突然現れる魔性の絶景「ピンク・レイク」を見逃してはいけない。

6499724619d4e373d32243bb45ca79d530480794

世界各地に点在する「ピンク・レイク」。なぜこうなっているのか?バクテリアや塩分などの影響で色づいていると言われており、そこに太陽が当たるとこうやって見えるようです。が、いまだ原因がはっきりと解明されているわけではありません。不思議ですよね。

動画の場所は、オーストラリア南西部にあるEsperance沖、Middle Island。ちなみに、西オーストラリア・Port Gregoryにも同じような湖があり、車で立ち寄れるので行きやすいかも。

そのほかの国なら、セネガル共和国ダカール州にある「ラック・ローズ」や、メキシコ・カンクンから直線距離にして130kmほど北西にある海岸沿いの町、ユカタン州ラスコロラダスの塩田なども知られています(←ここもピンク・レイクから500mのところに美しいビーチあり!)。珍しいのですが、いろいろな場所にあるんです。

なかには、ピンク(湖)とブルー(海)のコントラストが満喫できるポイントもあって、なんとも贅沢な並びを目の当たりにできます。通りがかったら立ち寄りたくなる!のですが、いかんせん周りには林があったりして、近くを通っても気づけなかったりするので要注意。ドローンで撮影した動画を見るとどうなっているのかわかりやすいかも。

うっかり見逃す可能性大!?

上空から見ると、ちょうど隠れちゃっているのがわかります。知らずに通れば通り過ぎてしまうことも。ただ、行った人たちの写真や画像を見てみてください。この絶景は見逃したくない!

Did you know about las Coloradas in Yucatan ? Me neither @jeissonmartin

↠ M A R I S A ↞さん(@marisahampe)が投稿した写真 -

夕方になって日が落ちるほどに湖の色が深く赤黒く見えるため、正午あたりに観光するのがベター。旅行に出かける際は、近くにピンク・レイクがないかをチェックしてみて。塩分濃度が高いところでは、体が大きい人でもプカプカ浮いて気持ちいいそうですよ。

Licensed material used with permission by Jaimen Hudson
西オーストラリアにある「レイク・ヒリアー」やセネガル共和国ダカール州にある「ラック・ローズ」と同じように、ローズ・ピンクに色めく湖がメキシコにあります。こ...
オーストラリア南西部のヒリアー湖は、見ての通り珍しいピンク色をした湖。周囲が砂で縁取られており、さらにその周りは木々が生い茂った森になっています。ここで紹...
2007年に米ルイジアナ州のカルカシュー川で、世にも珍しいピンク色のイルカが発見され話題になりました。そんなピンクイルカが、およそ8年ぶりに姿を現したと米...
ピンク色で連想するのは女性?それとも男性?1900年代初頭まで、「ピンク」は赤の一種とされていて、火やエネルギーを表し、男性と繋がりが強い色だったそうです...
初夏に観測できるというピンキーな満月、その名も「ストロベリームーン」。1年で1番カワイイ月が見れるのは、明日6月9日金曜日です!
イングランドの空に変わった虹が出たと言うから、どんな形をしているのだろうと調べてみたら、変わっているのは形じゃなくて色。見ての通り、夕空を背景にした淡い紅...
本場イタリア人が見たら、驚嘆の「マンマ・ミーア!」が聞こえてきそうなこのパスタ。一度目にしたら忘れられない、ド派手なピンク色。間違いなくインパクト大!とこ...
「Collective Evolution」で、ライターのDanielle Fagan氏が不安症の人に効く3つの方法をまとめています。Fagan氏は、ある...
映画やテレビドラマではかなり誇張されていますが、現実社会にも「魔性の女」はいます。それは決して、見た目だけではわかりません。ちょっとした言動から、男性を虜...
11月6日、オーストラリアのボンダイビーチに突如として現れた雲が、現地メディアやSNSで話題を集めています。「まるで津波が襲ってくるようだった」ビーチ上空...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
もしかしたら、これは史上最高の“絶叫”レストラン誕生の予感。いまだかつて、ここまでスリリングな飲食店があったでしょうか?もちろん、絶景付きなことは言うまで...
自転車を駐輪するための自転車ラックは、ほとんどが水平方向。こちらのほうが、より多くの駐輪が可能なんでしょうけど、昇降式のラックの上の段しか空いてないときな...
淡いブルーで描かれた美しい抽象画…と思いきや、実はこれ上空から塩田を捉えた風景写真。撮影したのは、スコットランドの風景写真家Simon Butterwor...
タコス、トルティーヤ、ブリトーなど。人気メキシコ料理の影に隠れ、なかなか口にする機会がありませんが、これもメキシコ人のソウルフード。肉や魚、チーズ、野菜を...
ここまで開放的なバンブーハウスは見たことがないし、正直、泊まってみたい。ビーチで波の音を聞きながら、しっぽりと乾杯してみたいものだ。しかもこのバンブーハウ...
誰にだって眠れない夜はあるものです。大事なプレゼンの前日、人生の転機、つらいことがあった夜。そんな日は、不安な気持ちがなかなか消えず、モヤモヤしてしまうこ...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
何かと話題に上がることが多い、アメリカとメキシコの国境。ここで紹介したいのは、メキシコ側の国境付近で生まれ育ち、アメリカに移住したYonathanとJor...
カメラの前で老若男女、メキシコ人が揃いも揃って「変顔」に挑戦しました。くしゃ顏、キス顏……ん、でもちょっとヘン?もうお分かりのとおり、世界で最も辛いと言わ...