セルフィー中毒者を、強烈に皮肉る動物たち

デジタルアーティストであるCristian Girottoさんのこの作品は、もし動物たちが自撮りをしたら?ということがテーマ。それぞれが自身の特徴をこれでもかと強調しているさまは、人間界さながら。きっと、あなたの周りにもこんな人たちがいるのではないでしょうか。

それでは、以下3種類の動物たちが強調している点を考えてみて!

01.

Medium 10f59d37588b83e2bef081e06b80d2370b8a2af9

02.

Medium 41cde04466130738de128ddc4e291180edcb69c5

03.

Medium e366b54e46ced209a3ceff91c091385998d8f494

【正解】
01.豊満なバスト
02.鍛え上げられた筋肉
03.自慢のアヒル口

Licensed material used with permission by Cristian Girotto
セルフィー。日本語でいうと自撮り。自分ひとりの撮影だけじゃなく、友だちが集まった時も思わず撮りたくなっちゃいますよね。どうやらその気持ちは、猫も同じのよう...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
エッフェル塔やサクレ・クール寺院、ルーヴル美術館、ビッグ・ベン…パリとロンドンを代表する観光スポットは、誰にとっても魅力的なフォトスポット。それらを写すだ...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
以前紹介し反響が大きかった、娘・キャシーのマネをしてInstagramに投稿する父・マーティンの話。彼は、セクシーな格好でセルフィーを投稿し続ける娘への“...
この写真の中には、ある動物が隠れています。よ〜く目を凝らして見てください。あなたには、ソレがなんだか分かりますか?写真に隠れた“あの動物“わかる?カナダ中...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
ローラ・ウィリアムズ(Laura Williams)という18歳の少女が撮るセルフィーに、今注目が集まっている。彼女は、イギリスを拠点に活躍する若きカメラ...
サインペンで書いた胸元のタトゥーに、近所で拾ってきた葉っぱのかぶりもの。娘・キャシーのセルフィーを忠実に再現してInstagramに投稿しているのは、父親...
ヨーロッパでポピュラーなLCCのひとつ、ライアンエアーには、世界中から注目されているパイロットがいます。彼女の名は、マリア・ペターソン。Instagram...
魔法でもかけたの?メルヘンチックなアニマル・ポートレートの撮影を続けているのは、アメリカのロードアイランド州在住のフォトグラファーRob MacInnis...
断崖絶壁セルフィー・・・こわっ!中国の五大名山のうち最も険しい山とされる、華山(かざん、ホワシャン)。かつては仙人が住む山とされ、道教の聖地となっている場...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
ひたすらに純粋無垢。ファンタジー溢れる。ピュアで胸キュン。これらの写真の良さは色々な言葉で表現できます。が、正直言うと、あえて説明する必要もない気がしてい...
最近、「モモンガが地球上で一番キュートな動物だ!」と海外で話題になっている模様。でも、そう言われたところで、普段は写真ですらお目にかかることが少ないですよ...
青い鳥でお馴染みのTwitterのロゴは、13個の円を組み合わせた「曲線だけ」で描かれている──。そんな話を聞いたことがあるかもしれません。カナダ出身の女...
「偶然」とは、なんて素敵なのだろうと思わせられる一瞬の数々。2016年の「The Comedy Wildlife Photography Awards」に...
「どこでも走り回れるし、いつでも新しい冒険ができて大好きだった」小さい頃からの牧場生活をそう振り返るのは、学校へは行かずにホームスクーリングで育ってきたと...
誰にでも悩みが積もって「もう嫌!」となる時期があるもの。仕事、将来、人間関係、ステータス。私も終わりのない持久走をしているような気分だった頃がありました。...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...