知るだけでも面白い! 達人が教える、モロッコ旅行で気をつけるべき「8つのコト」

近年、旅好きの間で人気のモロッコ。東洋とも西洋とも違う文化を感じる町並みや世界遺産に広大な砂漠、さらにはタジン鍋に代表されるモロッコ料理に可愛い雑貨と、とても魅力的な国ですが、異文化だけに注意したいこともあります。

ここではモロッコ経験者が語る、気をつけるべきコトをまとめました。単純に知識としても、意外なこともあって「フムフム」となるはず。

01.
じつは、
日本円が結構使えます

「街には両替所がたくさんあり、日本円から直接ディルハムに両替可。スークの店も『カードはダメだけど、日本円はOK』というところもあり、日本円を出すとお店の人が走ってレートを見にいくことも(笑)」(Hassane/Coordinator)

02.
サボテンの実は
食べ物です

Photo by Dan Imai

「夏にモロッコに行くと、キウイフルーツぐらいの大きさでトゲトゲした果物のようなものが屋台で売られているのを目にします。じつはこれ、サボテンの実で、食べられるんです」(Abdel/Coordinator)

03.
乾燥とホコリがすごいので
マスク持参で

「モロッコは乾燥とホコリがキツイ! 特にツライのはバス移動時。マスクをもっていくと喉がかなりラクなはずです」(Haramaki/World Traveler)

04.
未婚の男女は、
同じ部屋に泊まれないことも!?

「どちらか一人でもモロッコ国籍の場合、未婚男女は基本的同室での宿泊がNGです。外国人旅行者であればほぼ問題ないのですが、建前上NGとしている宿もあるので、事前に確認するのがベターです」(Abdel/Coordinator)

05.
イスラム教国だけど、
お酒は飲めます(割高で……)

「ただし、主に外国人向けのホテルに限られています。ホテルのバーは宿泊しなくても利用できるところが多いです。ホテルのミニバーにもお酒はありますが、基本的にNGの国なので、割高だと覚悟してください」(Dan Imai/Photographer)

06.
長距離移動でも
タクシーが効率的

Photo by Dan Imai

「モロッコでは長距離移動もタクシーが一般的。国内線代わり、ぐらいの感覚で上手に利用しましょう。事実、カサブランカからマラケシュの値段は、飛行機もタクシーもそんなに変わりません」(Dan Imai/Photographer)

07.
気候の違いには注意を!

「超、がつくほど暑い砂漠や内陸部と、夏でも肌寒い山岳エリア。私は標高の高いシェフシャウエンでガッツリ体を壊しました。ちなみに宿まで医者が来てくれて、診察料と薬代で約7,500円の出費でした」 (Dan Imai/Photographer)

08.
外国人であっても
王宮批判はご法度

Photo by Dan Imai

「モロッコは王国。今の国王はムハンマド6世といい、伝説的なカリスマだったハッサン2世の後継者です。この国ではいかなる理由があろうとも彼らの批判はNG。外国人だって同じです」(Hassane/Coordinator)


そのほかのモロッコの記事はコチラ

Licensed material used with permission by 『トリコガイド モロッコ』

モロッコの都市マラケシュのメディナ(旧市街)の西側にあるのが、ジャマ エル フナことフナ広場。モロッコ旅のトップ・エクスペリエンスだ。夜は巨大なディナー会...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
ヨーロッパの人々にとってモロッコは極めてメジャーな存在だ。スペインからジブラルタル海峡を挟んで僅か14kmの所に位置するこの国は、「手軽に異国情緒を味わえ...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
「中庭付きの邸宅」、「緑のある家」という意味のアラビア語であるリヤド。モロッコの上流階級が建てたリヤドは、今宿泊施設となって、多くの観光客を楽しませていま...
本場モロッコでは「そんなに?」と思う高さから注がれるミントティ。角砂糖をたっぷり入れて飲む不思議な味に、旅行者は戸惑いつつも、モロッコを離れる頃には名残り...
リアドは「中庭付きの邸宅」、あるいは「緑のある家」という意味のアラビア語。かつての上流階級が建てたものだが、「使いにくい」という理由である時期は放置されて...
脳みそフル回転!あっちはどうだろう。待てよ、こっちもいいぞ。ちょっと予算が厳しいかも。ガチガチの予定を追いかけるのも息が詰まるな。大まかな場所だけ決めて現...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
今の彼と一緒にいるのは楽しいけど、結婚するにはどうだろう?そんな「決め手」に悩む女性にぴったりなのは「Elite Daily」のLaura Arginta...
旅好きのあなたに一つ質問を。旅行に持って行くシャンプーのサイズって、結構悩ましくないですか?大きすぎると荷物になるし、持て余すのもイヤ。かといって、小さす...
モロッコの革製の履物「バブーシュ」について。さまざまな情報が断片的に載っているけれど、どこよりもまとまってる自信、アリマス!バブーシュとは、カカトが折れて...
旅好きの女性に、ぜひともオススメしたいアイテムがこちら。ちなみに、自分の周りではかなり好評なんです。一緒に旅行に行く男性からすると、持ち運びが大変だなあと...
トラックの幌を再利用してつくる、スタイリッシュなメッセンジャーバッグで日本でもおなじみの「FREITAG(フライターグ)」。そのトラベルバッグを無料貸し出...