世界各国の観光スローガン。もっとも多用されているワードは○○だった。

2020年東京五輪を控え、インバウンドに力を入れる日本のキャッチフレーズは「Endless Discovery」。尽きることのない感動に出会える国であることを世界へアピールしています。

でも、そういえば他の国はどうなんでしょう?そんな疑問に答えるコンテンツがこちら。世界地図にそれぞれの国の観光スローガンがぎっしり。

あなたのお気に入りを
探してみては?

Medium 7365eb3e1e403f16793444054235d67dba1577f4

さすがにこれでは何を書いているかわかりません。

そこで、まずは東アジア・東南アジアへズームイン!

【東アジア・東南アジア】

Medium bd0c4e53f7e5749ad4bda52a6573e99aac571cae

そもそも日本の「Endless discovery」を知っている人がどれだけいたでしょうか。

おとなり韓国は「Imagine your Korea」、中国は「China Like Never Before」だそう。インドは「India」の頭文字を「!」にする遊び心も。

【ヨーロッパ】

Medium cd6f42e011a2288cf7a4a07a3193cab78c127837

「Travel in Slovakia - Good idea」。個人的にはスロバキアのこの潔さが好きです。あとは、スロベニアの「I feel sLOVEnia」もかわいいですね。

【南米】

Medium 1d41c42fb77b2a0644f6eb4e2b754280b394a67b

アルゼンチンの「Beats to your rhythm」は、なんとなくテンションが高まりそう。

それでは、北米やアフリカ、その他あなたが気になる国をチェックしたいなら、こちらからどうぞ。ちなみに、もっとも多用されているワードは「Beautiful」で6ヵ国だとか!

Licensed material used with permission by Family Break Finder
数々の有名ブランドロゴとスローガンを「STRATX」が紹介しています。その歴史を知ると、それぞれの企業の"視点"が感じられるかも。ここではそのなかから、1...
イギリス人のOliver Curtisさんは、これまで世界中の観光地を訪れては、カメラを構える観光客を尻目に、名所旧跡にあえて背を向けシャッターを切り続け...
旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や...
世界のさまざまな言語には、日本語と同じように「比喩」が存在しています。それぞれの国で独自の表現をするため、よその国の人が聞くと「ナニソレ?」となるのは当然...
始まりは1944年。セーレン・ポールセンさんは20年間海外で生活をしたあと、故郷デンマークに帰ってきました。クライトロプ湖付近にある実家は酪農を営んでいる...
ラクガキと合わさることで、よく知られるあのモニュメントが二次元へ早変わり。世界中のあらゆる観光名所がマンガの一部になったみたいです。デフォルメされたその姿...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
夜のオフィス街で輝く明かりを見つけると、きれいだなと思うと同時に、「こんな時間まで頑張ってる人がいるんだ…」と、そこで働く人のことをあれこれ想像してしまい...
ハワイ語で「曲がった水」を意味するワイピオ渓谷。壁のようにそり立つ崖に周囲を囲まれた谷の奥の奥へと向かって、近頃、観光客が続々と分け入っていくそうです。地...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
都心部における不動産価格の上昇や人口増加の影響を受け、満足のいく家探しに頭を悩ませているのは、何も東京だけに限った話ではない。そう、実はここシドニーでも同...
数年前にスロベニアを訪れたときのこと。持参したガイドブックに「四国とほぼ同面積」という記載を見つけ、非常に驚いた記憶がある。要因は、私たちが見慣れた「世界...
これは、ビッグデータを使用した芸術表現を得意とするErick Fischer氏が製作した、「世界主要都市の観光マップ」だ。氏は、Twitter投稿された画...
時折、卓越した動物たちのパフォーマンスに一喜一憂することがある。しかし、ここで紹介する動画を見ると、それが厳しいトレーニングによってもたらされた結果だとい...
今月2日、Instagramが興味深いデータを発表しました。「2016年のハイライト」と題したそれは、5億人を超える月間アクティブユーザーを誇る同サービス...
雨の降らない日はない、と形容されるロンドンよりもさらに降雨量が多いのがベルリンだそうで、とくに冬の寒〜い季節は、長雨のパッとしない天気に人々の気持ちもどん...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
アメリカなら、Bruce Springsteen『Born in the U.S.A.』。ニューヨークなら、Frank Sinatra『New York,...