山頂でスリルを求めたければ、このキューブに飛び込め!

どんなに登りがキツくても、山頂から見下ろす景色を目にしたとたん、それまでのつらさが一瞬で消え去ってしまう。根っからのハイカーではない自分には、この瞬間が山登りにおける最高潮。

だけど、その達成感にひたる楽しみのひとときを、果たしてこの場所で味わうことはできるだろうか?危なっかしくて、気が休まる瞬間なんてゼッタイなさそう!

世界で最もアブないキューブ
南仏に登場

57f9318db53db188149ec254bd4d1d8310e0ead4

なんと言うか、もう…ほとんど落ちかけてるって!

世界一アブない立方体が登場したのは、フランス南部の都市モンペリエの北、市内を一望できるサン・ルーの山頂。切り立つ岩山のそのてっぺんに、無機質なキューブが明らかにイケない角度で設置されている。というより「乗っかっている」の表現の方が正しいんじゃないだろうか。

キケンであることが
大前提って…

Eae473ba173696fffca06320b07f388f70be50c2

そもそもこのサン・ルー山頂、これまで登山者たちは、崖の突端に身を乗り出して(あるいは腹ばいになって)スリリングな眼下の景色を堪能していたらしい。それも十分すぎるキケン行為だと思うが…。

そんなスリルを安全に提供する目的で建てられたのが、フランス人建築家Christophe Benichouによるキューブ型展望台「チップボックス(tip-box)」だった。

内と外のギャップに萌える
展望台の中はまるでシアター

Fde9ebcf20943b2aec93efb6f91102eb3e2bc254740d264338ae5a849e5cf0a2f20f8f6edc8749fe

チップボックスの内部はまるでシアターのような空間。セヴェンヌ山脈の稜線、遠くに望む地中海がスクリーンのように象られたキューブの一辺から望むことができるらしい。

崖に向かって斜めに設置されたキューブ外壁の効果で、左右の視界が遮られ、垂直のあのスリルはきちんと残すことができた、とChristopheはリリースで自画自賛。しばらく腰を下ろしているだけでも、すぐに平衡感覚がなくなってしまいそうだ。

435b8dffbe0e84515f6fba94ec2e345770436d05

それからこのチップボックス、もし登山中に遭難したり、天候悪化した場合の避難所として、建物下がビバーク用のスペースが設けてあるそうだ。

そうそう訪れるチャンスはないだろうけど、こんな度胸試しを兼ねたハイクができる山があることだけでも覚えておくとしよう。

Licensed material used with permission by Christophe Benichou Architectures
もしかしたら、これは史上最高の“絶叫”レストラン誕生の予感。いまだかつて、ここまでスリリングな飲食店があったでしょうか?もちろん、絶景付きなことは言うまで...
今から紹介するのは、現実逃避スポットです。普通なら「行くべき!」とオススメする場所なのかもしれませんが、毎朝満員電車に揺られて都心へ通っている私は、「El...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
仕事がうまくいかない。恋人にフラレてしまった。生きていれば、良くないことが一つや二つ、起きてくるもんだ。そして悪いことって大抵重なって起こる。それでも僕た...
フォーブス・トラベルガイドの「眺めのイイ世界のベストバー」を筆頭に、数々の受賞歴を持つ「絶景バー」をご紹介。場所は、インドネシアの人気リゾート地・バリ島。...
年齢を重ねるにつれて、好みや優先事項は変化するもの。そしてもちろん体力も。バイタリティーのある20代のうちに訪れて、刺激を受けるべき街をトラベルライターC...
8月11日、山の日。これから山へ登りにいく人も多いかと思います。そこで、ラグビー登山家として活動する私ならでは、登山におけるアドバイスをさせてください。ネ...
雲海を初めて見た時の神々しい感動は忘れられない。もう10年以上も前になるが、今でもその光景ははっきりと瞼の裏に焼きついている。ゆっくりゆっくりと姿を変えな...
ここに紹介する観光マップは、ある視点をもって集めた都市ガイド。旅の目的は人それぞれだけど、どこか既視感を抱いてしまう名所旧跡に足を運ぶよりも、僕にはこっち...
ご存知の通り、大自然のなか、とくに山のなかで過ごすことには、たくさんのメリットがあると言われています。寛容さが増し、とても穏やかな気持ちになれるそうです。...
断崖絶壁セルフィー・・・こわっ!中国の五大名山のうち最も険しい山とされる、華山(かざん、ホワシャン)。かつては仙人が住む山とされ、道教の聖地となっている場...
建築コミュニティをネットサーフィンしていると、あっという間に時間が過ぎる。Googleマップで新しい場所を探しては、現地へ足を運んで撮るーー。と、ドイツ人...
鎖国の間も日本で唯一、海外に港が開かれ、さまざまな人や文化が行き交った長崎。その文化交流の中でも、日本の「和」、中国の「華」、オランダの「蘭」が交わって表...
スペインで絶対に訪れるべきスポットといえば、100年以上も建築中の世界遺産、サグラダ・ファミリア。しかしなんと、その設計者である鬼才ガウディが、初めて一人...
これは、ビッグデータを使用した芸術表現を得意とするErick Fischer氏が製作した、「世界主要都市の観光マップ」だ。氏は、Twitter投稿された画...
オアフ島の「あの名所」がついに取り壊し、撤去されました。ガイドブックにも載らない場所なのに、なぜか観光客があとを絶たない理由。それは、超スリリングな立ち入...
今月2日、Instagramが興味深いデータを発表しました。「2016年のハイライト」と題したそれは、5億人を超える月間アクティブユーザーを誇る同サービス...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...