突然現れる魔性の絶景「ピンク・レイク」を見逃してはいけない。

6499724619d4e373d32243bb45ca79d530480794

世界各地に点在する「ピンク・レイク」。なぜこうなっているのか?バクテリアや塩分などの影響で色づいていると言われており、そこに太陽が当たるとこうやって見えるようです。が、いまだ原因がはっきりと解明されているわけではありません。不思議ですよね。

動画の場所は、オーストラリア南西部にあるEsperance沖、Middle Island。ちなみに、西オーストラリア・Port Gregoryにも同じような湖があり、車で立ち寄れるので行きやすいかも。

そのほかの国なら、セネガル共和国ダカール州にある「ラック・ローズ」や、メキシコ・カンクンから直線距離にして130kmほど北西にある海岸沿いの町、ユカタン州ラスコロラダスの塩田なども知られています(←ここもピンク・レイクから500mのところに美しいビーチあり!)。珍しいのですが、いろいろな場所にあるんです。

なかには、ピンク(湖)とブルー(海)のコントラストが満喫できるポイントもあって、なんとも贅沢な並びを目の当たりにできます。通りがかったら立ち寄りたくなる!のですが、いかんせん周りには林があったりして、近くを通っても気づけなかったりするので要注意。ドローンで撮影した動画を見るとどうなっているのかわかりやすいかも。

うっかり見逃す可能性大!?

上空から見ると、ちょうど隠れちゃっているのがわかります。知らずに通れば通り過ぎてしまうことも。ただ、行った人たちの写真や画像を見てみてください。この絶景は見逃したくない!

Did you know about las Coloradas in Yucatan ? Me neither @jeissonmartin

↠ M A R I S A ↞さん(@marisahampe)が投稿した写真 -

夕方になって日が落ちるほどに湖の色が深く赤黒く見えるため、正午あたりに観光するのがベター。旅行に出かける際は、近くにピンク・レイクがないかをチェックしてみて。塩分濃度が高いところでは、体が大きい人でもプカプカ浮いて気持ちいいそうですよ。

Licensed material used with permission by Jaimen Hudson
西オーストラリアにある「レイク・ヒリアー」やセネガル共和国ダカール州にある「ラック・ローズ」と同じように、ローズ・ピンクに色めく湖がメキシコにあります。こ...
オーストラリア南西部のヒリアー湖は、見ての通り珍しいピンク色をした湖。周囲が砂で縁取られており、さらにその周りは木々が生い茂った森になっています。ここで紹...
2007年に米ルイジアナ州のカルカシュー川で、世にも珍しいピンク色のイルカが発見され話題になりました。そんなピンクイルカが、およそ8年ぶりに姿を現したと米...
本場イタリア人が見たら、驚嘆の「マンマ・ミーア!」が聞こえてきそうなこのパスタ。一度目にしたら忘れられない、ド派手なピンク色。間違いなくインパクト大!とこ...
「Collective Evolution」で、ライターのDanielle Fagan氏が不安症の人に効く3つの方法をまとめています。Fagan氏は、ある...
映画やテレビドラマではかなり誇張されていますが、現実社会にも「魔性の女」はいます。それは決して、見た目だけではわかりません。ちょっとした言動から、男性を虜...
11月6日、オーストラリアのボンダイビーチに突如として現れた雲が、現地メディアやSNSで話題を集めています。「まるで津波が襲ってくるようだった」ビーチ上空...
もしかしたら、これは史上最高の“絶叫”レストラン誕生の予感。いまだかつて、ここまでスリリングな飲食店があったでしょうか?もちろん、絶景付きなことは言うまで...
自転車を駐輪するための自転車ラックは、ほとんどが水平方向。こちらのほうが、より多くの駐輪が可能なんでしょうけど、昇降式のラックの上の段しか空いてないときな...
淡いブルーで描かれた美しい抽象画…と思いきや、実はこれ上空から塩田を捉えた風景写真。撮影したのは、スコットランドの風景写真家Simon Butterwor...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
誰にだって眠れない夜はあるものです。大事なプレゼンの前日、人生の転機、つらいことがあった夜。そんな日は、不安な気持ちがなかなか消えず、モヤモヤしてしまうこ...
地上600kmから超高解像度の人工衛星で世界各地を撮影すると、どのように見えるのか?ベストセラー『奇界遺産』やテレビ番組『クレイジージャーニー』などで注目...
EU離脱か残留か、その賛否を問うイギリス国民投票に全世界が固唾を飲んで見守った2016年6月23日。結果は周知の通り。多くの報道でも伝えられているように、...
街中で、一番多くの人々の視線が集まる場所、それは・・・女性の胸元かも。露出が多い夏などは特にだが、無意識に見てしまっている人も多いのではないだろうか。そこ...
農業ブームなんて言葉もありましたが、いまだに「大変そう」「汚れそう」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、そういったイメージを覆して「...
茨城県ひたちなか市にある「国営ひたちなか海浜公園」は、世界有数の絶景としてしばしば紹介されるほど国内外問わず人気の場所。2016年は、例年GWに見頃を迎え...
NY在住ライターKaylin Pound氏が、“オーストラリア愛”を目一杯盛り込んだ記事を「Elite Daily」に寄稿しました。ニューヨーカーの彼女が...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
例えば、当たり前のような存在の幼なじみとか、お互いが認め合う仕事上の良きライバルとか。性別を超えた関係のはずだった相手に、いまさら自分が恋をしていると認め...