酢飯はあえて、バルサミコで。ひと口で特別感に酔いしれる「ローストビーフの握り」

アウトドアの定番といえば、お肉。でも、ただ焼いて食べるのではありません。強火で表面に火を入れてから、蒸し焼きにするというツー・ステップを踏みます。それだけで、格段と柔らかく美味しく仕上がるのです。さらに、酢飯は、バルサミコを使ってお寿司風に握ります。お好みのトッピングをしたら、さあ、召し上がれ。

材料(6〜8人分)
【ローストビーフ】
牛肉:500g/にんにく:2かけ/塩:少々/コショウ:少々/オリーブオイル:適量
《お肉と一緒にダッチに入れる野菜》じゃがいも:2個/人参:1本 
【バルサミコの酢飯】お米:2合/水:400ml/☆バルサミコ酢:100ml/☆砂糖:大1/☆塩:小1 (※ ☆は、酢飯の調味料)
《トッピング》みつば/いくら/レモン/柚子胡椒/岩塩/黒コショウ

作り方
 【ローストビーフ】

①ダッチオーブンにオリーブオイル、潰したにんにくを2かけ入れ火にかける
②にんにくの香りがしてきたら肉を入れ、全面に焼き色をつける
③お肉とにんにくを取り出し、ダッチに網をしく
④お肉を網の上に戻し、空いているスペースにじゃがいも・人参・にんにくを戻す(じゃがいも・人参は皮付きのままで◎)
⑤蓋をして、このまま弱火で15~20分火にかける
⑥肉をアルミホイルで包みダッチの中で15分程置く(この時、火は止めてある)
⑦ダッチの外に出して自然に冷めるまで置いておく
⑧肉をカットし、酢飯の上に乗せて好みのトッピングをして完成
【バルサミコの酢飯】
①飯盒炊飯の場合:30分は水に浸けて、しっかりと水分を含ませる。火にかけ沸騰してから約15分は中火。沸騰後は、一気に強火へ。「グツグツ」という音がしたら、火から下ろし10〜20分蒸らしたら完成。
②予め酢飯の調味料☆を全て混ぜておく
③炊きたてのごはんに☆を切るようにして混ぜ合わせる(うちわ等であおぎながら混ぜると艶がでてベスト)

この「大人のレシピ」の様子は、ラグジュアリーで遊び心溢れる「LEXUS GLAMPING」の動画で見ることができる。是非、こちらも併せてチェックしてみよう。

Sponsored by LEXUS
ギネスビールといえば、言わずと知れたアイルランドの名産品。かの地ではただ飲むだけでなく、料理にも使用されるって知ってました?たとえば、牛肉を黒ビールでコト...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
まずはこちらの写真をご覧ください!いかがでしょう?一見普通のキャンプ風景ですが、何だか妙に豪華にみえませんか?実は「グランピング」とは、アウトドアのスキル...
大自然のなかで食べるごはんのおいしさといったらない。そのために山を登る人だっている。道具や素材が限られているのに、食べ慣れたものでさえいつもより感動してし...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
スイカの選別って意外に難しいもの。よく叩いたときの「音」が肝心なんて言いますが、音を確認してもいざ半分に切ってみると中身がスカスカ…なんてことも、ままあり...
ピザ、パン、それにローストビーフやローストチキン。どうしても窯で焼かなければ出せない味わいがある料理たち。でも、実際に薪や炭で火おこしするオーブンを設置す...
BBQをただ焼くだけでは芸がない。でも、凝った料理は難しい…。というような場面で活躍必至の一品を紹介します。用意するのはベーコンと玉ねぎだけ。本場アメリカ...
酸っぱくて、ピリ辛な中華料理の代表的スープといえば、ご存知「酸辣湯(サンラータン)」。これをきちんとレシピどおりに作ろうとなると、やれお酢は黒酢がベターだ...
手ぶらで、快適に自然を楽しむ。グランピングは、グラマラス×キャンピングの造語で、贅沢なアウトドア体験ができる新しいキャンプスタイルです。関東近辺で手軽にさ...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライ...