伝説を継ぐ13歳のスケートボーダー「ISAMU YAMAMOTO」に世界が驚愕

スケートボードを一度も見たことがない、という人は、おそらくいないでしょう。どう乗るのか、もだいたい想像がつくはずです。でも世界には、こんなスタイルもあることをご存じでしたか?

ロドニー・ミューレンの再来

彼は、わずか13歳にして世界レベルとまで言われる「フリースタイル」ボーダー、ISAMU YAMAMOTO。普通に滑るのではなく「こんなこともできるよ、こんな滑り方もあるよ」と、クリエイティビティを競う分野で、世界中から注目されているんです。

このフリースタイルの世界的なレジェンドでもあるロドニー・ミューレンは、11歳でプロデビュー。現在彼は50歳で、長らくミューレンの次の世代は生まれてきませんでした。フリースタイルトリックはミューレンが興したとも言われるほどですが、ISAMU YAMAMOTOは、まさに「彼の再来」と騒がれているんです。つまり、40年来の天才ってわけ!

どれだけ高いところから、難しい技を繰り出しながらジャンプできるか、などを競う分野がスケートボードではメインストリームですが、ISAMUの取り組むフリースタイルは、それらよりもさらに創造力が試されます。

 

板を横にして滑ったり、

アクロバティックな身体の動きを取り入れたり、

スピントリックは、まるでアイススケートのよう…。

ダンスのような新トリックを猛烈な頻度で開発しているところも、世界から評価されているポイント。

これなんて、2枚のボードを使ってます。

剣玉との合わせ技!

そして、これまでのデッキ(板)グラフィックは、自分で描いてきたと言うからアーティスティックな一面まで。

こちらは、ISAMUが2016年の5月に出場した世界大会「World Round-Up Freestyle Skateboard Championships」のセミファイナル。プロクラスで出場したISAMUは、1位と僅差で、世界2位を勝ち取りました。

東京オリンピックでは、スケートボードが競技に承認されていますが、どういったルールになるかはいまだわかっていません。ただ、主流から少し外れてはいるものの日本に世界の頂点を狙える13歳の少年がいるというだけで、きっと流れは大きく変わってくるのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by Isamu Yamamoto
雄大なノルウェーの山間いを、ロングスケートボードで駆け抜ける女性がいる。ダウンヒルボーダーでアーティストのIshtar Backlundさん(22歳)。見...
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
執筆者・牧浦土雅1993年、東京生まれ。アフリカ、主にルワンダで国際協力機関と農民とを繋げるプロジェクトを牽引。日本企業の東アフリカ進出へのコーディネート...
このメンツにピクっと反応しちゃったあなたはもちろん、そうでない人も必見です。安心して下さい。動画を再生すれば、圧倒的な“いい感じの雰囲気”が味わえちゃいま...
スケーターなら一度は夢見るという「ウォータースライダー」でのセッション。曲がりくねったウォータースライドを、まるでハーフパイプのように使いながら滑っていく...
得てして、カルチャーのルーツを探ってみると、とても小さなものから始まっているもの。何度目かのブームが再燃しているとも言われているスケートボードのルーツも、...
01出る杭が打たれるのは、日本だけ!世界では通用しない日本人の常識。それを語る際、まずこれは言っておきたい。よく「諸外国に比べて、日本は出る杭は打たれる風...
動画に登場したのはひとりの少女。サッカー日本代表チームのユニフォームを着て、応援のためにとドラムセットの前へ座ったのだとか。しかし、叩きだすとその様子は一...
322.40点ーー。NHK杯における前人未到の300点超えが世間を賑わせたのは、2015年11月28日(土)のことだった。改めてその実力を世界に誇示したあ...
日本のみならず世界には沢山の離島が存在します。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼれ落ちた離島伝説』には、謎と神秘に満ち溢れた世界の離島について驚き...
バカな事もたくさんやったり、悲しい経験もしたり、いろんな思い出が詰まっている10代。多感な時期に経験したことは、誰でも忘れがたいものです。「Elite D...
まだ10歳のとき、初めて目にした「iMac G5」に一目惚れした少年。おもちゃのミニバイクと家の除雪機とで、物々交換して手に入れた人生初のパソコン。それか...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
「絶景のなかでアイススケートをする美女」。その言葉だけでも絵になりそうな予感がしますが、この動画は間違いなく想像を超えるはず。こんなところで滑れたら気持ち...
今年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART MEE...
海外でとてつもない反響を得ているムービーがある。ちびっ子がペダルのないキッズバイク「ストライダー」で通学する様子を撮影したものなのだが、実はこの少年只者で...
考えてみれば、たしかにめちゃくちゃスゴい話。だって、本来バスケのフリースローは5.8m(スリーポイントラインからだって6.25m)だ。そもそも、どうすれば...
ニュージーランドの東側、オークランドからフェリーで35分ほど行った先に、自然豊かなワイヘキ島があります。ビーチとブドウ園に囲まれたのどかな場所。そこで暮ら...