今こそ、今だから、UK!

欧州連合を抜けようと抜けまいと、この王国は、今日も一連帯。これから先のことはまったくわからない状態ですが、ロンドンは相変わらず世界屈指の高級ホテルに溢れ、イギリス郊外のカントリーハウスも健在。スコットランドにはスタイリッシュな都会派ホテルと、立派なお城のホテルが共存しています。

こんな言い方は繊細さに欠けるのかもしれないけれど、地元のホテルや宿のスタッフからは、せっかく英ポンドの価値が下がったんだから遊びに来てほしい、という声がたくさんあがっています。

旅行者にとっては訪れやすく、地元の人にとってはありがたい交流の機会。近年なかったこのチャンスに飛び乗ってみては?

01.
NUMBER SIXTEEN

ロンドン

B000e3a7ebaca38a38d7dba93966bc4a640b023a

知る人ぞ知るファームデール・グループといえば、「ハム・ヤード」「コヴェント・ガーデン」「ヘイマーケット」といった都会的でお洒落スポットから、タウンハウスを利用した「ドーセット・スクエア」や「ナイツブリッジ・ホテル」のような比較的閑静なものまで、高いセンスを光らせるホテルを数々打ち出してきたホテルグループ。

ここ「ナンバー・シックスティーン」は後者の一例。美しいビクトリア王朝式のテラスハウスの脇には、温室とガーデンが新設され、南ケンジントン地区のエレガントな夏を満喫するのにぴったり。

詳細はコチラ

02.
THE SAVOY

ロンドン

67ea4f344a0feff178c4ab60ba457598c5b690e3

ロンドンの元祖高級ホテルといえば、もちろんここ、泣く子も黙る「ザ・サヴォイ」です。丁寧なリノベーションを経て、1899年来の高貴なスタイルはそのままに、現代人が求める最新アメニティを完備。

そして、館内レストラン、“サヴォイ・グリル”は、辛口キャラとして有名なセレブシェフ、ゴードン・ラムゼイ氏が指揮。今や世界屈指とされる熱いロンドンのグルメシーンを、上手に反映しています。

詳細はコチラ

03.
HOTEL CAFE ROYAL

ロンドン

Ec4955a34f6e7702098eafa4ec3def612a89f35c

カフェ・ロワイヤルは、もともと有名レストランとして知られ、かつてはオスカー・ワイルドも頻繁に足を運んだ場所。客室は比較的最近になって増設されたものなんです。

とはいえ、今やロンドン屈指の高級ホテルとして知られるここは、上品なウェストエンド生活に欠かせない贅沢な複合施設として、リージェント・ストリートを訪れるハイソな人々の憩いの場となっています。

詳細はコチラ

04.
NO 131

チェルトナム

A0faaa61ebb9837bdf0ceaada380fd0c4cf8e7ba

サム&ジョージー・ペアーマン夫妻のホスピタリティ・グループ、ラッキー・オニオンは、これまでグロスタシャーやコッツウォルズ周辺を拠点に、複数の高級ホテルやレストランを手がけてきました。

その中でも一番大きなプロジェクトとなったのが、チェルトナムの「ナンバー・131」。食事から客室、雰囲気まで、簡単に言ってしまうと、期待を超えるクオリティで提供してくれる、とっておきの一軒です。

詳細はコチラ

05.
THE VARSITY HOTEL & SPA

ケンブリッジ

E66bbc192fcd41947efcc9edc94ae558792cf1f0

ケンブリッジ大学の卒業生4人が手がけた「ザ・ヴァーシティ・ホテル&スパ」は、一面窓の超近代的な客室から、歴史溢れるケンブリッジの街並みがたっぷりと楽しめる、なんとも贅沢な場所。

足元にはマグダレン・カレッジ。セント・ジョーンズやトリニティ、ジーザスのキャンパスもすぐそば。当然ながら、平均的な学生の溜まり場より、格段と上質です。

詳細はコチラ

06.
HARD DAYS NIGHT HOTEL

リバプール

091dcec722fb89f52e3b82b41b62b54bb0994176

活動初期のビートルズがよくライブをしていたというキャヴァーン・クラブからすぐのところにあるこのホテルは、(ファンなら当然お分かりの通り)この街を代表するバンドをテーマにしています。

ビートルズをテーマにした、なんていうと、下手すると子供だましの遊園地のようになってしまいそうですが、「ハード・デイズ・ナイト・ホテル」ではその心配はナシ。ポートレートやバンドにまつわるファンアイテムはいたるところに取り入れつつ、リバプール屈指のモダンなデザイナーズホテルになっています。

詳細はコチラ

07.
OLD PARSONAGE HOTEL

オックスフォード

F8f510f2dab53de66da9bee8b69c61d5b4875209

「ジ・オールド・パーソネージ」は、“17世紀のデザイナーズホテル”を唄うユニークなホテル。でも、訪れてみると納得するはず。

考えてみれば、オックスフォードは、古すぎて創立年日も正確にはわからないという大学がある町。それに比べたら、オスカー・ワイルドが訪れたのはつい最近のことと言ってもいいはず。ホテルのゲストブックには、彼の署名がみられます。

詳細はコチラ

08.
CHEWTON GLEN HOTEL

ニュー・ミルトン

45d6ae6ecbeed5d2e42c106b6113251809f27d08

イギリスのカントリーハウスを一軒だけ選ぶなんて、とっても難題だけれど、ここ「チュートン・グレン」は、その代表として名を挙げるにはぴったりでしょう。1079年に創設されたニュー・フォレストの境界にあり、その立地の素晴らしさは文句なし。

しかも歴史を感じさせる見事な家は、上手にアップデートされ、現代人も安心してくつろげる、非の打ち所ない高級感溢れる空間になっています。

詳細はコチラ

09.
GV ROYAL MILE HOTEL

エジンバラ

C6cd692fa73b1e85ce24d276fcb6d8c2b05f4cd9

さて、スコットランドの首都エジンバラでは、建築家マテオ・タンによる目を見張るほどモダンな「G&V ロイヤル・マイル・ホテル」が、世界遺産となっているこの街に、大胆な近代の息吹を吹き込んでいます。

その超コンテンポラリーな外観とカラフルな内観は、歴史あるロイヤルマイルの伝統的な姿に新鮮なコントラストを生み出し、この街の次なる一章を示唆しています。館内には、エジンバラとヨーロッパをつなぐヒントがたくさん飾られています…。

詳細はコチラ

10.
INVERLOCHY CASTLE

フォート・ウィリアム

70d14f38fa3ecc6c7a15405d00680d121d04803e

スコットランドならではの伝統を楽しみたいなら、1860年へと歴史を辿る「インバーロッキー・キャッスル」へ。息を呑むほど豪華絢爛なインテリアと、広々としていてとっても居心地良い客室は、時が流れてもその魅力が廃れることはありません。

世の中でなにが起きていようと、これから起きようと、ここでは取り立て大きな変化なく、ゆったり優雅に流れる時間が体験できそうです。

詳細はコチラ

誰だってその国の首都のことは、知っているつもりになるものですよね。特にそこに住んでいれば尚のこと。たとえばロンドン。ウェストミンスター、バッキンガム宮殿、...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
ホテルになるべくして造られた新築の建物の中にも、あなたのお気に入りはあるはず。でも、もともと異なる目的で使われていた既存の建物を、ホテルとして生まれ変わら...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
スコットランドの美しい自然に囲まれて、爽やかな風を感じながら過ごす休日…なんて、考えるだけでうっとりしてしまいそうです。そんなロケーションを、自分のモノに...
長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。「Central London Apa...
これは、ビッグデータを使用した芸術表現を得意とするErick Fischer氏が製作した、「世界主要都市の観光マップ」だ。氏は、Twitter投稿された画...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
滞在先に到着したら、街の美味しいお店で食事をするのが醍醐味の一つかもしれません。でも、最初から美味しい料理が楽しめるホテルを予約するのもアリ!ここでは「T...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
本当に完成度の高いホテルを訪れると、見知らぬ人が手がけているのにも関わらず、瞬時に旅の疲れを癒し、ほっと心を落ち着かせてくれるもの。いつもとは違う空間でも...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
ロンドンで美食が集まるエリアとして、ここ数年で急激にホットスポット化したモルトビー・ストリート・マーケット(Maltby Street Market)。こ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...