残忍なのは名前だけ。味はやさしいトルコ風「ナスの肉詰め」

トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピーマンの肉詰め」をナスに変えるだけで、世界三大料理に大変身。

「腹を裂く」のはナス
トルコ家庭料理の定番
カルヌヤルク

Medium 15aeebb7c3dee8bb0e26aef28a2472831eb48369

切れ込みを入れてナスを開いたら、玉ねぎ、トマト、タイムを混ぜたひき肉をナスに詰めて蒸し焼きにして作ります。

ヨーグルトソースをかけることもあるようですが、それはお好みで。ここでは、家庭で本格的な味を楽しめるレシピをご紹介。

(材料:2人分)

ナス:4本
玉ねぎ:1/4個
豚ひき肉:150g
トマト水煮缶:200g
タイム:少々
塩こしょう:適量
オリーブオイル:小さじ2

(作り方)

ヘタを切り落としたナスに切り込みを入れたら、水にさらします。玉ねぎはみじん切り。半量のオリーブオイルをひいたフライパンで玉ねぎを炒め、透き通るくらいになったらひき肉を投入。トマト水煮缶、タイムを加えて水気がなくなるまで煮て、塩こしょうで味を整えます。

残りのオリーブオイルをフライパンにひいて中火で熱し、ナスが柔らかくなるまで焼きましょう。切れ込みに肉を詰め、水を大さじ3ほど加えて蓋をし、弱火で蒸し焼きすればできあがり。

 ヨーグルトというと、日本ではジャムをかけてデザートにするのがごく普通の食べ方だろう。しかしインドから中央アジア、中東にかけての一帯では、ヨーグルトは料理...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使...
持ち寄りパーティでどんな料理を持っていきますか? みんなに喜んでもらうなら、人気料理を持っていきたいですよね。肉料理の中でも人気の焼豚。実は、豚こま切れ肉...
ヨーグルト発祥の地はどこか?というはなしには諸説ありますが、その一つと目されている国がトルコ。たしかに、トルコ料理はヨーグルトを多用することでも知られてい...
これは「スペッツァティーノ」という名のイタリアン。肉を切ってさっと煮込んだ料理という意味なのですが、これをマンマの要領でちゃっちゃとつくるのは、慣れていな...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
なすを使った料理といえば、どんな食べ方が思いつくでしょう。焼きなす、揚げなす、煮物にしたり、漬物にしたり、調理法はさまざま。でも、きっとこのスタイルは意外...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
ダイエット中だから高脂肪の食事は避けたい。そんなとき、高野豆腐が強い味方になってくれることを知っていましたか? 噛み応えのある独特の食感を上手く利用して、...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
特売でお肉やお魚をたくさん買い、小分けしたり冷凍して使うことってよくありますよね。しかし、一度冷凍してしまうと、色が悪くなったり、臭みが出たり……さらには...
昨年、空前のパクチーブームに沸いた日本。その多くはエスニック料理でしたが、そこから派生した豪快なオリジナルパクチー料理も次々登場。この好き嫌いが二分する魅...
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...
最後の最後でいつも失敗する…。そんな詰めが甘い性格をどうにか改善できないものでしょうか。具体的にどんなことに気を付けていけばいいのか、以下に紹介します。参...