海外行ったら絶対オススメ!安藤美冬が選ぶ「世界のホテルBEST 5」

学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあったこれまでの旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「世界の●●ランキング BEST 5」をお送りします! 今回は、「世界のホテル BEST 5」です。

第五位 ホテル・デュ・プチ・ムーラン (フランス・パリ)

東京の代官山のような雰囲気を漂わせる、パリのマレ地区。石畳を歩きながら、軒先の小さなカフェやセレクトショップをのぞいているだけで気分はパリジャン。オランダ留学時代から何度も足を運んでいるパリの中でも、一番のお気に入りエリアです。 こちらのホテルは、客室わずか17室というレトロなプチホテル(4ツ星)。クリスチャン・ラクロワがインテリアを手がけているだけあって、華美で洗練された内装はさすが。1階にあるベーカリーは朝食に◎です。

official HP

第四位 ヘリタンス・カンダラマ (スリランカ・キャンディ)

安藤史上、アジアナンバーワンホテル! 有名建築家ジェフリー・バワによるホテルゆえ、雑誌にもよく登場する「ヘリタンス・カンダラマ」。紅茶の名産地であるキャンディ地区の中心からさらに車を走らせた、まるでジャングルのような場所に位置しています。全長約1kmという巨大な建築物が、周囲の樹々や岩と溶け合う姿は見事です。世界遺産シーギリヤロックが拝めるプール側からの景色が特に素晴らしく、ホテルにあるカフェでは何時間でも過ごせます。

official HP

第三位 ロイドホテル (オランダ・アムステルダム)

2012年3月、テレビの収録を終えて、バックパックを担いだその足で飛行機に乗って向かったヨーロッパ。周遊した中でもアムステルダムでこだわったのは「デザインホテル」でした。 建築家集団MVRDVがインテリアデザインを手がけたロイドホテルは、戦時中はユダヤ人収容所としても使われたことのある建造物。特筆すべきポイントは、客室が「1ツ星」から「5ツ星」まであること(私は「4ツ星」を)。何度でも泊まりたくなる仕掛けがつまったホテルです。

official HP

第二位 ワイスホテル (アメリカ・ブルックリン)

「いま、ブルックリンが熱い!」とメディアが湧いた2013年。その熱狂の中心人物が、ウィリアムズバーグ地区で人気レストランやショップを経営するアンドリュー・ターロウ。古い工場を改装した「ワイスホテル」は、彼が初めて手がけるホテルとして日本でも話題でした。 「ワイスホテルなう!」とつぶやきたい私はすかさず予約を入れ、2013年12月に3泊。ルーフトップバーからの眺めはもちろん、備え付けのペンやノート、ルームキーなどデザインがいちいち素敵。ホテルのフロントのみで購入できるワイスホテルオリジナルのトートバッグ(20ドル)は、NY土産としてとても喜ばれること間違いなしです。

official HP

第一位 エンチャントメント (アメリカ・セドナ)

ネイティブ・アメリカンの聖地であり、パワースポットとして知られるセドナは、「(訪れる人は)人生が変わる」とまで噂される特別な場所です。独立してまだ間もない2011年4月、とある仕事で女性4人組で訪れた際、印象深い「事件」が何度も起きました。体調不良、仲違い、夜毎の悪夢……極めつけは、4月にも関わらず見舞われた大雪で、セドナがたった1日で雪景色に! 世界有数の高級スパも併設しているホテル「エンチャントメント」は、悪天候の中、やっとの思いでたどり着いたというシチュエーションと、セドナの山奥にある神秘性も相まって、一生涯忘れられない滞在となりました。帰国後、仕事を含めて人生が色々と動き出したのは、もしかすると「人生が変わるセドナの力」だったのかもしれません・・・。

official HP

学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
学生時代からこれまで52カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
ベルサイユ宮殿は、ユネスコ世界文化遺産にも登録されている世界的に有名観光地。ですが、一部がホテルとレストランになると宮殿から発表がありました。下の写真を見...
滞在先に到着したら、街の美味しいお店で食事をするのが醍醐味の一つかもしれません。でも、最初から美味しい料理が楽しめるホテルを予約するのもアリ!ここでは「T...
仕事がうまくいかない。恋人にフラレてしまった。生きていれば、良くないことが一つや二つ、起きてくるもんだ。そして悪いことって大抵重なって起こる。それでも僕た...
ホテルになるべくして造られた新築の建物の中にも、あなたのお気に入りはあるはず。でも、もともと異なる目的で使われていた既存の建物を、ホテルとして生まれ変わら...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
インターネットなしでは、もうまともな生活ができないかもしれない…なんて思うことはあるけれど、たまには完全に離れてみるのもなかなかいい。高速インターネット環...
僕が、キューバを訪れたのは2005年。今でも心に強く残っているのは、クラシックカー、シガー、サルサ、モヒート、哀愁を帯びた人々、そして、時が止まったような...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
現在、世界でもっとも高いビルといえば、ドバイのブルジュ・ハリファ(828m)。この数字だけでも相当なインパクトだというのに、さらに約3倍となる2,400m...
寝具やバスアメニティといったゲストルームの設備は当然重要だけれど、いつまでも記憶に残るホテルの客室というと、けっこう外の景色がキーポイントになってくるんで...
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
静かな湖にポツンと佇む一軒の建物。ここは、オーストラリア・タスマニア州の中心部。世界遺産「タスマニア原生林」で有名なエリアにある「セント・クレア湖」を写し...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
レストランの中には、その土地のユニークな個性を表現する手段として存在する場所もあります。ここで紹介するような、地元の食材をゲストの口元へと届けるべく努力を...
今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...