そこに住んでいるかのような気分になれる「邸宅ホテル」を集めてみました

本当に完成度の高いホテルを訪れると、見知らぬ人が手がけているのにも関わらず、瞬時に旅の疲れを癒し、ほっと心を落ち着かせてくれるもの。いつもとは違う空間でも、住んでいるかのように自由に楽しめる場所です。ゲストはやはり購買客ではなく、滞在客。

今回は、アットホームに滞在を楽しむことができる邸宅ホテルを紹介したいと思います。

01.
ETT HEM

スウェーデン・ストックホルム

223bfbf3ae655e587aba285475002775bc9cf196

「エット・ヘム」とは、スウェーデン語で“家”を意味しているのだそう。とあれば当然、アットホームな空間を期待してしまいます。レンガや木材が温かい雰囲気を醸し出し、イルサ・クロフォードが手がけた12部屋の客室はどれも、ヴィンテージ調のエレガントさと典型的な北欧の温和さを併せ持ち、ひとつひとつデザインが異なります。

朝はキッチンの大きな共用テーブルでスタート。チェックアウトの頃には、スタッフやほかのゲストとファーストネームで呼び合うようになっていても不思議はありません。

詳しくはコチラ

02.
OLD PARSONAGE HOTEL

イギリス・オックスフォード

Bbc465095b7aee9060b6a223905d03ed17d6c3d4

著名大学のキャンパスからほんの数歩のところにある、この古い建物。一歩足を踏み入れると、歴史を感じさせる石造りの外観とは対照的に、都会的でコンテンポラリーな空間がゲストを迎え入れてくれます。

書斎があったり、公共スペースには額入りの肖像画や、座り心地抜群のソファや椅子がたくさん。目を楽しませてくれる要素も多く、長時間過ごしても飽きません。見事なお手前で用意された紅茶を口に運びながら、ゆったりそのデザインとディテールを取り込みましょう。なにも急ぐことはありません。

詳しくはコチラ

03.
BUSUE, A BOUTIQUE EXPERIENCE HOTEL

メキシコ・メキシコシティ

F1e7c512a530dd4fbc1da83869e8bf3b9ca13567

かつてから、メキシコシティのインテリ系やハイソな人たちが集まるエリアとして知られてきたポランコ地区。そこにある大邸宅を利用した全11部屋の宿「ブスエ」は、やっぱりプライベート感たっぷりで、とにかくエレガント。閑静でセンス良く、目ぬき通りからほんの数歩という、ポランコならではの贅沢な条件がすべて揃ったスポットです。

できれば上層フロアの客室を予約。たっぷり差し込む自然光が、木材の梁や鉄細工のディテールを照らし出す、ロマンチックで優しい空間をお楽しみください。

詳しくはコチラ

04.
COPPOLA JARDIN ESCONDIDO

アルゼンチン・ブエノスアイレス

B89c78a823d309018541a615cdd187ca97fd84be

「ここはフランシス・F・コッポラ監督の秘密のガーデンです」と一言説明して、あとはみなさんのご想像にお任せしてしまいたいところですが、広々としたこのタウンハウスには、あまりに素敵なディテールが多すぎて、やっぱりちょっと説明せずにはいられません。

ガーデンというだけあって、みずみずしい緑に溢れているのは当然。中にはペルー産のカーペットや、アルゼンチン北部の民族品といった、目を引くアクセントが至るところに置かれた素朴な隠れ家です。まさに映画のセットのようなこの空間で、大切なあの人と読書とマルベックを楽しむ旅、なんていかがでしょう。

詳しくはコチラ

05.
PRIVATE MANSIONS HOTEL

オランダ・アムステルダム

85299b760d6677ecac7b1b1661b2b5a6c0b1ad26

ちょっとSFっぽささえ感じさせる、どこか不思議なアンティークの調度品が所々で目に入る「プライベート・マンションズ・ホテル」。客室数はたった2つで、選択肢は15世紀の女性修道院を改造したアパルトマンと、すぐ近くにある“シークレット・チャペル”。

なんとも秘密めいたその雰囲気をさらに盛り上げるのは、世にも珍しいピアノや、目を見張る石造りのインテリアアクセント。ラテン語の彫り込みが入った大理石の柱など、ミステリアスな小説に出てきそうなお屋敷で、いつもとは違うアットホーム体験を。

詳しくはコチラ

Tablet Hotelsこだわりを持つトラベラーのために、世界の素敵なホテルを厳選した宿泊予約サイト。魅力溢れるホテルや現地の最新情報をお届けします。https://www.tablethotels.jp/

リアドは「中庭付きの邸宅」、あるいは「緑のある家」という意味のアラビア語。かつての上流階級が建てたものだが、「使いにくい」という理由である時期は放置されて...
「中庭付きの邸宅」、「緑のある家」という意味のアラビア語であるリヤド。モロッコの上流階級が建てたリヤドは、今宿泊施設となって、多くの観光客を楽しませていま...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
キラキラの最新ホテルはもちろん大好きだけれど、独特な個性を放つ、ユニークな歴史を歩んできたホテルの魅力はまたとっておき。長い歴史の中で、様々な物語の舞台と...
僕が、キューバを訪れたのは2005年。今でも心に強く残っているのは、クラシックカー、シガー、サルサ、モヒート、哀愁を帯びた人々、そして、時が止まったような...
寝具やバスアメニティといったゲストルームの設備は当然重要だけれど、いつまでも記憶に残るホテルの客室というと、けっこう外の景色がキーポイントになってくるんで...
滞在先に到着したら、街の美味しいお店で食事をするのが醍醐味の一つかもしれません。でも、最初から美味しい料理が楽しめるホテルを予約するのもアリ!ここでは「T...
ホテルブッキングアプリ「As You Stay」が、ユーザー体験による独自調査をもとに未来のホテルのあり方を大胆予測。今後どこまでこれに近づくかは別として...
せっかく素敵な環境の中にホテルを造るのなら、やっぱりそのユニークな美しさを上手に引き立ててあげたいもの。オープンエアの要素を取り入れ、周りの景色を室内にも...
夏もすっかり過ぎて、外の空気がクールダウンしてきたら、今度はちょっと知的な読書の秋を楽しみましょう。丸一日、読書に没頭するもよし。または、逸品カクテルで喉...
宇宙旅行は、かつて宇宙飛行士のみに許された特別なものでしたが、現在旅行会社がプランを取り扱うなど、民間人にも夢ではなくなって来ました。今度は「宇宙ホテル」...
夏はトレッキング、冬はスキーなど、カップルや家族連れに人気のスイス東部グラウビュンデン州ブラウンヴァルト。写真は、グラルナー・アルプスが目と鼻の先にある標...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
ここで紹介する「hanare」は、これまでにない斬新なコンセプトが話題の宿泊施設。単に一つの建物に完結したものではなく、東京・谷中のまち全体を大きなホテル...
インターネットなしでは、もうまともな生活ができないかもしれない…なんて思うことはあるけれど、たまには完全に離れてみるのもなかなかいい。高速インターネット環...
海外ツアーの添乗員として働いていた頃は、お客様と一緒に高級ホテルに泊まる機会も多かった。主な顧客がシニア層だったこともあり、ツアーではだいたい4ツ星か5ツ...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあったこれまでの旅の記憶をひっぱり出して、様々な...
死ぬまでに一度は行っておきたい。そう思えるホテルが世界中にはいくつも存在します。ここで紹介するのもそんなホテルの中の一つ。タンザニアのペンバ島に存在する「...