体もお部屋もキレイにしちゃう「重曹」の8つの使い道

お菓子づくりやお掃除に、何かと役立つ重曹。消臭効果があったり、お肌の角質ケアができたりと、ひとつで何役もこなすツワモノなのです。「Little Things」のライター、Johanna Silverさんが紹介していたのは、そんな重曹のありとあらゆる使い道でした。

さっそく見てみましょう。

01.
体のにおいを消臭

Medium 1faf1f1aa04fd059bda1a0425b71fed286816d1f

もしあなたが有害な化学物質を含まないデオドラントを探しているならば、代わりに重曹を使ってみるといいかもしれません。使い方は、脇の下に少しはたくだけ。イヤなにおいとサヨナラできます。敏感肌の人は、肌が荒れる可能性もあるので、まずは少量から。

02.
足の爪の「カビ菌」を
退治する

重曹はアルカリ性なので、酸性のものを中和することができます。とくに足の爪にひそむカビ菌には、とっても効果的。

03.
ヘアブラシをピカピカに

Medium ba8c06e3f51daa75a6075268e83aff291a7ff000

毎日の髪のお手入れに、欠かせないヘアブラシ。実は皮脂や汚れがたまっていたりします…。そんなときは、重曹とお水を混ぜてペースト状にしてみましょう。ヘアブラシに絡まった毛髪を全部取り除いたら、そのペーストを塗り込むだけ。

油などの汚れがみるみる落ちて、買ったばかりのような清潔なヘアブラシに元通りになります。

04.
肌の角質を取り除く

お肌の角質をそのまま放っておくと、毛穴が詰まってニキビの原因に。ケアしたいけど、角質ケアの商品にはいろんな有害な化学物質が…。肌に刺激がないか、ちょっと不安になりますよね。

そこで試したいのは、重曹をつかった角質リムーバー。重曹にお水を混ぜるだけなんです。

05.
歯磨き粉の代わりに

Medium b2ab4a1973fed79afb0c2e7afd3050956c1ac015

市販の歯磨き粉の多くに、重曹が含まれているって知っていましたか?あの重曹のザラついた質感が、キラりと光る白い歯にしてくれるんです。

重曹に、お水、またはレモンの果汁を混ぜてペースト状にしたら、歯磨きをしてゆすぐだけ。白い歯を手に入れたいものですね。

06.
カーペットのお掃除

においが染みついて「そろそろ捨てどきだなぁ」と思っていたカーペット。ちょっと思い止まって、重曹を振りかけてみましょう。ゴシゴシとこすって染み込ませたら、数時間からひと晩、そのまま放置。最後に掃除機をかければ、きっと悪臭も消えているはず。

07.
スポンジの消臭

Medium 3639c7b7869f266f1162a89592a786d5d7d6f2a0

消耗品のスポンジも、どうせなら長く使いたいところ。スポンジがちょっとにおってきたら、重曹とお水を混ぜて、そこに数時間漬けておきましょう。消臭されて、まるで新品同様に。

08.
排水溝の詰まりを解消

汚れやぬめりですぐに詰まってしまう排水溝。掃除するのもちょっとひと手間ですよね。アルカリ性の重曹に酸性のお酢。この2つを混ぜると、化学反応を起こして、詰まった排水溝をキレイにしてくれます。

※本記事では、一部誤りがあったため訂正・加筆しています(2016/11/24 15:00)

Licensed material used with permission by Little Things
エコ掃除にも使えるとして注目されている重曹ですが、どのように使用したらよいのでしょうか。重曹の使い方はとても簡単で、キッチンを中心とした水まわりの掃除に活...
どんなに世間がコーヒーブームに沸こうとも、わが道をいく紅茶党、さらには緑茶をこよなく愛する人々。決して少なくはないティーラバーの方々も、飲んだ後のティーバ...
夏場は飲み物を冷やすのに重宝した「氷」。そろそろ涼しくなってきたし出番は終わりかと思いきや、意外にもたくさんの使い道があるんです。ここでは、女性ライターの...
「ノー・プー」という言葉、聞いたことはあるでしょうか?それは、シャンプーを使わないという意味で数年前から使用され始め、主にアメリカで流行している新しいキー...
観葉植物としての癒し効果だけでなく、タバコやトイレなどのニオイを消臭する──。まさに一石二鳥な「eco-pochi」が、いまジワジワと話題になっているみた...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
できることなら、年明けはきれいな家で、新たな気持ちで過ごしたいものです。年末にやりかけていた掃除のあとが目に入ると少し残念な気持ちになりますよね。今回は、...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「mindbodygreen」において、ライターのCortney Harden氏が、家庭用品を使ってお金を節約する72の方法を紹介しています。曰く、既製品...
月間60万PVを誇る人気ブロガーの、みうさん。自身が実践する「ヨガの教えを活かしたシンプルライフ」は、多くの人からの支持を集めていて、今年7月には書籍『ヨ...
夏が過ぎたからといって、ワキの匂いには油断禁物!実は、厚着をする冬の方がこもりやすいんです…。でも、そんな心配ご無用。「WorldTruth.TV」に、ワ...
お酢さえあればどこでもピカピカ近年、健康に良いとお酢の効果が注目されていますが、実はすごいのはそれだけではありません!まずはこちらの動画をごらんください。...
まだまだ暑いこの季節。お酒を飲むならキンキンに冷えたものが欲しくなりますが、おつまみを「あたたかい」ものにしてバランスをとるのはいかがでしょう。ここでは、...
さつまいもがおいしい季節になりました。定番の食べかただけでなく、せっかくならこんなアレンジはいかがでしょう。ポテトスキンをさつまいもで代用する「スイートポ...
毎日使う場所だからこそ、汚れやすいトイレ。しかし、トイレには便器や換気扇など、様々な設備がついているだけに、掃除も一筋縄ではいきません。意外と知られていな...
最近のオーガニック志向は、口にする食材ばかりか、衣類や化粧品、洗剤や石けんにも。こうした健康ブームを受けて、アメリカで話題となっているのが、自家製歯磨き粉...
汚い部屋だと、探し物をするのに時間がかかったり、変な虫が出たり、悪臭が漂う原因になったりと、デメリットが多いです。そんな悩みを解消するために、きれいに片づ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
シャツやクロスにできた赤ワインのシミを取るのに、イタリアでは「白ワイン」を使うって、意外ですよね?こんな感じに国が違えば“シミ”の抜き方もそれぞれでオモシ...