ペールエールにスタウト…意外と知らないビール「13種」!

ひとえにビールと言っても、ビアスタイル(ビールの種類)はさまざまあって、実際自分にどの味が好みか、なんていうのは実は知らなかったりする。ここでは、マイルドなものから苦いものまで13種類のビアスタイルを紹介。記事を参考に、自分のに合ったものを見つけよう。

バーレイワイン

DMA-バーレイワイン

「麦で作ったワイン」という意味のバーレイワイン。アルコール度数が高く、ワインと同じように樽で熟成させることが多い。カラメルやドライフルーツを感じさせる複雑な香りでフルボディ。甘みが強く濃厚な味わいのビール。

IPA

いま、巷でもっとも注目されているビール。ホップをたくさん使った、グレープフルーツやオレンジのような柑橘系の香りが特徴。ボディはライトボディからフルボディまで。かなり苦いビールだが、その苦みが癖になる。

ポーター

DMA-ポーター

色は非常に濃い茶色から漆黒。ローストモルトから生み出されるココアのフレーバーとほのかな甘みが特徴。苦みはシャープでキレがある。名前は、荷役運搬人(ポーター)が好んだことが由来。

スタウト

DMA-スタウト

色は漆黒、ローストした大麦を使用したスタウトは、深煎りのコーヒーのような香りが特徴。カラメルのようなほのかな甘み、ドライな苦みが持ち味。持ちのいいクリーミーな泡もおいしい。上記ポーターがアイルランドに伝わってできたビール。

ペールエール

DMA-ペールエール

程よいフローラルさとシトラスの爽やかな香りが特徴のペールエール。モルトの甘みが感じられるミディアムボディ。ホップ由来の苦みがバランス良く調和しているスタンダードビールだ。飲み頃の温度は10℃〜13℃と、ちょいぬるめ。

アルト

ドイツ・デュッセルドルフの伝統的なビール。スタイルの名称にもなっているアルト(Alt)とは「年を経た」という意味。色は銅色から濃い茶色。苦みが強く、ホップのアロマとモルトの甘みがバランスよく調和している。

ラオホ

DMA-ラオホ

発症はドイツのバンベルクとされている。ラオホとはドイツ語で煙(けむり)という意味をで、燻製した麦芽を用いて作られる。クローブのようなスパイシーな香りと、鮮やかな燻製香が癖になる。

ピルスナー

DMA-ピルスナー

色は輝くような黄金色。ビスケットのような香りと麦の甘みがあり、のど越しが爽快で、苦みのキレも○。飲み頃は6℃〜8℃。サントリーやキリンなど、日本の4大メーカーがつくっているビールの多くはピルスナースタイル。

ケルシュ

DMA-ケルシュ

ドイツ・ケルン地方のビール。白ワインのようなフルーティさ、シャープでキレのよい飲み口が特徴。
上面発酵酵母を通常よりも低い温度で発酵させ熟成させる伝統的な製法で発酵させ熟成させるという伝統的な製法でつくられる。

ホワイトエール%3CatariName%3E_AS_0779@j.psd%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

オレンジピールとコリアンダー、麦芽化していない小麦を加えたビール。オレンジの爽やかな香り、コリアンダーのスパイシーさ、クリーミーな甘みがある。

フルーツ

DMA-フルーツ

オレンジ、りんご、桃、ブルーベリーなどのフルーツを麦芽に漬け込んだり、果汁として加え醸造するビール。フルーツの香りが高く、ビールが苦手な人も飲みやすいビール。

ヴァイツェン

バナナのような香りや、クローブのようなスパイシーな香りが特徴。小麦麦芽が50%以上使用されている。苦みは少なく優しい味わい。ビールの苦みが苦手な人におすすめ。

ヘレス

DMA-ヘレス 2

色は淡い黄金色。麦芽の特徴が際立っており、トーストしたパンのような味わいを感じさせる。苦みは少なくライトな味わいで、ゴクゴク飲めるビール。

コンテンツ提供元:エイ出版社

Discover Japan 2015年7月号

伝統あるものづくりやデザイン、衣食住や景観など、ニッポンの文化を紹介。その魅力がひと目で伝わる美しい写真と明快な解説で、優れた「モノ」「コト」「ヒト」を通して本物かつ上質な日本を発信します。今号は初の住宅特集です。

次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
埼玉県の小川町に、茶色い屋根の建物が、ぽつんと建っている。「土地と建物は借りているけれど、それ以外のことは全て自分の手で作っています。なんでも自分でやらな...
グラスを変えるとビールが変わる―。そんな想いのもと、約500年にわたって、こだわりのモノづくりを続けるドイツブランド『シュピゲラウ』。実はいま、同ブランド...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
キンキンに冷えたビールが好きな人や、ビールはのどこし!という人からすれば、「温めて飲む」なんて発想は邪道に聞こえるかもしれません。けれどこちら、イギリスの...
古代文明からはじまり、約6,000年の歴史を持つとも言われている、ビール。一般的に手に入るビールから、地域限定のクラフトビール、一部のBARでしか飲めない...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ...
今年9月、日本で本格的にスタートしたパタゴニアの食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」。個体数が豊かで持続可能な群れのみから捕獲し加工したスモークサー...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
世界的なクラフトビールブームの火付け役と言われているアメリカで、その歴史をアーカイブするための人員が募集されています。求人を出したのは、同国を代表する研究...