アメリカ人が答えた「身の回りのクリーニング頻度」多い?少ない?

身の回りにあるものって、どのくらいの頻度でお手入れをするか迷いますよね。使ったあとに毎回洗うものや、定期的に大掃除したほうが良いものなど。

でも、所変われば理想の掃除頻度も違うのかもしれません。女性ライターAngel Changが米・人気サイト「Little Things」にまとめた理想のクリーニング頻度は、日本人的な感覚ではちょっと「?」もありましたが、あなたはどう思いますか?

01.
ベッドのシーツ
週1回

ベッドのシーツの理想の洗濯頻度は、週1回。寝ている間の汗や皮脂がたっぷり染み込み、放置するのはとっても不潔。

02.
バスタオル
3~4回使った後

Fa9d320b8527c3f80e358268325a67fd341ea4e8

バスタオルの理想の洗濯頻度が、「3~4回使った後」というのはちょっとオドロキ。毎回新しいタオルを使いたい日本人としては、ちょっと許容できないかも。さらにアメリカでは「なんでキレイな体を拭いているのにそんなにマメに変えなきゃいけないの?」という感覚の人も多いのだとか。

03.
食器用布巾や台布巾
週1回

食器やキッチンカウンターを拭くための布巾は汚くなりやすいので、洗濯頻度は週1回。1週間も同じ布でお皿を拭くの!?とギモンが浮かびますが、これにはコメント欄のアメリカ人たちも「汚い!」とご立腹。

04.
マットやラグ
週1回

マットやラグを掃除機で吸うのは週1回ほどが理想だそう。これは確かに…と思いきや、彼らは家の中でも土足の場合が多いので、もっとマメなほうが嬉しいかも?

05.
オーブン
6ヶ月ごと

A4fc3fa4ec55a53b3dc772107ddb399cd111ceb0

アメリカの家庭にある大きなオーブン。掃除の頻度は6ヶ月ごとが理想とのこと。

06.
冷蔵庫
3ヶ月ごと

8a16ab05571f505877e7b3f82270537039095a48

冷蔵庫は3ヶ月に1回を目安に、食品をすべて出して大掃除しましょう。

07.
階段や踊り場
週1回

汚れがたまりやすい階段や踊り場の掃除頻度は、週1回。

08.
鍋やフライパン
年に3回

9ac4aba677bd752978d63117b1dcfe47d54440c2

もちろん使うたびに洗いますが、「AllYou」によれば、年に3回ほど屋外で大掃除をするほうがいいとのこと。広い空間でホースを使って、水と石鹸を鍋やフライパンにかけて特別な手入れをしましょう。

09.
財布
週1回

財布をキレイする、という習慣がある人は少ないかもしれませんが、ついつい色々なものを放り込みがちなお財布は、週に1回すべてのものを出して掃除しましょう。いらないレシートやポイントカードでパンパンになっていませんか?

Licensed material used with permission by littlethings.com
アメリカの企業が開発した「Tersa Steam」というクローゼット、単に本来の役割だけでなく、自動で洋服のシワを伸ばしてくれるスチームクリーニング機能付...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
遠距離恋愛で悩んでいる人、いませんか?距離が邪魔すると心が見えない気がして、不安がつのりますよね。遠距離恋愛をうまく続けるコツは、互いを思い合う気持ちと、...
日本には、多くの外国人が観光や仕事で訪れています。2020年には東京オリンピックも開催されるので、さらにその数は増えていくことでしょう。そして彼らはきっと...
中距離恋愛では、なんとか日帰りで会える距離にお互いがいるけれど、移動に数時間かかるため頻繁に会うことができず、様々な悩みはつきものです。遠距離恋愛ほどのド...
どんな仕事にだって、ストレスはつきもの。クライアントの無茶ぶりや、長時間労働、感情的なトラウマなどなど、多くの人がストレス解消法を持ってなんとかやり過ごし...
ジムでワークアウトをしたあとや、旅行のとき。カバン中に汚れた汗臭い服を入れるのはちょっとイヤですよね。そんな悩みを解決すべく開発され、現在Kickstar...
みんながアメリカ人のような暮らしをしたらどうなるのかを、統計を使って調べてくれたのが「AsapSCIENCE」の動画。結果は想像できそうだけど、その数値は...
トロント大学のAmy Muise研究員が、カップルを対象に行った調査で、どのくらいの頻度でSEXするのがもっとも幸せに繋がっているのかを分析しました。たく...
アメリカ50州には、それぞれ州ごとに制定された法律があるのですが、中にはにわかに信じ難いものや、冗談としか思えないようなものも。その一つひとつを、わざわざ...
近年アメリカでは、「小さな家で無駄なく豊かに暮らす」新たなライフスタイルが流行。トレーラーハウスやタイニーハウスで、自分らしく生活する文化に注目が集まって...
取り込んだ洗濯物をすぐにたたまず、バサッと床に置いておくだけでは、せっかくキレイに洗った衣類にまた汚れやシワが付いてしまう。かといってキレイにたたむには、...
パーティや飲み会の場で話の中心にいる人を見たとき「自分もあんな風におもしろくなれたらなぁ」と思ったことがあるかもしれません。「The School of ...
約半数のアメリカ人が異星人やそれに準ずる物の存在を信じていて、そのうちのほとんどの人が、「異星人は定期的に地球を監視するために訪れている」と思っていること...
食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ...
避難訓練に見る、お国柄。写真はアメリカでの非難訓練風景。日本では見慣れないオレンジのマットにくるまる子どもたちは、何から身を守ろうとしているのか? Pos...
日本古来の風習やしきたりなど、自国のことなのに、意外と知らないことのほうがたくさんある、なんてことも。外国人に「あれはどういう意味?」と尋ねられたとき、し...
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
夫婦円満の秘訣は互いに「平等」であること。現代社会においては、夫が稼いで妻は内助の功に徹する、なんて構図の方が珍しいくらいです。じゃあ、掃除や洗濯、料理に...
「私たちは、東西両方の食材の中に共通点を見つけて、自分たちだけの食文化を作っていった。そしてそこにはいつも、あずきがあった」台湾人の母を持ち、アメリカで生...