困った企画書づくり「8つのあるある」、解決策を考える

優秀なビジネスマンほど避けて通れないもの、それが「企画書」。新たな価値を創造するチャンスであると同時に、どうにもつまづきやすいのもまた宿命。

今回はそんな企画書作成の「あるある」をまとめてみました。長年企画書と格闘してきたあなたなら、共感すること間違いなし!?

01.「最後がっちゃんこする人」にかかるプレッシャーがハンパじゃない

Medium 56b64845ba7b39de2248ffba9c1e6ccefe93ac3f

プレゼンに向けて企画書作成も追い込み! そんなとき、これまでチームで作ってきた全てをまとめる人にかかるプレッシャーは尋常じゃない。チームメンバーがひと段落している中、ひとりで最後まで仕上げなくてはならないのだから。そんな中、刻一刻とプレゼンの時間は迫ってきて…

【解決方法】

最新版Officeなら、そんな問題も一気に解決。OneDriveにファイルを保存しておくことによって、共同編集ができるようになるんです。最後までチームで取り組んで、完成度アップ!

Medium 348f08a25a658d47b2f9049a25840c2e42a77905

02.みんなバラバラに作業していて「どれが最新版!?」

Medium c19841ac5afbdd870de34dd186963fcbba172772

別々に作業を進めていると、あっちこっちで更新されたファイルがビュンビュン飛び交う。結局どれが一番新しいのかわからなくなった結果、古い方をベースにしちゃって作業のやり直し…なんて悲劇も。

【解決方法】

ここでも役立つのがOneDriveでのファイル共有。ひとつのファイルをみんなで編集するため、いちいちメールしたりする必要もありませんし、混乱とも無縁!

Medium 61cc49d3a56e19d456acf42ee8023b9167b3efdc

03.チームメンバーに聞きたいことがあるのに、電話口だと全然伝わらない

Medium bf945013f20b1f7f21a27b3d02c7562bb4ef8184

どうしても確認しないといけない部分が急遽発生!なんとか電話でチームメンバーに連絡はついたものの、該当箇所が伝わらず。「ここの部分なんだけど」「ここってどこ!?」「いや右上の…」「右上のどこ!?」こんな不毛な会話、経験ありません?

【解決方法】

まずはSkypeでその場で通話。そして画面共有しながら共同編集すれば、悩むことなくスムーズに作業が進みます。まさに百聞は一見に如かず、一目瞭然というやつですね。

Medium cc2f291fbd54face27d7435858e3cf747c81c395

04.書きながら資料を探していたら「窓」の開きすぎでPC激遅

Medium fe8ba8d8ef8cc2bab21039a63879f8a85d932756

企画書を書くには綿密なリサーチが欠かせないもの。インターネットで調べながら書いていたら、PCに負荷がかかって激遅に。作業は進まないし、万が一アプリケーションがクラッシュしてしまったらと思うと気が気じゃない。

【解決方法】

最新版Officeは、スマート検索機能を搭載。ブラウザをわざわざ立ち上げなくても、単語をを確認したり検索することができるんです。正確さは企画書の基本。あたかも最初から全て知っていたかのように、スマートにキメましょう。ただし、コピペは厳禁です!

Medium 8735f294bd240e9d21612d9856c671745797f1aa

05.早く書かなきゃいけないのに頭まっしろ(もちろん企画書もまっしろ)

Medium 0c56a337dec924b9b0fd63882950953713c50a4c

締め切りが迫っているのに、どんな構成にするかどころか、どんな内容にするかもまだ決まっていない。リサーチしているつもりが、気がつけばネットサーフィンに夢中。失ったのは時間、得たものは、まだ何もない。

【解決方法】

最新版Wordには、リサーチ機能が搭載されています。企画の構成や内容を簡単に検索、引用することができるスグレモノ。Wordから離れずにリサーチできるので、集中を乱すことなく作業できます。

Medium 6854ece4561ec25701e4a2b365892fb9cd92ef92

06.企画書一応できたけど、書いてあることフツー、見た目もフツー

Medium 935a912fcb6118a5104da7d665d5f8211f4d1d09

なんとかできた!締切に間に合いそう!でも書いてあること、別に新しくない。見た目もなんだかパッとしない。企画書を作ることが目的じゃなくて、魅力的な企画をアピールするために企画書ってあるんだったよな…。そんな大事なことを思い出すのが大抵締め切りの直前なの、なんでなんでしょう。

【解決方法】

最新版 Power Pointなら、美しいデザインテンプレートが大充実。中身を変えないままデザインだけを変えることができるので、最後の最後にせめて見た目だけでもグレードアップすることができちゃいます。

Medium 33af2705ad3634284bccae5135cff4da2d0957af

07.グラフを作りたかったんだけど、資料の数字がめちゃ細かすぎて時間切れ

Medium e8f575b577323fdac7a36c482cd03212cdb2e9d2

データの可視化は、企画書を含めたあらゆるプレゼンテーションの基本のキ。美しいグラフで客観的にメリットを伝えるぜ!と意気込んだところまではよかったものの、資料の数字を手で入力とか地道すぎるでしょ。結局時間切れ、グラフも中途半端、企画書もボロボロ。

【解決方法】

最新版Excelなら、資料の数字テキストをコピー&ペーストするだけで、パッとグラフが作れちゃうんです。面倒くさい手入力とはおさらばして、もっと創造的で生産的なことに時間を使いましょう。

Medium 7d6b613ffc7c63b44b5a7560e07a920efb8a01ef

08.企画書をギリギリまで詰めたいけど出張先にPC持っていくのはダルい

大事な企画書、最後の最後まで手直ししたいけど、そんなときに限って急な出張が。泊りがけで荷物も多いし、PC持っていくのも重いし大きいしなかなか手間。スマホでできたら便利なんだけどな…

Medium c58f43774f548997f2a71a9d47c15a16fe685bdc

【解決方法】

Office 365 Soloなら、最大2台のWindows PCもしくはMac+2台のタブレット+2台のスマートフォンにOfficeをインストール可能。OneDriveと組み合わせれば、いつでもどこでも企画書の作成・編集が可能に!

Medium a0414dc5a03c9bc8718f1fe6b004b6d8cd34a24b

最新版のOfficeは、どう考えても「買い」

最新版のOfficeは、ここまで見てきたように、作業をぐっと効率的にしてくれる便利機能が満載。しかも、放っておいても常に最新の状態にアップグレードされるので新しく購入する煩わしさからも解放されます。1TBという十分な容量のOneDriveオンラインストレージが付いてくるところも◎。企画書作成の機会が多い人は絶対に「買い」です。

「企画書あるある」経験者のあなた、一挙に問題を解決するチャンスですよ。というより、むしろ企画書作りが待ち遠しくなってくるかも?

もちろん、会社員だけでなくフリーランサーやクラウドワーカーにとっても「働く場所・時間」をもっと自由にしてくれる頼もしい味方になりますよ!

 

Medium a7e49ffd0b26aaec35c11dd342d6d9a62738a1c3
「パパ、犬を飼ってもいい?」子供がそう言いだしたとき、あなたならどうしますか?ここで紹介するパパはなんと、妻と3人の娘に対して13項目にもわたる詳細な契約...
前編に続き、ソフトバンク孫社長の元右腕として手腕を振るってきた、プレゼンテーションクリエーターで書家の前田鎌利さんに、「勝つプレゼン」の極意を伺います。前...
「仕事が忙しすぎて、部屋の掃除や洗濯ができない…」「大きな本棚を買ったんだけど、思ったより組み立てが難しくて…」普段の生活で、こういった“ちょっとした困り...
「ジェスチャー」は、なにかを伝えるために使われることが多いですが、一方で自分の気持ちを盛り上げたり、元気を出したり、ストレスを和らげたりする効果もあると言...
Presented by ZEPPELIN × TABI LABOいつまで「会社の言いなり」で働くの?10年前に当たり前だったことが、今では形骸化している...
書家の活動と平行して十数年に渡り通信業界に勤め、プレゼンテーションスキルにおいては、あのソフトバンク孫社長の元右腕とも言わしめた前田鎌利さん。独立後、昨年...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアソフトバンク勤務時代に、孫正義代表の右腕としてプレゼン資料の作成に携わって...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
会社に縛られながら、苦しんで仕事をする。そんな時代はもう過去のことです。時代の変化とともに、先進的な取り組みをする企業も増えてきました。自分らしくハッピー...
日本科学未来館で2016年3月2日から5月30日まで開催されている「GAME ON」は、ロンドン発の企画展。これまでに世界中で遊ばれてきた数々の「テレビゲ...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
年上彼氏の呼び方で困っている人もいますよね。いつまでも名字に「さん」付けをして呼ぶのも味気ないけれど、かといって、いきなり下の名前を呼び捨てするのも躊躇し...
物事を複雑にとらえたり、余計なことに時間を割いてしまって、要領が悪いと悩んでいませんか?日々の行動や考え方をちょっと変えるだけでいいのです。自著『面倒くさ...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
昔、私はとある大学で心理学の教授を務めていました。私は自分の教えるテーマ、心理学が大好きだったので、皆がこの授業に夢中になるはずだと思っていました。しかし...
キャリアアナリストであるダニエル・ピンクをご存じだろうか?TEDでの「やる気に関する驚きの科学」というスピーチでも話題になった人物だが、その経歴はとても興...