イマイチなワインほど美味しくなる、不思議なカクテル「Kalimotxo」って知ってる?

安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、めちゃくちゃシンプルでコージーで陽気なカクテル。

赤ワイン+コーラが
ベストマッチング!

必要なのは赤ワインとコーラ、以上。他には何も要らない。王道を無視してキンキンに冷やしたワインに、こちらも冷えたコーラを注ぐだけ

驚くほどさわやかで口当たりがよく、それでいて甘すぎないカクテルが出来上がる。これだけで、タンニンの渋みも無縁だし、割れる心配をしながらワイングラスを使う必要もなし。

レシピサイトをのぞいてみると、やれワインとコーラは1:1だとか、スライスしたレモンやら氷を入れるなどあるが、いちいちそんな細かいことは気にしないのがスペイン流。好きなように自在に割って楽しめばいい。

同じく赤ワインをベースにジンジャー・エールで割ったカクテル「キティ」もいい。でも庶民派感覚で楽しむならば、断然カリモーチョをおすすめしたい。

スペイン人のお酒デビューは
カリモーチョからが圧倒的

ところでこのカクテル、別名「貧乏人のサングリア」なんて呼ばれ方もしているようだけど、全くの別モノと考えたほうがいい。

ちなみに、スペインのレストランでサングリアを注文するのはほぼ外国人観光客。スペイン語の「sangre(サングレ:血)」を語源とすることからも、サングリアがスペイン発祥であることは間違いなさそう。けれど、元々は古くなった赤ワインの味をフルーツを入れることでごまかすことが、サングリアの目的だとか。

古いワインをレストランで提供するのはイメージダウン。だから地元の人たちが集まるレストランやバーでは、サングリアはまず出されないってこと。

ところが、スペインでもカリモーチョは10代の若者たちに大人気(スペインは16歳から飲酒可能)で、「お酒デビューはカリモーチョから」というティーンが多いそう。

「発祥はメキシコ」説も

さて、「カリモーチョにはコカ・コーラ」という声も耳にする。その起源には諸説あるようだが、どうやらスペインではなくメキシコ発祥という見方が有力のようだ。

というのも、スペインの植民地時代が300年近く続いたメキシコには、早くからワイン文化も流入していた。そこに19世紀後半より、コカ・コーラがアメリカより輸入・販売されるようになった記録が残っていることから、おそらくこの地で赤ワインとコーラを割って飲むスタイルが生まれた、と考えられている。

「赤ワインの口当たりを良くするためにロジックが通っている」とは、最近のカリモーチョ人気を、「Mic.com」で解説するブルックリンの人気レストラン「BKW」のMichel Gordonシェフだ。

タンニンが強くて若いワインをコーラが入ることで中和させ、渋みをトーンダウンさせる。ゆえに、安ワインが向くというワケ。

BKWでは、カリモーチョの上にマスカルポーネのジェラートをトッピングしたものが大人気らしい。これもゴキゲン間違いなしだろうな。

カクテルのレシピが覚えられない…?だったらグラスに描いちゃえばいいじゃない。そんな発想から生まれたのが、こちら。考案者は元弁護士のアリソン・トーマスさん。...
直火で豪快に焼くのが楽しいBBQ。せっかくだからお酒もひとひねりして、直火を使うっていうのはいかがでしょう?BBQにぴったりの、自家製カクテルをご紹介。お...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
居心地のよい旅には一体なにが必要だろう。飛行機に乗って、はじめての国を訪れ、土地に触れ、知らない人と知り合いになるのは、とってもエキサイティングなことだ。...
カクテルにキュウリってどんな味がするの?と思うかもしれませんが、これが意外や意外、悪くないんです。ロンドン生まれのリキュール「ピムス」を使ったカクテルは、...
今やコンビニでもどれにしようか選べるまでになったクラフトビール。もちろんこの夏もクラフト熱は冷めやらない。キンキンに冷えたビールも確かにうまい。けれど、今...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
そうそう、こうやって食卓には色鮮やかな赤ワインを用意して、と思ったら…。え、ワインじゃないの!?これは、紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」と呼ば...
今日1日がんばったご褒美に。とろとろあまくて、ぽかぽかあたたまる。美味しいホットチョコレートワインはいかがでしょうか。ホットチョコレートとホットワインの美...
暑い夏の定番カクテルといえば、キンキンに冷えた「モヒート」をおいて他にありません。ライムとミントの爽快な味わいは、この上ないベストマッチングですが、ライム...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。あらため...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
フルーツが傷んできたときに覚えておくといいのが、水や砂糖で煮込むコンポート。通常はワインを入れてつくるものですが、カラダのことを考えると同じお酒でも日本酒...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
ボルドーワインと聞けば、多くの人が重厚な赤ワインを思い浮かべるだろう。しっかりとしたお肉料理にどっしりと重いフルボディの赤。しかし太陽がさんさんと降り注ぐ...
ブラジルの写真家、マルコス・アルベルティさんが「ワイン・プロジェクト」という、楽しげなポートレイトを撮影。内容はいたってシンプルで、ワインを使って「なし」...
ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいです...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oa...