ロンドンの秘密をこっそり教えてくれるキュートな「観光レンタカー」

ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど、さすがに不慣れな外国の街を運転するのって、ちょっと怖いですよね。そこで、運転手付きのプランもばっちり用意されているんです。

ロンドンにまつわる豆知識から、隠された歴史まで、くすっと笑わせてくれるおしゃべりな紳士(音声ガイド)も付いていて、市内をぐるりと約1時間半。

実際に体験した感想は「え、そうなの?」なんて日本語で運転手に聞いてしまうほど。あ、僕は運転手付きを選択。あのニヤッとした彼のドヤ顔は今でも忘れられませんっ! 

タブレットが観光ナビになり、
隠れた名所を案内してくれる

94ea5cfb1e3e8f761bbc857e11aff303a5551cf4

こちらが「Yonda」、キュートなコンパクトカーです。専用タブレットがカーナビ代わり、GPS機能で所定の場所に近づくと音声ガイドが流れる仕組みです。

ちょっとコーヒーを買いにカフェに寄ってもOK。彼(音声ガイド)も待ってくれます。団体ツアーじゃなくて、レンタカーですから気ままにいきましょう。アップテンポからクラシックまで、雰囲気にあったBGMもチョイスしてくれて、時々ロンドンジョークも挟んでくるんです。

例えばこんな感じに。

E15a0b60944bd14ec99792ab6b6d381aadfd7997

アレキサンダー・マックイーンは、女性ファッションデザイナーとして、イギリスでトップだったかもしれない。

彼は、1980年にこの場所で見習いとして学んでいた。彼は生意気で、ウェールズの王子のために作られたジャケットに落書きをしていた。何を書いたか教えることもできるが、仕返しされたくないのでやめておこう。

A407c2268026ebec59c3a25656a9273090248c4603243a34f7d39caf2ac98be12e60ecc0ff4bc84a

左手に見えるのは、セシル・コート。ヴィクトリア時代の雰囲気が残る通りで、古風な書店が並んでいる。時間を忘れるような、まるでハリーポッターの魔法の世界に吸い込まれるようだ。

ここはJ.K. ローリングがダイアゴン横丁のインスピレーションを受けたところ。ハリーポッターの本を読んだり、映画を見たことがある人にとっては価値のある所かもしれない。

見たことがなければ、私と同じ。まあ、私はただの車だけれども

9d9fea05e6d2db8d868f4b1394b6225d936e4557

楽チンなのに「しっかり」
ロンドンを体験できる

1f8328e0a4a0944c3c4d0dc08b94c959329a6e05

個人旅行が当たり前になりつつあるけれども、バスや電車の乗り換えを事前に調べて、タイムスケジュールも決めなきゃいけない。慣れない土地ゆえに道に迷ったりもします。

音声ガイドでロンドンの観光名所から逸話まで知れて、レンタカーのプライベート感を保ったまま1時間半で効率的に観光できる。個人旅行のメンドクサイ!をなくして、団体ツアーのおまかせな感じを一度に味わえるんです。

でも一番の収穫は、絶好のお土産話ができるってこと。

車種は現在、2人乗り or 4人乗りの2種類。お値段は60ポンド(約9000円)から、とまあ少しお高めだけど、ガソリン代や保険代も入ってこの値段だから悪くない。
残念ながら音声ガイドはすべて英語です。日本語の予定は?と担当してくれた運転手Jamesさんに聞いたところ、「じゃあ、翻訳してくれる?」と返されました。
 
これからロンドンに行く予定があれば、ぜひ。もしイギリス人の友達がいるなら誕生日サプライズとして予約してあげてもいいかも。
Licensed material used with permission by Yonda, Instagram
イギリス人のOliver Curtisさんは、これまで世界中の観光地を訪れては、カメラを構える観光客を尻目に、名所旧跡にあえて背を向けシャッターを切り続け...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
ラクガキと合わさることで、よく知られるあのモニュメントが二次元へ早変わり。世界中のあらゆる観光名所がマンガの一部になったみたいです。デフォルメされたその姿...
誰だってその国の首都のことは、知っているつもりになるものですよね。特にそこに住んでいれば尚のこと。たとえばロンドン。ウェストミンスター、バッキンガム宮殿、...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。「Central London Apa...
ここに紹介する観光マップは、ある視点をもって集めた都市ガイド。旅の目的は人それぞれだけど、どこか既視感を抱いてしまう名所旧跡に足を運ぶよりも、僕にはこっち...
誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。でも実は、どこを歩いた...
個人的に、大きな荷物を抱えたまま観光することほど、ストレスフルなことはない。「何度か訪れていて土地勘がある」または「バックパックを背負っている」。そんな状...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
「Roof Top Tours(屋根上ツアー)」を知っていますか?映画や漫画に出てくるような「屋根の上」で繰り広げられる様々なシーンに憧れている人は意外に...
これは、ビッグデータを使用した芸術表現を得意とするErick Fischer氏が製作した、「世界主要都市の観光マップ」だ。氏は、Twitter投稿された画...
雨の降らない日はない、と形容されるロンドンよりもさらに降雨量が多いのがベルリンだそうで、とくに冬の寒〜い季節は、長雨のパッとしない天気に人々の気持ちもどん...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
オアフ島の「あの名所」がついに取り壊し、撤去されました。ガイドブックにも載らない場所なのに、なぜか観光客があとを絶たない理由。それは、超スリリングな立ち入...
ハワイ語で「曲がった水」を意味するワイピオ渓谷。壁のようにそり立つ崖に周囲を囲まれた谷の奥の奥へと向かって、近頃、観光客が続々と分け入っていくそうです。地...
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...