お金持ちの家に泊まる感覚! モロッコの邸宅ホテル「リアド」に宿泊したい

リアドは「中庭付きの邸宅」、あるいは「緑のある家」という意味のアラビア語。かつての上流階級が建てたものだが、「使いにくい」という理由である時期は放置されていた。しかし近年、外国人がこの価値を再発見。邸宅を買い取り、リノベーションを施して観光客向けの宿に造り替えた。

ひと口にリアドと言っても1万円以下でラクラク泊まれるところから、5ッ星ホテル並みのところまで。もしもモロッコを訪れることがあれば、1泊ぐらいはリアドで過ごしてほしい。

リヤドを輪切りにすると、
こんな感じです

部屋はこじんまりとしているものの、決して狭苦しくはなく、調度品一つひとつにまでオーナーの趣味が表れている。これが良いリヤドの特徴。宿を楽しむのが目的なら、吹き抜けの中庭にプールがあり、専用のスパ(ハマム)があるところがいい。

多くはブッキング・ドットコムなどのネットからでも予約でき、口コミを参考にすれば大ハズレは引かないはずだが、レビュー数が少なく高得点を獲得しているところは自作自演の可能性を疑ってかかったほうがいいかも。

良いリヤドの6つの特徴

乾燥したモロッコでは緑を見ると心が癒されるもの。ところどころに植物を配したリヤドは、それだけ落ち着く場所だ。

光の差し込む中庭で食べるリヤドでの朝食は、贅沢な気分に浸れるもの。

リヤドは寝るためだけの宿ではなく、のんびりくつろぐ時間を大切にしたい宿。ゆえに、朝食と同じくミントティの味も大事だ。

上での紹介した通り、良いリヤドには良いハマムがある。

良いリヤドは場所がわかりにくいもの。宿泊するなら、悪いことは言わないから、宿の人に迎えを頼むべき。

ルーフトップから街を望むのも、また一興。眺めのいい屋上があるリヤドを選びたい。


そのほかのモロッコの記事はコチラ

All Photo by Dan Imai
Licensed material used with permission by 『トリコガイド モロッコ』

「中庭付きの邸宅」、「緑のある家」という意味のアラビア語であるリヤド。モロッコの上流階級が建てたリヤドは、今宿泊施設となって、多くの観光客を楽しませていま...
近年、旅好きの間で人気のモロッコ。東洋とも西洋とも違う文化を感じる町並みや世界遺産に広大な砂漠、さらにはタジン鍋に代表されるモロッコ料理に可愛い雑貨と、と...
ヨーロッパの人々にとってモロッコは極めてメジャーな存在だ。スペインからジブラルタル海峡を挟んで僅か14kmの所に位置するこの国は、「手軽に異国情緒を味わえ...
モロッコの都市マラケシュのメディナ(旧市街)の西側にあるのが、ジャマ エル フナことフナ広場。モロッコ旅のトップ・エクスペリエンスだ。夜は巨大なディナー会...
本当に完成度の高いホテルを訪れると、見知らぬ人が手がけているのにも関わらず、瞬時に旅の疲れを癒し、ほっと心を落ち着かせてくれるもの。いつもとは違う空間でも...
滞在先に到着したら、街の美味しいお店で食事をするのが醍醐味の一つかもしれません。でも、最初から美味しい料理が楽しめるホテルを予約するのもアリ!ここでは「T...
ここで紹介する「hanare」は、これまでにない斬新なコンセプトが話題の宿泊施設。単に一つの建物に完結したものではなく、東京・谷中のまち全体を大きなホテル...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあったこれまでの旅の記憶をひっぱり出して、様々な...
京都市内に町家ホテルは数あれど、ここMAGASINN KYOTO(マガザン キョウト)は、他とは一線を画していると断言できます。その理由は「編集できるホテ...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
本場モロッコでは「そんなに?」と思う高さから注がれるミントティ。角砂糖をたっぷり入れて飲む不思議な味に、旅行者は戸惑いつつも、モロッコを離れる頃には名残り...
キラキラの最新ホテルはもちろん大好きだけれど、独特な個性を放つ、ユニークな歴史を歩んできたホテルの魅力はまたとっておき。長い歴史の中で、様々な物語の舞台と...
モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、...
夏はトレッキング、冬はスキーなど、カップルや家族連れに人気のスイス東部グラウビュンデン州ブラウンヴァルト。写真は、グラルナー・アルプスが目と鼻の先にある標...
モロッコの革製の履物「バブーシュ」について。さまざまな情報が断片的に載っているけれど、どこよりもまとまってる自信、アリマス!バブーシュとは、カカトが折れて...
海外ツアーの添乗員として働いていた頃は、お客様と一緒に高級ホテルに泊まる機会も多かった。主な顧客がシニア層だったこともあり、ツアーではだいたい4ツ星か5ツ...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
せっかく素敵な環境の中にホテルを造るのなら、やっぱりそのユニークな美しさを上手に引き立ててあげたいもの。オープンエアの要素を取り入れ、周りの景色を室内にも...
ホテルになるべくして造られた新築の建物の中にも、あなたのお気に入りはあるはず。でも、もともと異なる目的で使われていた既存の建物を、ホテルとして生まれ変わら...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...