毎日の繰り返しに疲れたあなたへ。世界のパワースポット8選

仕事がうまくいかない。恋人にフラレてしまった。生きていれば、良くないことが一つや二つ、起きてくるもんだ。そして悪いことって大抵重なって起こる。それでも僕たちは、生きねばならない。毎日の繰り返しに疲れたあなた。人生の転機にぜひいきたい、世界のチカラが漲るパワースポットを8個、厳選して紹介する。

 

「大地のヘソ」オーストラリア:ウルル

ウルル エアーズロックウルル エアーズロックphoto by Hiroshi Homma

大きくて不可思議な存在から「大地のヘソ」と呼ばれるている。先住民族アボリジニの精神世界がきわめて濃密に息づくウルルは、オーストラリアで最もパワーを感じることができるパワースポットだ。

MAP

渦が起こる場所 アメリカ:セドナ

セドナ パワースポット photo by Hiroshi Homma

パワースポットと言えば、アメリカアリゾナ州にある「セドナ」。癒しの街、スピリチュアルな街として有名だが、ここはボルテックス(渦巻き)が起こる場所として有名。

MAP

イギリス最大のパワースポット「グラストンベリー」

グラストンベリー/イギリスグラストンベリー/イギリスphoto by Hiroshi Homma

ロンドンから車で4時間ほどの、小さな町グラストンベリー。アーサー王の墓が発見された修道院や、キリストの聖杯が隠されている場所としても有名

MAP

パゴダが林立する絶景 ミャンマー:バガン遺跡

世界3大仏教遺跡の1つにも数えられる聖地バガン。見渡す限りの地平線上に大小2,000以上の寺院とパゴダが林立する。

MAP

日の出がスゴイ。インドネシア:ボロブドゥール遺跡

世界最大級の仏教寺院ボロブドゥール。その荘厳な空間からみる日の出は、圧巻。パワーが漲る。

MAP

肉体の愛を感じるトルコ:カッパドキア

愛の谷 キノコ岩が、乱立しているトルコのカッパドキア。現地の人達は、この場所をラブバレー(肉体の愛を感じる場所)と呼んだり、妖精の谷と呼んでいます。

MAP

壮大なピラミッド エジプト:カイロ

エジプト ピラミッドエジプト ピラミッドphoto by Hiroshi Homma

ピラミッド 伝説によれば、スピリチュアルな力が与えられる場所であり、人間の精神意識を目覚めさせる力があったと言われている。ピラミッド形の中は、不思議な力が宿るとされており、食物が腐りにくいなど「ピラミッドパワー」があるとされている。

MAP

「謎の空中都市」ペルー:マチュピチュ

マチュピチュとはケチュア語で「老いた峰」を意味し、インカの神を奉る神聖な場所として崇められてきた。15世紀インカ帝国の「空中都市」であるが、未解明の謎が多い。遺跡に横たわりマチュピチュの空を見ると不思議と力が溢れるという。

MAP

 

海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
今から紹介するのは、現実逃避スポットです。普通なら「行くべき!」とオススメする場所なのかもしれませんが、毎朝満員電車に揺られて都心へ通っている私は、「El...
この地球に、「大地のヘソ」と呼ばれるている場所がある旅に出る理由は、人それぞれだ。疲れを癒したい時。自分を見つめ直したい時。世界が見たい時。悲しい恋を忘れ...
最愛なる恋人との別れは、心がとても痛むもの。でも、いつまでも悲しみにふけるよりも、思い切って旅に出てしまえば、意外と早く立ち直れるかもしれません。女性ライ...
 その遺跡は突如として現れる。イスラエルの隣国、ヨルダンにあるペトラ遺跡。ペトラとは、ギリシャ語で崖を意味する。この遺跡は、映画『インディ・ジョーンズ ...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあったこれまでの旅の記憶をひっぱり出して、様々な...
今月2日、Instagramが興味深いデータを発表しました。「2016年のハイライト」と題したそれは、5億人を超える月間アクティブユーザーを誇る同サービス...
001 大陸:南米002 国名:チリ003 都市名:バルパライソ004 日付:2012,05,07「湾を囲むうっとりするような夜景」About the C...
次にいきたい旅行先はどこですか?もし決めかねているならば、エチオピアがオススメです。「Quartz」によると、エチオピアが世界で最もいきたい場所に選ばれた...
小野美由紀さんはカナダの大学への留学後、沢木耕太郎さんの自伝小説「深夜特急」に憧れて沿って世界一周に出ました。小野さんの「深夜特急」との出会い、そして旅に...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
小さな球体にギュウっと景色が閉じ込められたみたい。よ〜く見てみると、建物や人が反射したり、ゆがんだりした幻想的な光景が広がります。でも、すぐに消えてしまう...
鎖国の間も日本で唯一、海外に港が開かれ、さまざまな人や文化が行き交った長崎。その文化交流の中でも、日本の「和」、中国の「華」、オランダの「蘭」が交わって表...
学生時代からこれまで52カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
大昔に比べれば、海外に行くこと自体はかんたんになりました。実際に現地に行けなくても、インターネットで各国の情報にアクセスできます。ただ、その時・その場所だ...
「次のバケーションには、どこに行こうかな…」なんて考えている、旅行好きのみなさん。次は「フレンドリーさ」で選んでみるのはいかがでしょうか?もちろん観光名所...
ナショナル・ジオグラフィック、ロンリープラネット、BBCなどをクライアントとするフォトグラファーPascal Mannaerts。もう10年以上にわたって...
日本のみならず世界には沢山の離島が存在します。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼれ落ちた離島伝説』には、謎と神秘に満ち溢れた世界の離島について驚き...
今年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART MEE...