒だとしたら、当然ながら社会的にNG。というより、そんな時間帯にはオープンしてい...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
2015年12月10日、バレエダンサーのニック・トペテがこの動画をFacebookにアップしたところ、瞬く間に再生回数が650万回を突破!飛行機遅延のあい...
夏本番。ビッグウェーブを求めて、サーファーたちが海へと出かけます、普通はね。ところが、この動画を見てください。完全に街乗りサーフィン。じつはここ、ドイツ3...
道行く人がつい足を止め、気になって見てしまうちょうど良さがキモ。特に奇をてらった内容ではないけれど、なんとなくリラックスできるイラストが日々描き続けられま...
米メディア「TakePart」で、ジャーナリストPadma Nagappan氏が、サンディエゴ国際空港の節水対策に注目した記事をご紹介。記録的な干ばつ被害...
舞台は2016年1月某日の「夜の空港」。離発着が減り、人の往来も少なくなっているトランクレーンで、リアル「人生ゲーム」が仕掛けられました!荷物の下にはサプ...
「日本の公共交通機関は、世界一時間に正確」これは一般的によく言われていることですよね。特に鉄道。1分のズレをも決して良しとしないその姿勢は、多くの訪日外国...
あっては困る旅行中の盗難や紛失。とくに旅行カバンがなくなっては、旅そのものを楽しむどころではありません。そんな、旅行中のトラブルを解決する次世代アイテムが...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
「The New York Times」「Time」などなど、これまでに数々の媒体でイラストを描いてきたクリストフ・ニーマン氏。ポップで知的な作品が人々に...
「あずきバー」は、井村屋株式会社が誇る大ヒット商品。1972年に販売がスタートした不滅のロングセラーです。このたび、そんな名作の“新たな用途”が発見され、...
これでスーツケースへのパッキングは、完璧だ!今回掲載する動画では、スーツケースへのパッキングをスマートに完結させる様々な裏技が紹介されている。しかも量を減...