あの観光名所が…想像力豊かすぎる「落書きノート」

ラクガキと合わさることで、よく知られるあのモニュメントが二次元へ早変わり。世界中のあらゆる観光名所がマンガの一部になったみたいです。

デフォルメされたその姿は、なんだか前よりも親しみやすく感じませんか?

なるほど、そう見えましたか…。

6b25bf1bca5b301f7d725e4b6acaef19d6b3d2b0957c5ffccc37af6f8e296403296762e92c7ebf933a7768df8c50f6152dadbc2ee35591e041c732896e94acdd05b7ea299b3aad1f54ec38389c1305f3A517c218931fdb8723ed0b10cb6bf555fb02372a2a69b35571e3b7358a8316c39758019f0d14341456ae646a416a16029b406724e25fd82a2c8b2cab0c3fae7a0ba89ac92f00dbaaea6ae132a164a1533b003f36532c2e5ece9a05c300be85b2d50909d63d23c3834a2d7be6ad2b55d6df7b1a4f79a50f1cEf789e897290a5468642a58b2f8f30f216bd7fdd246038d3632d9b2180da1b4f339c188ff7211b3897968e6f1c60f9de14c2256a01eaa60dd7e4c1ef260fbaf5d3e2c6d5bb028ba6f830b26a9d0da9a7

訪れた場所を意外なモノに変身させるのは、モレスキンノートとカメラを持って旅をするPietro Cataudellaさん。街をラクガキと融合させる氏のプロジェクト「CityLiveSketch」は、FacebookInstagram(@Citylivesketch)でも楽しめますよ。

もし世界の名所の前に立ち、ノートを開いてパシャっと撮影するフシギな男性を見かけたら、彼に間違いないでしょう。

Licensed material used with permission by Pietro Cataudella
イギリス人のOliver Curtisさんは、これまで世界中の観光地を訪れては、カメラを構える観光客を尻目に、名所旧跡にあえて背を向けシャッターを切り続け...
オアフ島の「あの名所」がついに取り壊し、撤去されました。ガイドブックにも載らない場所なのに、なぜか観光客があとを絶たない理由。それは、超スリリングな立ち入...
浴室、トイレ、息子の部屋…と家中に落書きをしているのは、ベルギーのイラストレーターJoke Neyrich。「家は私の大きなキャンバス」と言い切る彼女は、...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
さすがは自由の国アメリカ、としか言いようがない!だって、ささっと落書き……いえ、イラストを描いただけのバナナが、9.99ドル(約1,071円)で飛ぶように...
コロッセオにトレビの泉、スペイン広場…。ローマに観光名所は数あれど、ここで紹介する小さな教会を訪れる人は、そう多くはないかもしれません。サンタマリア・デッ...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。でも実は、どこを歩いた...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
「ついに世紀末か」「巨人にやられてしまう」「助けてくれ」そんな声が聞こえてきそうだけど、これは巨大なアートなのでご心配なく。作品があるのは、イタリアのベニ...
「遊び」はいつも子どもたちから生まれるものです。では、発明はどうでしょう?ここに紹介する発明品は、どれも6歳から11歳までの子どもたちから生まれたもの。子...
思い起こせば誰にでも一人くらいは、恩師と呼べるような先生がいるんじゃないでしょうか。この記事の主人公もきっと、いつかそう呼ばれるに違いないステキな先生です...
時折、卓越した動物たちのパフォーマンスに一喜一憂することがある。しかし、ここで紹介する動画を見ると、それが厳しいトレーニングによってもたらされた結果だとい...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
世界各国で活躍しているフォトグラファーのJason D.Pageさんは、10年以上前からこのライトアートの虜。この魅力をもっと世に伝えるべく、夜空に落書き...
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
雨の降らない日はない、と形容されるロンドンよりもさらに降雨量が多いのがベルリンだそうで、とくに冬の寒〜い季節は、長雨のパッとしない天気に人々の気持ちもどん...
個人的に、大きな荷物を抱えたまま観光することほど、ストレスフルなことはない。「何度か訪れていて土地勘がある」または「バックパックを背負っている」。そんな状...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...